8月 13日    今日はダメでも明日はカツヲ 




 ■ 腰越港  蒼信丸 ■ はれ   小潮 ■ 釣果    カツヲ 1本 

ここ数日、マグロがおとなしくなってカツヲデーが続いていたので「なんだよカツヲかよ。マグロが良いなあ」なんてワクワクしながら10号仕掛けを縛るオレ。今回こそみんなにお返し出来るようマグロ釣るぞ!と今日は腰越港の「蒼信丸」さんからコマセマグカツです。墓参り帰りでややバテてるし、仲間は盆でいないので1人ですが、いい感じに肩の力も抜けて好釣果も期待できたりして。

5時に港入りして受付。「手に入んなくって」と今日は丸金なし。代わりに丸秘だったんだけどオキアミじゃないし釣れる気がしなくグリルを選択。やはり丸金は家にストックしておいて、予約電話の時に聞いて、ない時は持参するスタイルが正しいか。あと氷2杯頼んで船前に。

今日は両舷6人づつの12人に舳先にエビングが1人。上乗りさんが2人乗ってくれてるので色々安心です。座席は左舷後ろから3番目。常連のARMさんが前隣で胴の間コンビ。同じく常連のYMGさんは左前に入って準備してます。「最初はカツヲ狙うから」という事でよしよしと2.5m仕掛けをセット。6時、港を後にしました。


雲の多い晴空で気温も高くなくって快適。船が走ると気持ちいい。海はトロ〜ンとベタ凪。ナブラを探しながら南下していきます。4番パヤオに小坪の2艘が付けてるのが見えましたが、やってる感じもないのでスルー。6時半に沖の船団に合流しました。先日やったとこと同じ位置ですね。大磯の下、ずっと沖合い。

 

「はいやって。15m」と開始。早々に前2番目の方がアテるもバラし。その後、オレの後ろ隣のおじいちゃんがアテるもこちらもバラし。喰いが悪いのかな?ポロポロ外れちゃいますね。勿体無い。相変わらずバチャバチャとナブラは出ますが、喰いの方はやりかえる度に単発でアタる程度。

単発で船中5、6本上がりましたが、模様良くないのかここに見切り付け、8時に船団から少し西側に離れ「マグロの仕掛けに変えて!」とマグロ狙いに作戦変更!18号6mの仕掛けに変更です。ARMさんが「前回、ピンクのゲジゲジ(この船の人はそう呼ぶ人が多いけどスーパーオキアミの事ですw)が良かったからね。あるから付けな。」ってw。

30mあたりの指示でしばらくやっていたら9時前。左前のYMGさんにヒット!マグロです。パトランプ点灯!60m出て巻き上げに入ります。みんな道具上げて必釣体制で挑みますが、、ラインブレイク!ハリス切れしたみたい。残念〜。マグ?カツ?どっち付かずな状況に16号だったみたい。カツヲはハリス見るけどマグロは見ないから、やっぱマグロの時は20号くらいは使っておいた方が良さそう。逃したチャンスは後悔もデカいw。

群れが船団の周りをグルグルまわってるみたいで、追っ掛けながらやる感じでもないので待ちの釣り。カツヲもアタらないので置き竿ユラユラ、釣れないコマセ真鯛釣りみたいで飽きてきちゃったw


そんな空気に関ちゃん、ここで大きく場所変えを敢行。10時にナブラを探しながら東へと船を走らせました。途中、鳥が沢山海上で休んでるのとかありましたが、これらはスルー。そのまま東の船団に合流しました。

 

ここでも中々元気のいいナブラを包囲しますが、コマセにはたまに喰ってくる程度。もう「網で掬っちゃえ!」って声が上がるくらい。しばらくやりますが、上向かないので11時にまた西へ走って朝の船団に再び合流。今日は関ちゃん走り回りっ放し。

 

ここで12時前にカツヲがパラパラっと喰ってプチ盛り上がり。後ろの2人と前のARMさんもカツヲゲット。いつの間にかタナも15mに戻って、マグロ仕掛けのままやってたオレは、完全にタイミングを逃し、慌ててカツヲ用に縛り直した後は時すでに遅し、祭の後でした。そして12時過ぎ。「波被るかもしれないから後ろ行ってて」と、この船団を後に一気に全速で北上します。あわわ。

向かった先は大磯の際寄り。数隻の小さな船団に混じって開始です。餌釣りやってる船も見えてかなり浅いところにナブラがいるみたいで、指示棚も10mとか5mとかw。カツヲ釣りらしくランガンで追っ掛けながらやっていきます。しかしここもバリバリ喰ってくる感じでもなく。

 

先日は12時半の沖上がりだったので、さっきの所でこれでもかってコマセをドカ撒きしたので、残業突入した13時にはもうコマセが尽きました。(もういいや)とコマセも入れずに、刺し餌もグズグズのオキアミカスを拾って刺して、ぶっ込んで置き竿して身の回りを片付けしてたらアタった(大汗。

かなり引きの弱い、何というかソーダでも掛かった時のような引きで、上乗りさんにタモ入れしてもらったのは1キロもないチャンピン。やれやれ。クーラー洗わずに済むからどうしようか悩んだけど、美味いかもととりあえずお持ち帰り。時間は13時半。チャンピンまで長かったなあww。

関ちゃん、14時過ぎまでカツヲを追っ掛けてくれましたが、ここでタイムアップ。最後にオデコの人の為に、船長自ら舳先で散水しながらブッペ叩いてお土産釣ったり。ホントお疲れ様でした。

ブログをみると今日は珍しく関ちゃん外しっ放しだったみたいw。うーむ。どうにも谷間、谷間に当たるなあ。ちょっと行くタイミングをずらしてみるか。とか、周りのせいにしたりするけど。ん?ひょっとしてオレのせい??今年、初詣でお詣りしなかったからかも!ヤバい、ヤバい。

 



蒼信丸の当日ブログ
   『 パッとせずでした。


【本日の釣果】
      カツヲ 1本

【今回使用した道具】
      ROD : Aiプラス マグカツ竿
      REEL: シマノ フォースマスター6000


 8月 6日    開幕はイイとこなしでしたw 




 ■ 腰越港  蒼信丸 ■ はれ   大潮 ■ 釣果    ノーピク 

今年は仕事なんかで1日の解禁日に行けなかったんだけど、行ったS兄によるとカツヲもマグロも開幕からオキアミに口を使ったって。帰り際にはパヤオ周りでカツヲの入れ喰いもありトップ21本、カツヲやらなかった人以外は10本以上釣れたらしい。終始タナ下げてマグロ狙ってたS兄でもカツヲ4本とか。もう相模湾、パラダイスじゃないですか!という訳で、今日はオレの相模湾マグカツ開幕戦!S兄、SGWさんと腰越港の「蒼信丸」さんからコマセカツヲです。イカヅノ大佐とK兄はお隣の飯岡丸さんからマグカツです。

5時に港に着いて受付。半年ぶりなんで勝手わからずコマセ1枚、刺し餌、氷3杯頼んで船前に。(蒼信丸さんはコマセのおかわりは船で出来るので便利。相手がアレだからクルージングになる可能性もなくないからね。あと刺し餌は丸金とグリル扱ってるし凄くいいです。砕き氷は(バケツ)3杯でオレの3.5Lクーラーがちょうど一杯になる量なのでご参考に。)

片舷6人の12名に舳先でエビング(ルアー)が1人。俺たちは右艫からS兄、SGWさん、オレと入って準備です。見渡すと見慣れた常連さんが多いですね。「まずはカツヲ狙ってみて、後でマグロ狙うから」と関ちゃん船長。基本、みんなに釣らせたいってのが関ちゃんの営業方針さ。オレが蒼信丸好きな理由でもあります。「カツヲは細い仕掛けで2.5mくらい。長いと取れないからね。」って事で10号2.5mにカットヒラマサ12号をセット。どんより曇り空の下、港を後にしました。


昨日は初島の方だったって話に江ノ島を東に走るのかと思いきや南下。途中3番パヤオなんかをチェックしながらナブラを探していきます。しかし見つからなかったようで、さらに南下して沖の大船団に合流。見渡してみるけどカツヲがバリバリ釣れてる様子はないですが、あちこちでバチャバチャとナブラが見られます。「シラスに夢中でオキアミ喰ってくれないんですかねえ」なんてS兄と。

数日前の大雨のせいだと思うけど、海には大量の流木。シイラが湧いてないか心配です。あと台風の余波でしょうか?すこーしウネリ。

 

15から20mくらいでやっていきます。左舷でパラパラッとカツヲと7キロのメボウが釣れましたが、カツヲの模様が良くないとみて関ちゃん「マグロの仕掛けに変えてみて。カツヲ欲しい人はそのままでいいよ」と作戦変更。今日は毎年恒例の「バリバスカップ2017 相模湾マグロ釣り大会」で、みんな深いとこやるからカツヲいないのかな?

 

周り直して「マグロの人は35m!カツヲやる人は15m!」って感じで再開。見ると右舷は全員マグロ狙いw。オレも勿論マグロ。18号6mに針は16号。すると7時半になんとS兄がヒット!しかし後ろに斜めに引っ張られて巻けない。関ちゃんが手繰って寄せてきたら20キロくらいのマグロがビシやら何やらいっぱいぶら下げて船縁まで。隣の船ともマツっての大オマツリ大会。

「タモタモ!」って近くにあったタモを渡したら、「これマグロ用じゃないよ!」とモタモタさせてる内に外れちゃった!ゴメーン(蒼信丸のタモ、同じ三角枠なんだけど網がデカいのと小さいのあるんで皆さんも注意)。関ちゃん曰く、隣の船のエビングに喰ったマグロがコッチの道具巻いちゃって、S兄が上げたみたいw。さすがS兄、隣のマグロまで釣っちゃうとわ!この騒ぎで船底に当たったか?高切れして天秤から下を一式、DBジョーンズに奉納してテンションダウン。とはほ。

気を入れ直してやっていると8時過ぎ、アテたのはまたS兄!(なんでえええ!?!)100mくらい走らせてから巻き取りに入ると、また隣の船とオマツリした模様。船を動かしつつ隣の船にも「糸延ばしてえ」っとご協力頂きながら関ちゃんが手繰っていくと、またもビシやら何やらいっぱいぶら下げたマグロ(汗。今度はちゃんとマグロのタモで無事取り込み成功。帰港後計測で17キロ。餌刺しはピンクのゴムエビとオキアミの抱き合わせだったそうです。

 

人が釣ったの見るとコッチも力が入りますが(S兄がマグロ釣ってくれたし、カツヲが食べたいし)と、オレとしてはカツヲ釣りもしたいところ。そんなオレの気持ちを察した訳でもないんでしょうが9時半、模様が出たのか「カツヲ狙ってみるから細い仕掛けに変えて」と、4番パヤオに向かいました。茅ヶ崎の活き餌カツヲ船も脇にいたりで期待しましたが。1時間ほどでまたマグロ船団に戻って合流。

船団を見渡すとパトランプ(マグロが当たったらパトランプを点けて周りの船に知らせるのです。)点けてやり取りしてる船もチラホラ。関ちゃんがソナー見ながら「(マグロの群れが船の下に)入ってくるよ、入ってくるよ」と何度か船下を通すんですが、なかなか喰ってきてくれませんね。その度につい温存コマセをひと振りしちゃって、S兄に「触るんじゃない!」って怒られたり。群れが下を通る時に動かさない方が良いんだって。でも「入ってきた、入ってきた」なんて聞いたらジッとしてられないよねw

 

相変わらずバチャバチャとナブラは見えるんですが、竿にはなんにもアタってきません。そんなマッタリした空気の12時前。突然「アタった!」と右前のYMGさん。すると左前でも竿が曲がって(オマツリか?)と慎重に上げていくと、YMGさんはカツヲ、左舷のお客さんはどうやらマグロのようです。オマツリ交わして右舷に回ってスタンディングでやり取り開始。一旦ビシまで手繰ったのですが、船影みてビックリしたか?セカンドラン!

関ちゃんも「走った時に上手く離さないと切れちゃうんだよな。今回は上手くいったけど」とオシッコタイム。また上げてきたところで再び関ちゃんが手繰ってタモ入れ。こちらは帰港後測定で19.5キロでした。こちらはゴム外してオキアミ1匹掛けだったそうです。

 

結局その後、ふた流しほどやるも3本目はアタらずそのまま12時半タイムアップ。今日は左舷にアタりが偏りましたね。右舷は前のカツヲ1本とS兄のマグロ以外全員ノーピクでしたが、左舷はポチポチとアタリはあったみたい。いやいや。それにしても、なんでS兄ばっかアテるんだろうなあ?持ってる男なのはみんなの認めるところだけど、アドバイスもメソッドも教えてもらって全て把握してるし、全く同んなじようにやってるんだけどねえ。殺気だって消しまくってんだけど。

そういえばアチコチにあったナブラ。見掛ける度にカツヲだと思い込んでワクワクしてたんだけど、下船後に「あれ、ワカシのナブラだよ」って大佐から教えられ2度ガックリ。あ、K兄、大佐もノーピクだったみたい。いしし。

 

港に帰って生マグロの解体ショーからお裾分け。もう何年もS兄に貰いっ放しだ。そろそろ釣ってお返ししないと。でもどうしたら良いか?ホントわからないよ。キメジはアレだけど、この際マアボウで良いから釣りたい。マグロ捌いて貰いながら「どーお?美味そう?」って関ちゃんに聞くと「どうかな?大きいのは当たりハズレあるからね。いちばん間違いないのはシーズン終盤のメボウだね。アレは何故かハズレがないんだよ」だそう。よし。今年は11月にメボウ釣るぞ!w

今日は陽射しが強過ぎで全く日焼け止め効かなかったなあ。真っ黒くろすけ。暑かったあ。皆さん、お疲れ様でした。またよろしくお願いしますよぉ。あれ?カツヲは??

 



蒼信丸の当日ブログ
   『 今日もマグロゲット!


【本日の釣果】
      ノーピク

【今回使用した道具】
      ROD : Aiプラス マグカツ竿
      REEL: シマノ フォースマスター6000

      ROD : アルファタックル カツヲスティック
      REEL: シマノ オシアジガー4000P


 7月 22日    ザザザッ、どう?聞こえる? ザザザッ 




 ■ 伊戸港  海老丸 ■ はれ   大潮 ■ 釣果    ボーズ 

今日は毎年恒例、アイツと夏の海老丸参り。伊戸港の「海老丸」さんからマダイです。アイツが忙しくて今年はイサギに来れなかったから2017年初AB。良い時悪い時、上がったり下がったり、常連さんや一緒に行く仲間も変わっていく中、なんだかんだ見返せば2005年から通い出して12年だって。(船長には1年に1回しか来ないなってからかわれますがねw。)あっという間で恐ろしい。7月から解禁の海老丸マダイですが、今のところ模様はポツポツでまだまだコレからって感じ?w

4時半集合ということで、3時半にマリスポ(釣吉)で落ち合ったら刺し餌を買って、コンビニ寄って船宿に4時15分着。札をみると今日は5人。前日、船中ゼロだったから仕方なしかw。オレ達が到着最後で残ってた札は左後ろと胴の間。相変わらずヤブ蚊がすごく軽トラに道具を積んだら港へ。

宿から港までの道。数年前に立派などこかの会社の保養所が出来て、今度は海側の駐車場?だった所を何やら開拓してた。何ができるのかな?船長も知らないんだってw。そういえばここ数年で、港前にダイビングサービスが出来たり、道の駅が出来たり、なに気にこの港もゆっくりだけど色々と変わっているんだなあ。道の駅はTVのブラリ散歩系番組でよく紹介され、石ちゃんとか徳さんとか出てますね。


すぐ船長もやって来て、エンジンに火を入れたら道具積み込んで乗船。右舷2人、左舷3人。アイツが胴の間、オレがトモに入って準備。昨年の日記を見返して6号仕掛け準備するかと思ったけど、先日とび島丸で使いそびれた仕掛けが大量に余ってたので、それを少し詰めて(汗。6号5m+4号5mでとび島丸仕様なので針近くに中通しオモリ、針は9号で青の夜光玉。再利用なのであまり拘りないです。ここ最近、若大将の影響で釣り座だなんだとギスギスしてたので、こんなゆる~い感じがなんとも心地よいです。5時くらいに出船しました。

向かった先は昨年くらいから色々あって?wの伊戸港の釣船の漁場になってる洲崎沖。灯台の正面、際寄りです。少し沖目に九左衛門丸とか保坂丸とか3、4艘の船が固まっているのが見えます。潮はそこそこ流れてて澄んでます。相変わらず潮流が複雑なのか船を少し調整したら、上から30mくらいの指示で開始の合図。指示タナ下5mでコマセを撒いて指示タナまで。

なかなかの餌取りぶり。入れて1分持たない感じで鯛まで遠そうだ。それでも辛抱強くしばらくやっていると、6時に右艫のお客さんにヒット。剛樹の短竿を気持ちよく曲げてやり取り。慣れた感じで釣り上げたのは、腹ボテじゃない綺麗な3キロの鯛でした。ノッコミじゃない鯛はイイね。やっぱ引っ張るしカッコいいわ。船上に鯛の香りがパアーーッと拡がってヤル気にさせます。殺気出しちゃいけない、冷静に冷静にと思うもいつの間にか手返し多くなってたりw。どうどうどう。

「今日はもう終わりか?」なんてアイツが船長をからかってると、30分経ったところでまた右艫師がアテる。ムムム!今度は船宿釣果にはカウントされないけど800gくらいの鯛。この不公平さが鯛釣りの魅力。なんとか一矢報いようと針を変えてみたり、中通しをタングステン錘からフロートに変え重めの仕掛けを軽めの仕掛けに改造したり。あとで思えばこういうブレっぷりが失敗の元w。チンチンさせられっ放しです。

「おい!やられっ放しだぞ!早く釣れよ」とアイツにも発破掛けますが、また30分経った7時。今度もアテたのは右艫師ww。3匹目は2キロクラス。おいおいおい。その間、オレはというとクインとアタったのを(あんま引かないけど800gクラスか?)なんて大事に上げたらウマズラ。。それを見てたアイツに「鯛だと思ったのか?」と見透かされ悔しさの波状攻撃。この波に乗り遅れるな!と気合いれるも空回り。これを最後にアタリが遠くなりました。


イイ天気、イイ凪。陸は少し蒸してましたが、沖は風はないけど気温も高くなく心地いい。プシュっとするとこっちも美味い。今日は船のマイクの調子が良くないらしく、CRC吹いたり、配線いじったりする度、ザザザッ(マイク接触不良の音)聞こえてる?ザザザッを繰り返し繰り返し。時々ピーーーーーーーーッ!!っと警報並みの音出したり。で、「どう?後ろも聞こえてる? 」って、5人しかいないんだからもうマイク使わなくていいよ!ww

 

その後もマッタリに寝不足が重なって、今回も「あれ?(指示棚は)何メートルだっけ?」を連発するアイツに、そのうち船長も「あれ?オレ何メートルって言ったっけ?」と。おいおい!この船は新手の老人ホームかよ!と。

しばらくやりますが9時過ぎに少し大きくポイント移動。キツ目の根に向かっていく感じ?30m前後の指示棚を段々と10m近く上げていく流しで狙っていきます。根回りだからかイサギが喰ってきますね。アイツはまあまあ良いイサギを釣ってますが、オレにアタるのはウリ坊ばっかw。ホント最近歳のせいだと思うけど、徹夜釣行がキツい。アイツ曰く命削り釣行。今日は生まれて初めて、仕掛け回収で電動スイッチ入れた状態で意識なくなってた(大汗

潮が段々なくなっていくからお土産にイサギ釣らせてるのかな?と、ラスト1時間に勝負掛けるべと、それまでドラッグ調整ユルユルで置き竿してたのを(イサギだべ?)とキツ目にしてヨソ事してたら、ギューッと竿が入ったのが見え、慌てて竿取ったんだけど時すでに遅し。切れたのか?と回収したら、切れもなく、針が伸びたわけでもなく異常なしで外れたみたい。こんな判りやすい油断大敵ってある?と。ホント、魚が船の上見てるんじゃないかって思うほど一瞬の隙をついてくるわ。

11時沖上がりの1時間前から、「去年もこのくらいで大きいの来たからな!」と気合を入れ直し、頑張りましたが・・ 今年は何も起きずw 11時に「はい、これで上がっていきます。お疲れさまでした!」と終了~。結局5人で船中3枚。右艫師の一人勝ちでしたね。THIS IS コマセ真鯛って感じ。

←お客さん   お客さん★★★
←お客さん  大ちゃん  オレ

今日の宿トーークは「アノ釣り名人の裏話」と「仕掛けの太さ」。どっちも、クセがスゴいんじゃあ。特に仕掛けのクセがスゴい!船長はなにも推奨はしない。けど喰わないからって細くする意味が解らないとは。クセがスゴいんじゃ!右艫師は終日バリバスとグランドマックスは変えたけど、5号で通したんだって。針は閂の8号くらいだったな。

 

そんなこんなで終了。今日は命削りがまじヤバ目なので、ピネキのソフト喰いたがってたアイツともわりいと船宿解散。兄弟、お疲れさん。またよろしく頼みますよ。次回はカワハギ前に一回ゆるーくカツヲいくべ。

 

宿から程近いフラワーロード沿いの日帰り温泉で(仮眠していくか)と向かうと、(あれ?こんなのあったんだ?)と道の駅見つけ、そこでソフト買って食べたら少し目が覚めたので、(これなら渋滞前に一気に帰れるか?)とUターンして帰路に着いたけど失敗。そんなに命削り釣行が甘い訳もなく。何度かあの世とこの世を行き来。

ハリスの太さもそうだが、この道中も、次回からはいろいろとやり方を少し考える必要があるな。



 海老丸の当日ブログ

  22日マダイ
   毎日暑いですねぇ・・・釣行の際は、暑さ対策万全にして下さいね!
   船長はまだ起きていますが、そろそろお昼寝タイムでしょう・・・
   釣果、マダイ、2,1~3,1k、2匹、バラシ1回でした。


【本日の釣果】
      イサギ 8匹、ウマヅラ 4匹、マルソータ 1匹

【今回使用した道具】
      ROD : ダイワ リーオマスター真鯛 M300
      REEL: ダイワ シーボーグ 200J


 7月 19日    久し振りに長三朗丸でフカセ 




 ■ 葉山あぶずり港  長三朗丸 ■ はれ   若潮 ■ 釣果    カツヲ 3本 

あと2週間もしたら解禁する相模湾のコマセ釣りのキハダ&カツヲ。今年はマグロもカツヲもいっぱい居るみたいで、連休だってお構いなしに連日11時早上がりなんて爆釣してるのは葉山の活イワシ餌のフカセ釣り。待ちきれん!って訳でもないんだけど、そんなに釣れてるならコマセ始まる前に1度行っとく?と。て訳で、今日は平日サボってS兄と葉山あぶずり港の「長三朗丸」さんから活き餌カツヲです。

 

最近は楽なコマセ釣りばっかやるもんだから、気がつけばソルティガ兄弟解散から早8年(汗。埃をかぶった道具を引っ張り出すと、PE8号300mにリーダーは22号くらい?となかなか男らしい道具立てにソルティガ兄弟の夢の跡。昔は30キロオーバーのキハダ狙ってたのでね。本なんか見ると今どきはPE4号に10号でキハダ釣っちゃうなんてあるんで、巻き替えついでにPE6号300m入れてみました。リーダー14号を1ヒロの結束は長三朗オススメの電車結びでなくw、FGで繋いでみたんだけど、カツヲマグロ相手に何とも心許ない。針はカットヒラマサ13号の1択です。

 

家がすぐそばのS兄が前日夜に席札に名前書いておいてくれたので、釣り座は21号船の右前確定。6時出船予定だけど久々で勝手わからず4時に港へ。程なく開門。駐車場の1番奥に車を停めたら漁協で氷を購入。カツヲなので奮発してバケツ3杯クーラー満タン。その脇を餌買いで21号(玄船長)と32号(若船長)が出ていきました。活き餌釣りは朝が早い。もう1艘(大船長)はルアーなのでいつもの宿前から出船みたい。

5時に受付が開いて受付。S兄も到着して受付を済ませたら、餌買いから戻ってくるのを岸壁で待ちます。岸壁覗くと50センチくらいの黒鯛がウヨウヨ。S兄曰く、臭くて地元の人は見向きもしないんだって。

6時に餌買いから戻ってきました。接岸して乗船。どちらも連日の釣果にギュウギュウの満船。我が21号も左舷フカセ釣りが10名、右舷一本釣りが13名の23名と大入り。クーラーもみんな大将持ち込むもんだから足の踏み場もないとはこの事w。S兄が前、オレが2番目に入って準備。準備といっても餌を入れるバケツを足下に置くくらいしかやる事もないので、全員乗船したらすぐ出船です。


 

一本釣りはもちろん、フカセもレンタルの人が多く竿が足りなくなって途中海上で32号から竿借りたり、初心者向けの餌付けの講習会やらと、餌の世話からハタキの準備まで上乗りさんひとりで朝からてんてこ舞い。S兄も無料のをレンタルしたけど、竿足りなくて高級な方を使わせてもらえる事にw。「落としたら諭吉が十何人か出してもらわないとなんで落とさないでね」なんて脅されながらw。

若船長が先行してポイントを決めていくみたい。で、向かった先はパヤオの浮き相模3号。近くまできたら瓶(かめ)から餌を5匹くらい掬って自分のバケツに入れて合図を待ちます。(瓶が前にあるので前の席だと餌を取りにいくのに近くていいですね。)船を立てたら上乗りさんが舳先で餌を撒き、カツヲが餌に反応したら「取ったぞお!やってえ!」と散水して戦闘開始。

 

イワシは15センチくらいのカタクチと同サイズの小羽マイワシが73くらいの比率。カツヲ狙いなのでカタクチを選んだらエラ掛けして泳がせます。

最初こそ20センチくらいのワカシ(というかモジャコ?)が掛かってきましたが、すぐにカツヲがアタりだすと、舳先のハタキ釣りで上乗りさんが1投1匹、大体2秒に1匹のペースでカツヲを釣っていきます。噂どおり群れは濃いようで、一本釣りも良いペースでドンドン釣って船上はまさに戦場。バタバタとカツヲが船を叩き、血飛沫が飛び交います。そんな中、フカセはどうしても手返し悪く左舷の派手さはないまでも、ポチンポチンと当たる感じ。

オレの隣のおじいちゃんが、フカセの中1人バイパースティックにアブ6500番をキーパーに掛け、仕掛けもスナップ接続という男気溢れる道具立てに(大丈夫かな?)とS兄に言うと「こういう人が釣るんだよ」の言葉どうり、デカカツヲを釣り上げました。


うわっかの釣りとはよく言ったもので、目の前の水面下を興奮したカツヲがビュンビュン走り回ってるのをみるとコッチまで興奮してきます。上手く餌付けしないと、投げ入れた瞬間カツヲが餌に突進してくるも見切って交わして行っちゃいます。上手く付けられると、投げ入れた瞬間に喰ってビューッと糸が出て戦闘開始!ポンピングで一気に寄せたらタモなんかないのでリーダーを掴んでぶっこ抜き。3キロくらいのカツヲだから上手くやんないと、、ポッチャーン。ほらやっちゃった!

すぐにS兄にもアタり!ドラッグが鳴らせてなかなかデカそう!で、上がってきたのは5キロくらいのメボウ。浮いた群れはなかなか沈まず長い事出来ます。しばらくして潜ると周り直し。これを何度か繰り返してパヤオ周りをやっていきます。

結局、釣り開始から2時間弱経った8時過ぎまでで、オレは6打数3安打のカツヲ3本、S兄も何本かバラしながらメボウ2本にカツヲ3本といったところ。ちょっと打率が悪いですねw。どうしても抜き上げで外れちゃう。右舷フカセは大体3〜5本。群れが浮けばやはり爆発力をみせる左舷一本釣りはやはり数のばして良い人で20〜30本釣ったみたい。舳先でブッペの上乗りさんは「200キロくらい釣ったかな?目標は400キロ!」だそうです(汗。スゴイ!

  5キロ足らずのメボウがちょっとだけ大きく見える?w。このアングル記念撮影禁止!

ここで少し走って城ヶ島パヤオへ移動。早速始めると、カツヲも混じりますがシイラ祭り。ペンペンからメーターオーバーの立派なのまで。針に掛かると彼方此方でジャンプ!並びのお客さんが掛けたシイラに巻かれてオマツリ。(今、入れたくないなあ)と解いてたらS兄にもシイラ!なんか前から後ろから流れてきて、オレの足下でシイラが何匹も暴れてて危ないんですけどw。みんなちょっと落ち着こうか。釣ったら逃すかクーラーに仕舞うかしようよww。

 

シイラ祭りに堪らず周り直し。やりかえると不思議と今度はカツヲ。でも浮きが悪いのか?散水してる左舷とハタキでは釣れるけど、右舷にまでカツヲが入ってきません。結局S兄がカツヲ1本追加して終わり。10時前。「餌がなくなってきたんで、もう一度朝のところ様子みて上がっていきます」と、朝のパヤオへ移動です。

 

しかし、朝はあんなに居たカツヲはどこに行ったのか?さっぱりアタりません。そんな中「カジキだ!」の声にそちらを見ると、パヤオ脇のプレジャーボートの人がスピニング竿を根元から曲げながらスタンディングファイト中。すると目の前でカジキがジャンプしてテレビでよくみるテールウォーク。「デカい!!」と少し船を離してみんなで応援。プレジャーも船をバックさせながら寄せていきますが、、バチーンとフックアウト。あーっと溜息の後、ナイスファイトにみんなで拍手。良いもの見せてもらいましたw。

そして釣り再開しますが、盛り上がりのないまま餌も底をつき、11時過ぎに終了のアナウンスで早上がりとなりました。結局朝の2時間が怒涛の喰い、あとは左舷でパラパラって感じで餌が尽きて終了って感じでしたね。上乗りさんはひとり奮闘しますが、結局400キロまでは届かず300キロくらいだったみたい。お客さんを港に降ろしたら、漁協に水揚げするそうです。

そういえば、デッキに散らばった死んだイワシを海に撒くとカツヲが釣れなくなるんだって。だから捨てる時は移動するときにしましょうね。上乗りさんも冗談で「プレジャー(ボート)邪魔だからそばで撒いてやるかな」とか言ってたしw。


久々のフカセ釣りで体力とか心配したけど、思ったより大丈夫だった(ジムの成果か?w)。カツヲのお土産も確保した後半は、一発逆転マイワシ潜らせてキハダを狙ってみたけど、活性も落ちてたからか?手が悪かったのか?わかんないけどカツヲすらアタらずの不発でした。今日は一度だけトモのお客さんがキハダらしいのアテたけど、残念ながらバレちゃったみたい。

一本釣りは釣れる時は何やっても釣れるけど、フカセは兎にも角にも餌付けが100%の釣り。同んなじように付けたつもりでも、全然泳がなかったり、カツヲが避けて通ったり。「泳がなかったらドンドン餌変えてよ!」って上乗りさんも。一本釣りやハタキなら散水してる目の前で喰ってくるのに、フカセは船から離れたところに入れないと喰ってこないし。難しいね。でもそこが面白いんだ。

今はカツヲの群れ濃いから一本釣りに部がありますね。魚が浮かなきゃクーラー空っぽの博打要素の強い一本釣りですが、今ならそんな心配も御無用。ガムシャラにやれば40、50も夢じゃないかも。今日もトップは30本釣ったとか。でも足が早い魚ですからね。欲張って持って帰らず、美味しく食べきれない分は船宿に置いていって水揚げに貢献してあげてくださいねw

とにかくこれでスッキリと8月開幕に臨めそう。S兄さん、お疲れさまでした。またよろしくお願いしますよぉ。


 長三朗丸の当日ブログ

  カツオ 1-4.8 kg 0-30 匹
  キハダ 3.5-6.8 kg 0-2 匹

  船長コメント:2隻で出船!!爆(´・ω・`)>
         デカマグロも水面まで来ましたが…逃げられました(;´д`)


【本日の釣果】
      カツヲ 3本

【今回使用した道具】
      ROD : ダイワ ソルティガ スパルタン 63S-5/6
      REEL: ダイワ ソルティガ Z6500 EXP


 6月 17日    初めての石花海釣行 




 ■ 土肥港  とび島丸 ■ はれ   小潮 ■ 釣果    マダイ ボーズ、激うまイサギ 6匹、オオアジ 3匹 

今日はプライベートで疲弊しきっているTETSUさんを騙して誘って、西伊豆にある土肥(とい)港の「とび島丸」さんから、駿河湾の石花海(せのうみ)の激うまイサギ&鯛釣りに行ってきました。とび島丸の石花海マダイといえば鯛釣り好きには憧れの聖地。遅れ馳せながら初とび島丸です(^_^;)。

GW辺りから始めるらしい石花海90mくらいでの大鯛狙い。5/27に船宿レコードの12.1キロなんてモンスターも出てるけど、今は石花海の浅場に漁場を移動して船宿曰く『激うまイサギ』と『大アジ』をメインに模様みて『鯛』も狙うって感じみたい。あの食通の密漁師さんが「アレ食べたら他所のイサギ食えなくなる不幸のイサギ」と絶賛するほどなので、釣り的には勿論夢の大鯛が本命ですが、お土産的にはコッチが本命かも。

駿河湾と聞いて思い浮かべるのは以前行っていた御前崎。隣の船が見えなくなる波高は当たり前、尾てい骨を砕くスプラッシュマウンテン。TETSUさんも同じイメージか?「未知の海だ。ここはスーパーVIPでいこう。」とスーパーVIPを申し込むw。何でもお金で解決するのが大人なのだ。このスーパーVIP、1日2名限定で、優先的に釣座を選べる権利も付いているので、取り合いになるくらい人気あるとか。取れてラッキー。今回は大トモを2席取りました。

3時半に港集合。0時に海老名SAでTETSUさんと待ち合わせ、途中三島でコンビニなんか寄りつつ、途中の天城越えの峠道ではバンビに何度か遭遇したりしながら、2時過ぎに港到着。今回も寝ずの命削りの釣行なのでしばし仮眠。

3時半。船長が到着したら漁協で砕き氷をクーラーに入れてもらい、車で船前まで移動し荷物を降ろす。そしたら駐車場に車を停めに行ってまた船前に歩いて戻るシステム。みんな慣れてるので手際よくテキパキとやっていくんですが、オレとTETSUさんは勝手わからずモタモタ。どんどん遅れてっちゃうので、ますますオタオタ。

 

なんとか出来て、乗船手続きしたら乗船です。「SVの方はこちらでやるので」と道具の積込みやキーパーの取付けを上乗りさんがやってくれるんだけど、他のお客さんが普通に自分で準備してる中、どうにも手持ちぶたさが居心地が悪いw。片舷4人づつの8人で、オレが右舷、TETSUさんが左舷。キーパーだけ取り付けたら後は現地でやるみたいで、竿やバックが飛ばされないように確認したら船室へ。

 

スーパーVIPは揺れない船中央の快適ベッド。湿気ってない清潔感ある羽毛布団にエアコン付。「2時間ほど掛かるので寝ていってください。30分前に起こします。」と4時に港を後にしました。事故時に対する説明とか事細かに。安全に関する注意が徹底していますね。缶ビール飲んで就寝。

6時前、演歌が大音量で掛かって叩き起こされるw。カッパに着替えて表に出ると近くに大和丸、舵丸、 真成丸といった船がいます。海は行く前のイメージと違って真っ平ら。準備をしながら探見丸を見ると水深は80mくらい。

 

「まずは鯛を狙ってみましょう。仕掛けは15mで。棚は60m(前後の指示)で仕掛け分降ろして棚まで上げてください。」と開始です。ビシは100号のLサイズ。仕掛けは6号10mに4号5mのテーパー仕掛けに針は9号。ここの特徴は針上30〜50センチにガン玉(B〜3B)を打つこと。ハリスに傷付けないようにとの事で、イサギ用はゴムコート、鯛用は磯釣りのウキ止めゴムと中通しのシンカーの組合せでやってみました。コマセはアミとオキアミのハーフ&ハーフ。刺し餌に小さいオキアミブロックが配られます。

初めてみると皆んな手持ち(汗。あと独特なのが勝手に道具の入れ替えが禁止?な事。仕掛けが長いから上に乗っかるとすぐオマツリしちゃうからみたい(潮次第で潮上はオッケー?)。投入も遅れるとその回は見送りらしく、勝手知らないTETSUさんが出遅れて早速見送りの洗礼!(キンメ釣りかよっ!)入れたら船長が上げてって言うまで黙って待つか、誘うくらいしかない。そしてなんと言っても潮が前に流れてスーパー潮上VIP席(泣。VIPで席選べたのに1/2を引いちまったー!

 

3〜5分くらいで入れ替えながら、何度かやっていきますが「ダメだなあ。二枚潮でコマセと仕掛けが合わないわ。」と苦戦。フワフワとアタって巻き上げるとゴマサバ。1時間ほどやるも「ダメだ!この潮じゃ鯛は喰わない!大アジが釣れてるから短い仕掛けに変えて!」と鯛釣り終了〜。まあ、カリスマ船長が言うんだから間違いない。説得力あるのでスパッと諦めもつきます。(ああ。でも色々と想像して珍しく6組も縛ってきたのに!残念!)


少し東に移動して大アジ狙いです。道具は同じで仕掛けだけ短い6mに。出来の4号4.5mイサギ仕掛けに6号1.5mを繋げて6mに。水深は60mくらいで、40mくらいの棚指示。大アジとイサギの釣り方は仕掛け分じゃなく、10m降ろして棚まで上げる指示です。数回入れ替えるとククッとアタって40センチくらいのアジ。見た目は城ケ島の沖アジっぽいけど船長曰く「ここのアジ、関アジ並みに美味くて浜値も4,000円くらいするからね!タモで掬ってやって!」

しかしこの大アジ場もスーパー潮上VIP席&喰い渋りw。仕掛けを降ろすと反応も下がっちゃう。その模様は探見丸にもクッキリ。こういう時は東京湾なら仕掛けのばすのかな?やれやれ。ポツポツと拾って3匹。まあお土産には充分だけど。あ、ここでイサギが1匹釣れました。ラッキー。それ見てからTETSUさん、アタる度に「茶色くなれー、茶色くなれー」ってやってます。

鯛も大アジも「上で撒いても仕方ないよ。下でしっかり撒かないと。」と、どうもここの釣り方はコマセは沈まず、重い仕掛けが早く沈下しコマセの中に入るイメージかな?大アジに至っては6m仕掛けでコマセ撒くのは10m下と刺し餌がコマセまで届かないんじゃ?湧き潮とかでコマセが湧き上がってくんのかな?とTETSUさんと??状態。でも言われたとおりにやってると釣れてくるので間違いではないみたい。


11時前。場所を移動です。ここで今年買ったカツヲスティックに竿チェンジ。どうやら激うまイサギ場のようで、周りでポツポツ釣れるのが大アジからイサギに変わりました。相変わらずスーパー潮上VIP席なので、ピンポイントに絞ってしっかりコマセを出して早めの勝負を掛けたらオレにもアタり、強い引きで上がってきたのは35センチくらいの激うまイサギのダブル!イサギもオオアジも、魚が大きい上に長竿だからか?いつものクククッとかキュンキュンとかって引きじゃなく、グングンッて重い引き。うっひょー!こりゃ20くらい釣れちゃうんじゃないの?なんて思ったのも束の間、イサギも喰い渋りw。

ひとりミヨシのお客さんがダブル連発してますが、後ろ寄りは静かなもの。道具入れるタイミングをずらしたいけど、勝手に入れ替えも出来ないので生殺し状態。たまに濃い反応で2回目入れていいよって時、上手く前が釣って道具が上がってるタイミングで落とせると判りやすくアタったりして。TETSUさんも苦戦してて「このまま釣れなかったらお前のイサギくれよな」とスーパーVIP席の客の会話とは思えぬ残念な状態。

それでも、しばらくやってると少し潮が弛んできて、それまでほど釣座の差が出なくなり、後ろでも餌取りとか喰うようになってきました。ヒメとかレンコとかでも喰ってくるのが嬉しいですw。それくらいワンサイドゲームでしたのでね。ここでTETSUさんも調子を取り戻し何匹か釣り上げます。しかし今度はサメが船に付いたらしく、上がってくるイサギを狙い始めました。サメも美味い魚知ってるんですね。ここからサメから逃げながらの釣りに。反対側で上乗りさんがサメにイサギ喰われて全員巻き込んでの大オマツリ大会。左舷ででっかいのが跳ねたとか。

  

調子が出てきたけどサメもいるので、12時前に激うまイサギ釣りは終了。結局オレは数伸びず5匹止まり。まあデカいのでお土産には充分ですが。「最後にもう一度鯛を狙ってみるよ。」と船長。沖上がりは13時らしいのでラスト1時間です。少し場所を移動して開始です。仕掛けを15mに戻して大鯛のアタるのを待ちます。しばらくして反応が出始めたけど「イサギが入ってきちゃった」と言うとおり、ポツポツとイサギが上がります。最後まで粘ったけど「はい。これで終わりにします。お疲れさまでした。」と終了。

道具を片付けたら自分の席は水で流してくださいと。各席にブラシもあるので汚れをキレイにしましょう。「帰港は15時予定です。きれいな格好に着替えて船室で休んでいってください。」に早速快適ベッドで横になると即落ち。オシッコで眼が覚めると丁度港に着くところでした。

船を降りたら港で釣果を女将さんに報告し清算しておしまい。船長も「今日はずっと潮上で厳しかったね」と労ってくれました。大鯛は釣れなかったけど、激うまイサギに4000円の大アジも釣れて、なによりずっと乗ってみたかったとび島丸に乗れて良かったです。

帰りはマイペースで帰りましょとTETSUさんとは港解散。16時前出発はやっぱり東名大和トンネル渋滞にドンピシャで今回は17キロw。徹夜の命削り釣行だったけど、行き帰りに2時間づつ寝られたのが効いて、睡魔にも襲われる事なく帰って来られました。激うまイサギも魅力的だけど、やっぱりココ(石花海)には夢を見せてもらいたいなって事で、来年は初期の大鯛狙いの時期に来てみたい。TETSUさん、お疲れさまでした。

 
 


 とび島丸の当日ブログ



【本日の釣果】
      マダイ ボーズ、激うまイサギ 6匹、オオアジ 3匹、レンコダイ 3枚、ゴマサバ 1匹、ヒメ 5匹

【今回使用した道具】
      ROD : ダイワ リーオマスター真鯛 M300/アルファタックル カツオスティック 180
      REEL: ダイワ シーボーグ 200J


 5月 14日    イルカの馬鹿野郎が! 




 ■ 腰越港  飯岡丸 ■ くもり   中潮 ■ 釣果    ムギ・スルメイカ  6杯 

松輪の乗っ込みはいつもの事としてもw、こちらも水温が上がらないからか?毎年この時期になると楽しみにしてる釣り物、南房イサギや「今でしょ!」の深場とか、なかなか本格化しなくてどうにも肩透かしな今春。あとは相模湾のムギイカに期待して「オレでも束(たば=100杯)釣れるようになったらすぐ呼んでください」と腰越のイカ親父衆に声を掛けてたら、「よへーさんで84、黄色(色の船=島きち丸さん)も66!」「ピンク(色の船=ちがさき丸さん)も79だ!たけ!行くぞ」とイカ親父から召集命令。

  

(まだ束までいってないぢゃん)とか思いつつも、S兄の格言「釣れたって聞いてから行ってちゃ遅い。釣れてない時に行かないとダメ。」に(ひょっとして今か?)と乗っかることに。ちなみにもうひとつのS兄の格言は「魚は竿は見ない」で、オレが道具立てであーだこーだ言ってると道具なんて関係ないとばかりこう言い放つのだ。

というわけで、今日はイカヅノ大佐、直結のS、マムシのKと腰越港の「飯岡丸」さんからムギイカ(スルメイカの子供。身が柔らかく美味しい。)に行ってきました。

束釣りに期待満々で港に着くと「なんか昨日、烏帽子近くでイルカの大群の目撃情報。イカ全部食べられちゃったかも」と大佐から衝撃情報。(ま、まさか。大丈夫ですよ。)と返すも「アイツら、イカ大好物だから」と(汗。

徳人船長の27号船は右舷7人、左舷5人に舳先に上乗りで大佐の13人。S兄は左ミヨシ、K兄は左トモ、オレは左の胴の間真ん中に入って準備。もちろん束釣りを期待してますが、そこは百戦錬磨?何度も苦汁を舐めてきてるので、S兄が縛ってきてくれた15本釣の直結仕掛けを「これを使え!」と差し出されますが、「まずは自分で縛ったブランコ仕掛けでやってみますよ」と軽く拒否w

準備ができたらS兄のワインとK兄おかあちゃん特製の美味しい玉子焼きで大漁祈願。(乾杯ー!)徳人船長が「コイツらもう始めやがった!モタモタしてると出来上がっちゃうからとっとと出船しないと!」と慌てて舫いを解いて出船です。


向かった先は江ノ島沖。昨日があの釣果なので結構な船団です。でも船がバラバラでイカが集まってないみたい。「70から底!」と開始です。北風が意外と強くって、投入時に竿の上に仕掛けが被って1投目からあわやイカヅノ団子作るとこに(アブねー)。「たけ!投入機は風下に置かないと!」って大佐(それ、先にゆってえ!)

ポチーンポチーンと船中で上がりますが、オレには乗りませんね。まあ想定内ですよ。はい。良い群れに当たるのを信じてオモリ120号をシャクっていきます。相変わらずの運動強度で15分で腕がパンパンの尿酸出まくり。これならジムとか行かなくて良いですね。

しかし、前隣の人は仕掛け降ろす度にコンスタントに拾ってますが、他は10流しに1回引っ掛かるかどうかの地味乗り。(怖えええ!イカ怖えええ!ドン・コロレオーネかドン・チッチオ並みに怖えええ!なに?昨日の釣果は?イルカなの?)

マムシのKがなんか後ろでコソコソやってるので(こらこらこら)と見に行くと「しーっ。みんなには内緒だぞ。」と水中ランプと仕掛けを直結からブランコに変更してるw。(イカ親父の間では直結=カッコいい。ブランコ=シロートって感じなのかな?どーでもいいし、サッパリわからんw)


オレのバケツのイカ3杯を見にきて「やべっ」と大佐が漏らしたのをオレは見逃しませんでしたよ。(やっぱブランコだべ?)とニヤついた瞬間、ブルブルと下品なアタリにゴマサバ。丁寧に上げたんですがちょっと油断した隙に相変わらずの北風と合わさって、なけなしのブランコ仕掛けが見るも無残なイカヅノ団子・・

「兄貴、ありがたく使わさせていただきまーす」なんて直結のS 特製の直結仕掛けに変更。この段階でヤル気が一気にダウンw。だって直結なんてすぐバレるから釣り方面倒なんだもん。

相変わらず全然釣れないので、曇ってはいるけど北風あるので2杯だけ干してみたり。おやつ食べたり。

その後、一度だけ(ちょっとだけ)ヤル気のある群れにアタリにパラパラっと釣れましたが、終了の13時半まで特に盛り上がりもなくww。「朝のたけの2杯掛けがクライマックスだったな!」とS兄。結局オレは6杯。直結のSは9杯、大佐は7杯、マムシのKは15杯という浮かれイカ親父達も玉砕。

トップはオレの前隣の方がダントツで29杯。特に静かに誘う以外、変わったこともしないで直結で淡々とやられてました。「何が違うんだろうね?」にS兄「今日はあの人と裏の同じ位置の人の筋だけアタりが出てた。釣座だな。」と友の会のプライドを傷付けられたか、いつになく悔しそうなイカ親父w。

えっとぉ。いいですか。オレは 
ムギを束で釣りたいんですよ!

イルカの馬鹿野郎!オレの釣行前にイカをパクパク食いやがって。お前を捕まえて食べちゃうぞ!なんてW何とかって団体から抗議が来そうなこと言いたくなったり。(ホントはグランブルーが1番好きな映画だったり、ジャック・マイヨールに憧れたりするんですが、今日ばかりは特別)

潮が下げてていつもの場所に船を着けないので海側に着岸。皆さん、お疲れ様でした。またよろしくお願いしますよぉ。

それにしても今年は初釣りから貧果が止まらない。そろそろ確実性のある釣りものを選ばないと釣りが嫌いになりそうだ(って、今回もそのつもりだったんだけどw)。オレを癒してくれる良い釣りもの、なんかない?

 


 飯岡丸の当日ブログ

  ★ムギイカ・スルメイカ船(27号船):
    乗り渋い。0~27杯:朝6時30分出船:オモリ100~120号、11~14cmプラ角
      ◎乗り渋く、ポツンポツンと拾っていく感じでした。2杯3杯と連ちゃんで乗せた方もいましたが、ほとんどが単発。
       みんなに乗る派手な乗りは無く、残念ながら1人ボウズが出てしまいました。
       初挑戦で2杯ゲットの方も居ましたが・・・タイミングかな?0~27杯。



【本日の釣果】
      ニセイカ 4杯、ムギイカ 2杯

【今回使用した道具】
      ROD : ダイワ 先鋭剱埼AR 120-170MT
      REEL: シマノ フォースマスター 3000MK


 5月 7日    ご無沙汰してます 




 ■ 毘沙門港  金長丸 ■ くもり   中潮 ■ 釣果    ボーズ 

GW最終日。模様良い釣りモノもないし、イカダか堤防でダンゴでもやろかな?なんて思ってたら、S兄から「松輪のノッコミ始まった!すぐ電話して!」の連絡にパクッ。船宿に予約の電話を入れてから落ち着いてよくよくネット見てみればチョット喰っただけで〝始まった”には程遠いw。浮足立ってバタバタしてたら、SGWさんにTETSUさんまでパクパクッ。というわけで、今日は毘沙門港の「金長丸」さんからマダイに行ってきました。

5時半出船の4時半に船前集合。金長丸さんはご無沙汰で彼此3年ぶり。もう顔覚えてないかな?と思ったけど、顔を合わせれば「よお!たけちゃん。元気でやってたか。大ちゃんは元気かぁ?」って覚えてくれてて、「今の鯛は学院卒並に頭良くなってまって、ちょっと前の釣り方じゃ通用しなくなってまっておぅ」と、相変わらずの調子にホッとしたりして。(三浦漁師訛りが酷くて半分くらいしか理解不能だけどw)

「たけちゃんよぉ、この船(新造1号船)乗んの初めてだべ?」と操舵室の最新装備を自慢げに見せながら「今日は竿なんか放っぽっといていいからオレの横に座ってよ、何で普通にやってちゃ釣れないか教えてやるよぉ」って。。(嫌ですよw)。上潮と下潮の同調の話からコマセカゴなんか要らない話まで。相変わらずクセが凄いんぢゃあ。

という訳で、今日は親父さんの1号船に6人で釣座は↓のとおり。今回S兄のお弟子さんのSGWさんはコマセ真鯛デビュー戦。なんとか顔見れるといいのですが、模様も良くないし、、難しいかなあw。5時半に出船しました。

←お客さん★ SGWさん★ S兄さん★★
←TETSUさん お客さん★ オレ

ポイントは松輪ノッコミポイントの吉野瀬。ふたつの塊ができてて、船数の少ない塊に合流。一義丸、成銀丸、鈴米丸さんなんてところ見えますね。水深50mを上からの指示で、指示棚は他船と同じようにハリス分くらいから。

よし頑張るぞ!と始めると早速「たけちゃんのとこに鯛はいないよ。来てみな」とソナーに潮流計にと駆使して、如何にオレの席が釣れないかを説明w。(うるさいわ!)と頑張ってたらお隣さんにヒット!竿をいい感じに曲げながら、上がってきたのは3キロくらいの良型。(そらみろ、釣られちゃったじゃないか!)その後、船長の指示で仕掛けをアレコレ変えてみたり、席によって指示棚を変えてみたりと金長ワールド全開。

しかし渋い。船団含めてタモが全然出ません。「たけちゃんよぉ。そんな短けえ竿じゃ釣れねえっぺ。昔みたいに20mくらいの竿を持ってくんべえ。」って、昔だってそんな長い竿、見た事ないわ!


なんか船団もマッタリ。たまに棚が下がると小メバルとかサクラダイとか釣れたり、餌を盗られますが、基本は餌が残ってきます。

そんな中、2時間経った8時。仕掛けを回収してたS兄が「タモ!タモ!」と。見ると1キロくらいの鯛が付いてて、「え?当たらなかったの?引かなかったの?」に「上げてみたら付いてた。ガハハ」だって(汗。

しばらくして、今度は右前のお客さんにヒットして1キロくらいのが釣れました。時合か?と手返し頑張るも、「たけちゃんよぉ、コマセ撒かなくていいから棚でビタ止めして引っ張るまで放っぽっときなよぉ。」と。たまに回り直しますが、ほぼ大流し。他船も殆んど動きませんね。一度、もう一つの塊の様子を伺いますが、また戻って再開。

10時過ぎ。やっぱり飽きたS兄が自分はもう顔見てるからって「何時に冲上がり?」とか「もう上がろうよ」とか始まって、「仕立てじゃないんだから。そんなワガママ許しません!(くそぅ。罰当たればいいのに)」と思ってたら、「喰った!」に見るとS兄の竿先がゴンゴン入ってる。

楽しそうにやり取りしながら上がってきたのはこちらも1キロってとこ。(くそぅ。神様はいないのかぁ!?)

 

冲上がりは13時。残すところ1時間ってところでアタったのは初挑戦のSGWさん!「ゆっくり!慎重に!」と外野のうるさい事うるさい事。で、無事にタモ取りしたのは、まずまずの型で1キロ半ってとこ。

 

TETSUさんと目が合い、(TETSUさん、これで顔見てないのオレらだけっすよ。)、(わかってるよ。皆まで言うな。)と心の会話。気持ちは焦るけど「鯛釣りはチームワーク!」と拘りのクセが凄い船長が目を光らせてるだけに、勝手に棚を上げたり下げたりとかいろいろ試しにくいジレンマ。

そして、とどめのアタりはまたしてもSGWさんに!しかし、ドラッグが緩過ぎたかキツ過ぎたか?竿がギューンと入ってポヨーンと抜けた(S兄の目撃談)ようで、スッポ抜けたみたい。そして、そのままタイムアップ。

やってまいました。TETSUさんとオレだけボーズのパターン。TETSUさんゴメンなさい!潮変わりに合わせて風向きも変わるというコントのような展開に終始潮上でって言ったら「言い訳するんじゃない!」と怒られましたw

  (ふん。釣れなくったって別に悔しくないし。鯛ならセーユーで買ってくればいいし。)

(負け惜しみも確かにちっとはあるけどw。いや、だいぶあるけど。)大鯛が出なかったのが救いですわ。やっぱり今も昔もノッコミは大鯛を期待しちゃうのでね。ま、顔見れないより見れた方が良いのは間違いないんだけど。大鯛を釣られる悔しさに比べれば破壊力はまだ低い。

「たけちゃんよぉ。残念だったなあ。引っ張る感覚くらい味わって欲しかったんだけどよぉ。」(あ、ありがとう)「ちょっと入れ替えんのが早いんだなぁ。刺し餌、残る時が多かったんだから、他の人の餌見ながらもう少し長く入れてた方がいいんだよなぁ。」(もっと早く言って!)

と、まあこんな感じ。初挑戦のSGWさんに釣れて良かったすわ。「鯛釣り面白いね。またやりたいよ。帰ったら魚拓取るよ。」とか。

  (ぐぬぬ・・いい気になるなよ。)

皆さんお疲れ様でした。船長も御世話様でした。またよろしくお願いしますよぉ。


 金長丸の当日ブログ



【本日の釣果】
      サクラダイ 1匹

【今回使用した道具】
      ROD : シマノ ライトゲームCI4+ タイプ82 H190
      REEL: ダイワ シーボーグ 200J


 5月 2日    水温がっ! 




 ■ 勝浦川津港  とみ丸 ■ はれ    小潮 ■ 釣果    ボーズ 

今日はS兄と千葉外房は勝浦川津港の「とみ丸」さんからひとつテンヤに行ってきました。仏滅だし、決して模様がよい訳じゃないんだけど、行きたがりのS兄に付き合ってですw。午後船で予約したので港に12時集合なんですが、GWって事もあり渋滞とか気を揉むのも嫌なので、少し早めに行って朝市と港で時間潰しの作戦。7時半着狙いで5時半に出ると思った以上に車の量が多くて少し心配したけど、特に大きな渋滞はなく着いてみればナビどおり2時間で到着。

勝浦漁港でカツヲの水揚げ見たり、朝市ぶらぶら、定食屋いしいさんでカツヲ刺し定食を食べたり、南蛮屋さんでわらび餅買ったり(今回の変わり種はチョコ味。試食したけどほんのりチョコで美味しかった)、S兄のお母ちゃんのお土産用にイセエビ探したけど網に掛からないとかであんま売ってなかったり、売ってても1100円/キロとなかなかご立派だったり。楽しみにしてたカツヲは時期かな?殆んど並んでなかったです。2時間くらいブラブラしたら、コンビニでおやつを買い込んで港で2時間ばかり船待ちw。

12時前に午前船が戻ってくると、午後船のお客さんと入れ替わり。今回、駐禁の看板もないし、昔来た時にも停めてたからと崖下の道沿いに車停めておいたんだけど、警察がたまに取り締まりに来るからと船長に言われ慌てて移動。

予約時に左後ろ2つ取っておいたので、後ろからオレ、S兄と入って準備します。片舷8人づつの16人くらいかな?1年振りに来たけど、各席にテンヤ入れのカップと尻手紐付きの竿立てがあったり、探見丸もクランプなしで船べりに取り付けられたり、上乗りさんは優しくて面倒見が良かったりと、ホント居心地の良い船ですね。釣らせるし、人気があるの判ります。

やはり模様は厳しいらしく、午前船は鯛は船中1枚だったみたい。船長曰く、沖は2枚潮の底潮はテンヤの鉛がキンキンに冷たくなるくらいの氷河期で上潮が南国、底は冷たすぎて10mくらい上の潮の境目じゃないと鯛が口を使わないらしい。(こっちも水温かよっ!w)あと上乗りさんの話では、水深と天気によって海の中が明るいと鯛は下を向いて捕食するからテンヤが良くて、暗いと上を向いて捕食するから鯛ラバでもいけるらしい。で、今日は前者らしいのでテンヤが良いみたい。船長にドラッグ調整してもらったら13時前、準備が出来たところで出船しました。


向かい風にゆっくり30分ほど真沖に走らせたところでスローダウン。まだ岸がクッキリ見えるくらいの距離です。パラシュート入れてエンジンを止めたら釣り開始。水深は60m。最初は8号から入れてみましたが、「2枚潮で上潮だけ流れるけど、底は潮ないよ」って船長の言うとおり、右前に向かって船底に潜る形で糸が出るけど、底はなんとか取れるって感じ。ただ8号だと少し長く入れてると右舷の人の道糸を引っ掛けちゃうので、「左舷の人は15号くらいにして、入れ替えも早め早めに」と船長。

テンヤも重くし、後ろ遠目にキャストしますが水深もあるので、着底する頃には船下に糸が潜るくらい船が押されてます。段々水深が浅くなって探見丸にも餌の反応が出始めたとこで、S兄がビシッと合わせます。「引かないし鯛じゃないなあ」と上げてきたら30センチくらいのオニカサゴ。やり替えると立て続けにビシッ!今度は同サイズの普通のカサゴ。よ!カサゴ名人!直結のS兄改め、カサゴのS兄。魚っ気ありそうとオレも頑張りますが。。静かなものです。

しばらくして右トモ寄りの常連さんに、らしいアタリが出て800g級ながら貴重な本命。見ると赤金のカブラで喰わせたみたい。よし!と気合入れるも。。モゾモゾに合わせてチビオニ釣れただけで再び沈黙。

重くしたり、軽くしたり。色を変えたり、誘導にしたり。。。。。



15時くらいにさらに沖へ移動。水深はやっぱり60m。状況変わらずw。潮の向きも流れ具合も変わらず。たまに「チャンスタイム!」と探見丸に15センチくらいの魚マークが底に映るので、その都度、一生懸命誘うんですが無情にも右から左へとフェードアウト。マッタリ嫌な空気に流れ変えるべく「夕マヅメに期待」と一旦竿を置いておやつを食べてみたり。

陽が傾いてきて釣れそうな気配になってきたところで、またさっき鯛を釣った常連さんに良さそうなのがヒット!しかし孫針を切られて痛恨のブレイク。掛かり所が悪かった?型は1キロくらいだったねと船長。しばらくして右舷胴の間の鯛ラバ師に大きそうなのがヒット。なんとか上げてきたら。。「あんだよおー」とタモ持って待ち構えてた船長。どうやらサメだったみたい。「普通あんまり鯛ラバにはサメ喰い付かないんだけどなあ」と。

なんか周りが少し賑やかくなってきたので頑張ってたら、底立ち取った直後にグイーッと竿先を引っ張られました。一瞬、(根掛かり?)と思ったけど、グッグッと竿先を曲げるので「魚は魚だね。多分サメだけど」とニヤニヤ上乗りさん。泳いで引く感じはなくグネグネと重いだけ。(まあ。。サメだよね。)「でも鯛じゃないけど、ひょっとしたら良い型のマハタかも?」と上乗りさんになんとか顔見るとこまで頑張ろうとポンピングで上げてきたら、、案の定ww。なんかでっかい目をした深海系の1ヒロくらいのヤツで、さっきとは違う種類のサメみたい。。(どっちでもええわ!)

 

18時前。少し北へと移動してラスト流しの夕まづめ。いよいよ陽が沈む直前は大鯛が喰いそうな雰囲気満々。探見丸にもイイ感じで飛んでる反応(底から少し離れた反応)に「これは喰うよ」と上乗りさんも客を煽ります。その言葉どおり左舷胴の間の鯛ラバ師にヒット。慎重に釣り上げ船中2枚目となる500gの本命。オレも続けとソーッと誘い上げたらゴゴッとアタりました。が、巻き始めても引かず「根魚だね」と上がってきたのは40センチの良型オニカサゴw。「この辺じゃ最大級だよ、このサイズは。」と褒め上手の上乗りさんw。ありがとうww

で、陽が完全に沈んで18時半に終了。結局15~16人くらいで船中午前1枚、午後2枚か。キビちーぃ!「大体、ポッと年1回来て良い鯛釣ろうなんて甘いんだよな。来週も来ようかな。」とS兄に「ちょ、待った待った。落ち着いて!」潮っ型良くなればじきにまたバリバリ釣れ出すから。良くない時に意地にならなくってイイから(汗。

夕方から北風が冷たくなって体が冷えたので「帰りに、どさん子で味噌バターコーン食べて帰ろう。」とS兄。珍しく意見があったんだけど行ってみたら閉店してるという、なんとも最後の最後までガッカリ感。心配した道は特に渋滞なく帰ってこられました。S兄、お疲れ様でした。またよろしくお願いしますよお。


当日のとみ丸ブログ



【本日の釣果】
      オニカサゴ 2匹、(目のデカい)サメ 1匹

【今回使用した道具】
      ROD : シマノ 炎月 一つテンヤ真鯛SS 240MH
      REEL: シマノ 炎月 C3000 HGMS


 4月 30日    仲良く共同作業 




 ■ 松輪港  一義丸 ■ はれ    小潮 ■ 釣果    マダイ 1枚 

黒潮が離れたままで水温が上がってこないとか、ココのところ貧果が続く松輪の真鯛。それでもノッコミ大鯛を夢見る仲間達が挑戦し、ももたろう君がイナピー&メジピー、keiちゃんがボーズ、ちょろ松さんはメジピーとアジピーと立て続けに散っていくのを見て、18人乗って船中1枚とかの釣果情報に(やっぱGWはダメだべ?)とTETSUさんからのお誘いに尻込みしてたら「全く情けねえ!昔のお前ならオレが釣ってやるくらいギラギラしてたぞ!」と叱咤w。

(そっかなあ?昔っからそんな事ないと思うけど・・汗)と思いながらも押し切られww。今日はTETSUさんと松輪港の「一義丸」さんからマダイに行ってきました。友引だしあんま釣れる気がしないですw。

3時半に船宿に着くと席札は6、7番札。あれ?GW意外に混んでないのかな?船宿が開いて受付。TETSUさんのバイブスを信じて左前から2番目、3番目と釣座を確保。港でコマセと氷を買って乗船です。船は立くん船長の28号船。

左舷はコマセ桶が6つ置かれてて、(今日は12人か。GWにしたら空いてる方だな。ラッキー)と、2番、3番目にTETSUさん、オレと入って準備しようとしたら立くん、「ちょっと待って!左舷6人もいないかも。ちょっと盛ったわ。ごめん。連休なのに過去最低。釣れてないからさ。」って、それ言っちゃダメーw。少し待って結局左舷は5人、右舷3人の8人で確定。「よし!今日は釣れる!」と立くん、自分に気合を入れるように6時半に出船しました。


「30分くらい走るよ」と向かった先は沖の瀬。ここ数日、毘沙門の船がここで釣果出してるみたい。6~7艘の船。毘沙門の船と成銀丸、喜平治丸なんてところが見られます。「やっぱ剱崎沖は釣れないんだな。」とTETSUさん。水深は80~90mくらいを上からのタナ指示で開始です。タナは少し高めかな?南風にトモの潮。結構流されますね。噂どおり海面見てもわかるほどグラノーラが漂う春濁り。降ろす度に道糸にプルプルが絡み付くほどではない。

 

この時期、朝イチはデカいのが来るかも?と丈夫な仕掛けから始めるんですが、ココのところの話を聞いてたので、6号6m+3号4mのテーパー2本針、針も8号のヘタレ仕掛けから。小一時間やっていたら、探見丸(魚探)に36センチの魚マークw。(先週から28号船がアキュフィッシュ対応になったみたい。)。立くん船長が「少し落とし込んでみて」に、手持ちでリールから糸を出し、1mづつゆっくり仕掛けを落とし込んでいきます。36センチが映ってるタナにちょうど刺し餌が届く(まっすぐ仕掛けが降りていたとして)ところまで出したところで、笑っちゃうくらい判りやすくギュン!と竿先が押さえ込まれました。

「食ったよ!」と合わせを入れるとゴッゴッと中々良い引き。「鯛っぽいね」と立くん船長。今日は性懲りもなく82調子の短竿w。この堅い竿+特徴的wwなシーボ200のドラッグにこれまで何度もバラしてるトラウマから、ゆるゆるセッティングのビビリングやり取り。するとTETSUさんにもアタったようでダブルヒット!

しばらく巻いていたらフワッと竿先の曲がりが抜けて嫌な感触・・(やべ!またやっちゃったか?)と慌てて巻くと、フワフワなんかまだ引っ張ってる。(あれれ?魚変わっちゃった?まさかサメに取られて頭だけ上がってくるパターンか?)と?だらけで、とにかく巻いていきます。「鯛じゃないなあ」と、先にTETSUさんの道具が上がります。続いてオレも道具を上がり、ハリスを手繰り始めると前に引っ張られTETSUさんとマツってる模様。で、常連さんにタモいれしてもらったのは2キロ半のマダイちゃん。見るとオレとTETSUさんの両方の針が同じ所に掛かってるw

どんだけ食い意地張ってるの?w。TETSUさんと二人で共同作業。「これなら絶対バレないね」って笑う常連さん。立くんが先にアタったオレの鯛でって言ってくれ、TETSUさんもイイよとと言ってくれたので、今年初の鯛なのでお言葉に甘えることに。TETSUさんありがとう。

その後、根っこの上で「イサギの反応だよ」にポツポツっと常連さんが30センチくらいの良いイサギ。オレも釣りたかったけど、10mからの仕掛けじゃ運良く喰いついてくれるのを待つしかない。少し多い目にコマセ撒いて欲かきますが、釣れてくるのは金魚(サクラダイ)だけと、上手くいきませんでした。今日はサクラダイがポツポツ釣れるけど、コレ釣れる時は潮がない時なんだよね、確か。TETSUさんもアテて、「茶色くなれ!茶色くなれ!」と念じて上げてくると、茶色は茶色だけどウマヅラになった(汗。


10時まで沖の瀬で頑張りますが、「剱崎に行ってみるよ」と剱崎沖にUターン。際寄りで一度降ろしますが、すぐ上げてノッコミ場の吉野瀬(ヨシンデ)に向かいました。10艘くらいの船がウロウロ散らばってやってます。水深40mあたりでやっていきます。しかし。。仕掛けを伸ばしたり、テーパーやめてみたり、玉を付けたり外したり。打っても響かぬとはこの事。仲間がメジナなんて釣ってたり、釣果にイシダイなんてのも出てたりしてたので、そんなのも少し期待しながら、オレにしては集中してやってみますが、周りも含めてマッターリ。

終了まであと1時間くらいってなったところで、オレのお隣さんにヒット。首振らないから鯛じゃないね。メジナ?と上がってきたのは40センチくらいある超高級魚のキジハタ(アコウ)!うへえ!羨ましい。これで少しヤル気スイッチ入りましたが、そのまま特に盛り上がりなく(汗、13時過ぎに終了。結局、8人で鯛は船中あの1枚のみ。厳ちーい!

船団を見渡しても、1度もタモ出るところ見なかったしな(大汗。剱崎沖に鯛は居るのかww?沖の瀬の深場で釣れた鯛。家で捌いたらお腹に7部くらいの真子持ち。ノッコミはもう少し先なのかな?と私見です。TETSUさん、お疲れさまでした。鯛、譲ってくれてありがとうね。また、よろしくお願いします。



【本日の釣果】
      マダイ 1枚、ヒメ 2匹、サクラダイ 2匹

【今回使用した道具】
      ROD : シマノ ライトゲームCI4+ タイプ82 H190
      REEL: ダイワ シーボーグ 200J


 3月 8日    2017年 初釣りはコマセマダイから 




 ■ 松輪港  一義丸 ■ はれ    若潮 ■ 釣果     ボーズ 

まだまだ寒い日が続き(今年も初釣りは4月かな?)なんて思ってたら、若大将が「水温高いから今年は乗っ込み早いらしいぜ」なんて知った風な事を言い出すもんだから。もう、有給出しちゃう。今日は平日釣行で松輪港の「一義丸」さんからマダイです。最高のタイミングで前日、前々日と大鯛が顔出してたりしていい感じ。釣れそうな針と玉の仕掛けで準備万端。

なのに、どこぞのネット見てんだか若大将。「明日は西の強風。船出ないから港解散だよ。オレは鎌倉観光してくる。」って。確かに西高東低で不安定だけどオレの見てるヤフーだと凪だよ?ま、折角お休みもらったし仕方ない1人でも行くか。運良きゃ配当高いかもと出掛けました。


5時に船宿に着くと、茶をすすりながら女将さん達とくつろぐ若大将w。おい!鎌倉はどうした??右前を取ったつうんで隣に。席札みると今んとこ6名。お茶飲んだら港へ行ってコマセと氷と刺し餌を魚屋で購入。港は車停め放題のガラガラ。快晴に風もソヨソヨで寒くもなく、なんかイイ釣り出来そうな予感しかしない。

今日はユキヒト船長の22号船のみ。船がきて岸に舫われるとアラアラ?とお客さん増えて右舷6人の左舷5人のコマセ桶。まあ、前日あの釣果だからね、仕方ないか。右ミヨシに若大将、2番目にオレと乗船して準備です。左舷の胴の間で立くん船長が竿出すみたい。定刻7時に出船しました。


向かった先は城ヶ島の南沖90m。島下ってトコかな?周りは浜福丸さん他、2〜3艘。上からの指示で仕掛け10mならプラス1〜2って棚。今日の仕掛けは6号6m+4号4mのテーパーに蛍ムラ針。そして秘密玉。むふふ。これで釣れなきゃ刺網入れるしかないわ、ホント。

(釣りは手返し)とやり変えようとすると、ここでトラブル!なんと自慢の電動リールがウンともスンとも動かない。カウンターも点いたり消えたり。(マヂか?)しかも今日は深場で90mだよ。仕方なしに手巻きで90m。若大将に予備のリールを借りるが、これが数十年前の代物で、しかもハンドルにガムテープがグルグル巻きで何とも汚っちくて触りたくない感じに1投目からテンション下がりっ放し。

すると借りたリールでも同症状に(リールじゃなくてバッテリー??)と自慢のリールに戻し船電源に接続。しかし再発。結局電源コードの接触不良。コードをグニグニすると再現。最初にそこを疑うだろ普通ってツッコミはなしで。まあ、いちばん安いとこが原因で良かったけど、初釣り朝イチからのバタバタ劇にぐったり。その間にモーニングサービスが無かったのが精神上せめてもの救い。右の大艫でキロ半てとこが上がりましたがそれだけ。

しばらくこの場所で頑張りますが、探見丸には底付近にたまにポツポツ反応出るくらいで静かなものです。右艫の方が1枚追釣したのと、技あり立ちくん船長が1枚。あとは右艫2番でバラしのみ。10時、東にポイント移動。吉野瀬にでも行くのかと思いきや、剱崎灯台の南、デカい船が沈んでるポイント90mへ。


沈船周りにビッシリ反応が出ますがコレは漁礁居着きのアジ。2匹ばかり釣って、反応から離れるとまた沈黙。そんな中、若大将にヒット。底ベタで喰ったって「お?鯛か?」と剛樹を気持ち良く曲げながら上げてきたのはホウボウ。そして今度はフグアタック。仕掛けを2度ほど切られます。

昼前、ここを離れて浅場の剱崎沖40mへ。ここは予想どおり餌取りの猛攻に仕掛け降ろした瞬間餌がなくなってる。ダメダメと船長も頑張って剱崎60m前後を転々とやっていきます。が、どこも打っても響かない感じにお手上げ状態。立ちくん船長が意地で1枚追加したのと、後ろで大鯛か?針を折られたバラし。どうにも潮上から状況変わらずに「オレ、もう飽きてきた」って若大将。オレはとっくに飽きてるよw。

「あと10分で上がっていきます」のアナウンスにやっとプルプルっとアタリ。ヒラヒラした引きで釣れたのは小っさいウマヅラw。アカーン。と道具片付けました。そして14時に終了。うーん、上手くいかんな。乗船まではイイ流れだったし期待も持てたんだけど。結局、11人で船中タイは右艫氏が2枚、立ちくん船長が2枚の4枚かな?相変わらず乗っ込みはムラが激しいね。恐ろしい。クワバラクワバラ。若大将、ボーズだったけどお疲れさま。伝説の釣座でボーズだったけどお疲れさま。またヨロシクお願いしますよ。

PS. 昨年、数人から「ないわ~」とバカにされ続けたコマセダイの82短竿。今回は素直に長竿に戻してみたけど・・もう無理。頑固ジジイと呼ばれてもいい。次回からまた短竿でやる!


 ■今回御一緒させて頂いた方のHPはこちら↓
   ももたろうのつり日記 第二章。

当日の一義丸ブログ
 8日  マダイ 1.0-2.3kg 0-2  剣崎沖60m 14.5度 薄濁 若潮
     今日も大鯛GET!!! といきたいところでしたが1匹はポロリ、もう1匹は針がぽっきり折れてしまいました、、、
     潮が良い感じに濁ってきていますので段々楽しみな感じになってきています。すぐに落ち着くと思うので期待できそうです。



【本日の釣果】
      アジ 2匹、ウマヅラ 1匹

【今回使用した道具】
      ROD : ダイワ リーオマスター真鯛 M300
      REEL: ダイワ シーボーグ 200J


inserted by FC2 system