12月 30日  納竿




 ■ 大津港  いなの丸 ■ はれ  中潮 ■ 釣果   ボ 

今日は兄弟と京急大津の「いなの丸」さんからマダイ釣りです。これで今年も竿納め。7時出船なので5時半に着けばいいかっと余裕こいてたら、「4時半には行かねえと四隅とれねえよ」って事になって。3時過ぎに家を出ようとすると「着いた」って兄弟から着信。(早過ぎだよっ! 港で凍死すんぞっ!) 

で、こちらは4時半に港に着くと「ダメだあ。あの時間で11番手だった」と兄弟。(早起き意味ねええええ!ギリまで寝てりゃよかったじゃんかーっ)ここのところ好調のいなのの鯛船。お正月の”お印”釣りたいって事もあってか、宿の前にはズラリと並んだ席取りのクーラー。(みんな気合入り過ぎーいw)

しばらくするとTETSUさんも到着。余程、先日の甘くないアマダイが悔しかったとみえ、「29日が最後の生ゴミの日だからゴミ出さないでよ」っと奥さんに釘を刺されたにも関わらず、クーラーを持たない約束で駆けつけたそうですが(爆)、港でも吹き荒ぶ北風に下げポヨ。「予報は12mだよ」ってノブちゃんの言葉に心ポキリ。「やっぱ帰るわー」って出船までお喋りして「よいお年を」。


時間になり乗船。11番札なので胴の間は確定。北の予報なので、操舵室で日陰になるであろう左舷は避けて右舷に入ります。結局、片舷9名の18名。右舷の前から4番目、5番目に兄弟、オレと並んで定刻出船です。

向かった先はクリナナ(久里浜沖70m)。水深72mライン。ムツ六、鴨下さんらの後方に並んで始めます。「下からでも途中で止めても、どちらでもイイよ」って事なので、兄弟と上からやろうって申し合わせ、69mから振って61mで止める作戦。

棚取ったらガチャッとキーパーに掛けて、ドカッと座ったのは右舷じゃオレ等だけ。周りは全員立ったまま手持ちで誘い釣り(汗)。いよいよ鯛釣りも世代交代か?!なんか、「おじさん達、置き竿じゃ釣れませんよ。ちゃんと誘い続けないと。クスッ」って笑われてるみたいで。。


しかし今日は餌取りがスゴイ。どうやらデカいウマヅラがいっぱいいるらしい(汗)。入れても入れても1分餌が持ちません。コマセ入れないで棚ビタ止めでも1分もたない。きっと船下はお馬さんがキャーキャー言って餌奪い合ってんだろうな。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


   \ワイワイ/  \キャー/  \ガヤガヤ/
 馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬
 馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬
 馬馬馬馬鯛馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬
 馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬
 --------------------------------------


1時間経過。

2時間経過。


飽くなき食欲!止まる気配なし!!けっこう撒いてるよお?どんだけ喰うん?ww

何度かは上げ潮と下げ潮に襲われるがw、潮はそんなにないのに今日はやたらマツるなあ。てか、この餌取り何とかならんか?!なんか手ないのお?同じ事、繰り返しても状況変わらんしい。引き出し少ねええ!

ちょっとアクセサリでも着けてみるか?ピンクの夜光玉とかウマヅラ嫌いじゃないかな?シマッタ!余計目立って取られやすくなっちまった。仕方ない、アイツも騙して付けさせるか。

11時になってやっと。さすがに腹一杯になったか?レコ大でも見に巣に帰ったか?やっと刺し餌が残ってきました。長かったあ。チャンスだ!手返し良く頑張ります。オレにしては珍しくサボらず頑張ってます。しかし馬も居なくなったが鯛も居なくなった。

と、思ったのも束の間。12時過ぎると奴等がまた戻ってきました。さっきのがモーニングで今度のはランチタイムか?差し詰めオレは定食屋の店員か??ここでポチンと船中3枚目が裏で出た模様。(今日は3枚とも左舷の胴から艫で出ました。)


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


   \ワイワイ/  \キャー/  \ガヤガヤ/
 馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬
 馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬
 馬馬馬馬鯛馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬
 馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬馬
 --------------------------------------


さすがに朝から変わらず濡れ手に北風10m。指の感覚もとっくに無く、鼻からは勿論ダイアモンド。昼過ぎから陽が傾き右舷が日陰気味。

おれ「おしるこ食べたい!」「ホカホカのパンケーキにシロップとバターのっけて食べたい!」

兄弟「オレはカレーが食べたい!」

(なんでやねんっ!?まあ、もうこの際なんでもええわ。)


延々餌取り地獄。昨日まで模様良かったのに。(なぜ?。。なぜ?。。) 「なぜーっ!?!」

 兄弟「ふっ、サラオだからさ」(※)


そして14時。「はい、あと10分で終わりますからね」
兄弟「ノーピク完ボって奴か。久々に味わったな」

帰りのキャビンで寝落ち。宿に戻って、年越しそばをフラゲで戴くとやっと血がまた通い始めました。兄弟、お疲れさん。また来年もよろしく頼みますよお。竿納めは釣っちゃならねえって負け惜しみはもう言わないぞ!お土産は三浦大根!ありがとう。

とにかく今年も無事に釣りができました。御一緒していただいた皆さん、ホントにお世話になりました。サラオですが、また来年も懲りずにお付き合いくださいね。



※ かれは年をとっていた。メキシコ湾流に小舟を浮かべ、ひとりで魚をとって日をおくっていたが、一匹も釣れない日が八十四日もつづいた。
  はじめの四十日はひとりの少年がついていた。 しかし一匹も釣れない日が四十日もつづくと、少年の両親は、もう老人がすっかりサラオになってしまったのだといった。
  サラオとはスペイン語で最悪の事態を意味することばだ。
  少年は両親のいいつけにしたがい、別の舟に乗り込んで漁に出かけ、最初の一週間で、みごとな魚を三匹も釣りあげた。
  老人が来る日も来る日も空の小舟でかえってくるのを見るのが、少年はなによりも辛かった。

     アーネスト・ヘミングウェイ著「老人と海」より



【本日の釣果】
  大根

【今回使用した道具】
  ROD : ダイワ リーオマスター マダイ M−300
  REEL: ダイワ レオブリッツ 270MM



 12月 24日  アマダイ甘くない




 ■ 葉山鐙摺港  たいぞう丸 ■ はれ  大潮 ■ 釣果   ボ ゚(゚´Д`゚)゚ 

さて今日はマゴチ以来のTETSUさんと。今日が竿納めの予定だって。釣りモノは悩んだ挙句、今年は模様良くって50オーバーの大アマが連日釣れてるってことで、曲が〜った事が大嫌ぃ〜♪葉山鐙摺(あぶずり)の「たいぞう丸」さんからアマダイ釣りです。長三朗丸のお隣ですな。事前にnakaさんからコッソリ、鉄板アイテムやら秘密のアドバイスやらと教えてもらって行く前からもう獲った気ですw。

7時出船、6時受付けなので(5時過ぎに港に着ければいいか)と家を出ると、4時半に「ミヨシ札取ったどお」っとTETSUさんから。5時過ぎに着いて受付。今日はナレエで出船問題ないけど、クリスマス寒波だかなんだか、駐車場で待ってる間も寒いったらないったら。

時間になったので氷を買って乗船。左ミヨシからTETSUさん、オレと入って準備。朝、受付で寝ぼけてたか「コマセ釣りだよ」って聞いてドキッとしたけど、周りの様子みてホッw。刺し餌のオキアミブロックが配られて、片天秤にオモリ60号とお手製の仕掛けをセットして準備完了。船の電動用電源は、船長に頼んで操舵室からコードを引っ張ってきて被覆剥がした銅線にクリップ挟む方式。定刻、15名のお客さんを乗せて港を後にしました。


最初に向かったのは亀城根。イナダ?船団の西の100m。アマデバってポイントなのかな。「潮速いみたいだから80号でやってえ。底トントンするとすぐオマツリしちゃうから、底取ったらすぐ1m切ってねえ」と開始です。

降ろしてみると潮が速いっていうより、ねじれてるって感じ。2枚潮?底立ち取ると、仕掛けが船下に入り気味で右の潮のよう。しばらくして右の胴の間の方が40センチ超の良型を上げて船上が活気付きます。

アマダイはタナを見つけるのが全てって事で、砂に潜って顔だけ出して上を覗ってる奴さんの鼻っ先に刺し餌を持っていくイメージでタナを探ってみます。みんな手持ちで誘ったりタナ探ったり。しかし、この北風が殺人的に冷たく10分もしたら手に感覚が無くなって、いつ竿落っことすか冷や冷や。

餌取りは多いのか少ないのか?いつもを知らないからわかんないけど、餌を取られるってよりトンボ(ひめ)にトラギス、ムシガレイ、アカボラ、サクラダイってとこが釣れてきちゃいます。その度の餌付けは、ぽろっ、ぽろっとオキアミ1匹を摘まめない程に指先の感覚なし。


それにしても潮が変!たかだか2mの2本針仕掛けなのにオマツリが酷い。仕掛けがドンドン出されるほど速くもないし、初心者がいる訳でもないのに船中あちこち、反対舷とオマツリ。しかも何故か仕掛けがグチャグチャ団子になってる事が多く仕掛けの消耗が激しい。

1時間ほどやって船中3〜4本?出たところで8時半。「今日は城ヶ島沖(大アマダイのポイント)は2枚潮が酷くて釣りにならないから行きません。」と、亀城根を後に北上。


しばらく走った先は稲村ケ崎の前、鎌倉沖100m。「ここも大アマ出る場所だから注意してね」と開始。ここは仕掛けがまっすぐ落ちてイイ感じ。底立ち取るとまたやや右の潮ですが、ほぼまっすぐ立ちます。この頃になると陽も昇って随分楽になり、北風も緩んで手の感覚も大分戻ってきました。

ここでは、船中どこかしらでポツポツ顔が出始めます。たまにバラしちゃう人いるみたいで「しっかり合わせてっ」とか「アマダイだと思ったら手で巻いてきて。電動いきなり入れちゃうと切れちゃうからね」っと活気が出てきます。

しかし、そんな活気を他所にTETSUさんとオレに釣れてくるのは朝から変わらずのゲスト達。あ、ここに来てカタクチの1荷とサバが1回。投げた魚を横取りするのは東京湾じゃカモメってのが一般的だが、ここじゃデカいトンビがピーヒョロ、ピーヒョロ奪い合って恐っかないぞ!

 オレ「何が違うんですかねえ」
 TETSUさん「まったくわからん。鰯を釣ってるの俺達だけだ。そこに問題が隠れてる気がするぞ。」
 オレ「アマダイこんなに難しい釣りでしたっけ?完全にナメてましたね」
 TETSUさん「まったくだ」

オレの隣のおじいちゃんは、順調に数を伸ばし5匹目。その隣のおじいちゃんは40オーバーのデカアマ2匹釣ってと、周りは決して釣れない訳じゃないのに。。手を見てみても底立ち2回取ったら1m切って、あとはたまに1時角度まで竿をゆっくり立てて降ろすってだけ。仕掛けも先針の上20センチ位にガン玉打ってるくらいで違いは無い。


少し東寄りにずれて由比ヶ浜の前、80m。ここでもポツポツ拾っていきますが、コチラは相変わらず。だんだん、もう魚の顔見れなくっていいから”何が違うのか?”教えてほしいって感じです。

残り1時間。さらに東に移動して、葉山沖60m。「ここは白アマダイも出るポイントだからね」と開始。船長がオレ達ふたりの所にやってきて、

 「アマダイ釣れた?」
 「いえ・・」
 「そっか。あと釣ってないの、お客さん達だけだからさあ、頑張ってやってみて」
 「はい。。。orz」

 オレ「こんだけお客さんいてオレ達だけですって!」
 TETSUさん「薄々気がついていたよ。。」

相変わらず釣れるのは(コラコラコラーーッ!)っとトンボの1荷に、ムシガレイ。TETSUさんがやっと、らしいアタリでホウボウ。

なんとかアマの顔みたい!と最後まで悪あがくも14時。「はい、これで上がっていきますから片付けお願いします。」っと終了。船長が何匹釣ったか聞いて回って、俺等には何匹と聞かず「残念でした」って。。。orz。船中35匹だったってさ。

確かに亀城じゃ手がかじかんでサボったけど、後はかなり真面目にやったんだけどね。まったく最後までわからんかった。なんだろう、この敗北感ww。ま、とにかくお疲れ様でした。これに懲りずまた付き合ってくださいよお。


TETSUさん!こんな納竿でいいんですかあーーっ!?!コテッ



沖から見たら海岸線が流れてたんで「のんびり帰るか」と海岸線から帰ったら、途中で黒い制服に腰からピストルぶら下げたサンタが路地の影から飛び出してきて幸せの青い切符をプレゼントしてくれました。ツイてない時はこんなもんだw。メリークリスマス☆



【本日の釣果】
  トンボ、トラギス、カナガシラ、ムシガレイ、アカボラ、カタクチ、サバ

【今回使用した道具】
  ROD : ダイワ リーディング−XLアママル
  REEL: ダイワ レオブリッツ 270MM



 12月 11日  もう少し敷居の低い釣りでお願いします。




 ■ 大原港  広布号 ■ はれ  大潮 ■ 釣果   ボ 

今日もOセンセのチャーターに乗っけてもらって大原の「広布号」さんからキャストの平政。釣り番組で秋丸ちゃんが玄界灘でやってるアレですな。

ルアーをキャスティングしてトップ(海面)を引っ張ってくると \ボコッ!/ と海面割って喰いついてきてアドレナリンが全開って話です。(ま、ソレもコレも当たればの話だべ?)と行く前から懐疑的なオレに、「Oセンセ、絶対たけに釣らせるってっからさあ」って言われてもねえ。(マグロん時もそんな話聞いたがw。)



今日は久々の午前船。3時にちょろ松さん家を出発し5時前に港に到着。ここ数日、冷え込みがキツイのでヒートテックのフル装備+長靴にフワフワの中敷きを準備して正解。ホカロン買ってくるの忘れてコレは失敗。今日はOセンセ、ちょろ松さん、オレ、あと上乗りさんと船長の5人です。道具を積み込んだら船に乗り込み準備します。

トップ用とジギング用。トップのタックルはOセンセに一式お借りして、上乗りさんにラインシステムからルアーまで縛ってもらって準備完了(汗)。ジギング用は自分で持ち込んだメジふかせのタックルにジグ(CBマサムネ135g)を船長に縛ってもらって準備完了(汗)。

ルアーはそこそこ大きさがないと飛ばせないからと、今年相模湾のマグロで使ってたあのサイズ。シルバーに背黒が鉄板とか。ジグもシルバーの物が良いそうですが、船長や上乗りさんはルアーもジグも外房で実績のあるグリーン系使ってるみたい。そんなで5時半。「じゃ、そろそろ行こうか」と港を後にしました。



今年は4年振りに勝浦でカモシがブレイクしているらしいので、三本松とかのポイントに向かうのかと思いきや、真沖に向かいます。30分くらい東に走って、まだ陸(おか)が見える位置でスローダウン。南の微風に軽くポチャポチャ。快晴の空にちょうど御来光で良い凪です。

「右舷でトップ、左舷でジギングやってみて。水深はねえ、30mで浅い所は15m。」

根っ子のテッペンをエンジン流しで流していくみたいです。センセの高そうなwルアーをロストしたくないので、とりあえず最初は左前で自分の道具でジギングする事にしました。Oセンセは右前、ちょろ松さんは右後ろでルアーを投げます。

早々にちょろ松さんがルアー飛ばしちゃって(コラコラコラ)です。船を回して回収ですw。(まったくよお)っと皆と笑いながら心じゃ(ふう、良かった。ジギングにしておいて)と胸を撫で下ろします。



こちらはというと、上乗りさんが横に付いてくれて手取り足取り。アンダースローのキャスト、サミングしての底立ちタッチ&ゴー、ジグのアクション。一緒にジギングやりながら教えてくれるので助かります。

とはいえ、バーチカル・ジギングは予想通りオレには向かない釣りw。ジャカジャカ巻き?ジャークっての?リズム感がない上に、釣れても釣れなくてもニコニコしながら半日アレをやれるほどMぢゃないし体力もないw。

竿尻を脇に挟んで左手でグリップを持ってアクション、右手でリーリング。何処で喰うかわからないからと底から水面までキッチリと。難しくてできないよ!っと駄々こねると上乗りさん、「ゆっくりでいいからジグにしっかりアクション付けて」って。

人差し指と中指でリールシートを挟まないとリール巻けない昔からの癖。だんだん指が痛くなってきた。利き手じゃない左手のアクションもキツく、だんだん握力もなくなってきた。明日は間違いなく筋肉痛だ。左ハンドルじゃなきゃダメなのか?そもそも6500番のリールはジギングにはデカ過ぎだ。ルアータックルは特にバランスが大事。



一度、15mの浅場で着底、即根掛かりでマサムネをロスト。しかも高切れで、また上乗りさんにラインシステムから作り直してもらい大汗。

「折角縛ったんだから」っと、気分転換にトップのルアー投げようかな?と思ったけどトップも反応ないらしく。Oセンセとちょろ松さんもジギングに変更。

この二人も(それ、シャクリ?)って感じでジャークができてなくってオレだけじゃないんだと、ひと安心。「いーんだよ。こんなのヒラヒラさせてりゃ喰ってくるから」とOセンセ。(ホントかよ?!w)


何度か流し変え、船長も上乗りさんも投げてジャークしてと頑張りますが、9時過ぎ。「ダメだなあ。カモシも釣れてないって。鯛の道具ある?ひとつテンヤやりましょうか?」とギブアップ宣言。ひとつテンヤやる事にしました。



Oセンセにこれまた道具をお借りして、海老が配られ準備。パラシュートを入れると、潮が2ノット位あるらしいので重めの12号カブラを船長にもらって開始です。

水深は60〜70m。潮で左舷が船下に仕掛けが潜らないのでって事で、左舷に前からOセンセ、オレ、船長、ちょろ松さんと並んで開始。やはり潮が速いようで12号でもなかなか底立ちが取れません。道糸がアチコチどんどん斜めって、て感じじゃなく比較的立ち気味だけど底立ち取れないんです。

Oセンセに「これ使ってみな」と鯛ラバ80gのヘッドを改造した「スーパーヘビー」なカブラを借りて、なんとか底辺りに上手く送り込めたかと思うと、ガツガツされてご馳走さまって針だけになって戻ってきます。裏で上乗りさんが掛けたようですが、これはソーダ。オレも回収してきた時に喰い付かれてソーダ(汗)。



「出ればデカそうなんだがなあ」とOセンセも、ちょろ松さんがワームのダウンショット・リグで釣ったウマヅラ1匹が釣果(??)らしい釣果で釣りになりません。

3か所ほど変えて1時間ちょっとやるも、型出ずに「時間ですので上がっていきましょう」と終了。30分ほど走って11時45分に帰港。午前船だったからか、初めてのジギングのせいか、沖上がりはグッタリw。

朝方は良い凪に釣れそうな感じだったみたいだけど、開けてみれば反応なく。どうも前日に吹いた南西でヒラマサの群れがどこかに行っちゃったみたい。上手くいきませんなw。周年専門にやってる山正丸さんでも苦戦したみたいだから仕方ない。

漁協の生簀は、石鯛、ホウボウ、黒鯛、ヒラメにサメでした。午後便も引き続き乗るOセンセを置いてちょろ松さんとオレは退散。ラーメンを食べて3時前には戻って来れました。

皆さんお疲れ様でした。またよろしくお願いしますね。あ、次回はもう少し敷居の低い釣りでお願いしますねww。



【本日の釣果】
  ボ

【今回使用した道具】
  ROD : ダイワ ソルティガ スパルタン 63S-5/6
  REEL: ダイワ ソルティガ Z6500 EXP



 11月 13日  ジジーーーッ!にやり




 ■ 南伊豆 手石港  恵丸 ■ はれ  中潮 ■ 釣果   ボ 

今日はOセンセのチャーターにちょろ松さんとオレも乗せてもらい、南伊豆は手石港「恵丸」さんから大島のマグロです。昨年くらいからセンセがハマってる大島マグロ。今年はもう型物6本獲ってるそうで、数日前も自己新の80キロを獲ったばかり。船宿HPの写真も圧巻。

そんな折、ちょろ松さんが「喰ってるからいくぞ!」っと指令がくるも、さすがにマグロは敷居が高いw。「Oセンセが道具からみんな貸してくれるから」と押し切られ、噂の大島マグロ釣りがどんなものか、50キロオーバーのクロマグロがどんなもんか、と見学がてら行く事にしました。


目指すは下田。港に3時半集合。いつものようにちょろさん家で落ち合い、12時に出発。3時前に港に着いたので、荷物を船に積み込んでいるとOセンセとYK船長も到着。Oセンセの膨大な物資wを手分けして積み込み、準備を済ませ港を後にし・・・ようとした所で船長、軽トラにお弁当忘れてUターン&岸壁タッチアンドゴー。改めて出発。



まずは餌にするサバを釣る為、白浜沖の五十番ってポイントに向かいます。まだ真っ暗ですが、ベタ凪に満月の月明かりが跳ね返って明るいです。ゆっくり進んで1時間ほどでポイント到着。すでに3、4艘の船が始めています。

サーチライトを海面に照射してサバ釣り開始。なんでも照らすとプランクトンがウワーッと上ずって、サバも下から持ち上がってきて釣りやすいらしいです。Oセンセとちょろさんだけ竿出して、オレは釣ったサバを拾って生簀に入れたり、一杯になったら生簀移したりとサバの世話係。

フラッシャーサビキ8本針仕掛けの上に水中ライト。「70mに反応!」って船長がタナ指示。タナ付近をサミングで止めるアクション付けながら降ろしていくと当たるみたい。釣れてくるのは30cmくらいの丸々とはいかないまでも、充分持って帰れるサイズのゴマサバ。


しかしこれが中々渋いw。3人で25〜30匹は欲しいってところ、30分程やってちょろさんの生簀には1匹。。。センセも2、3匹と嫌な感じ。「おっかしいなあ。あ!20mに反応でた。」と船長が言ったかと思えば、「60mで当たった」とOセンセw。上だ下だと神出鬼没。

出船前に「このあいだは○○丸、サバが取れずに大島行くの諦めた」とか聞いていたので、(いきなり中止かあ?ww)と頭に過ぎります。

陽も昇って空も明るくなってきたところでやっと喰いが上向きました。デカサバが3匹、4匹とサビキに付くと大騒ぎ。ちょろさんが慌てて手前祭りで2組も仕掛けダメにしたり、アワワして笑かします。充分餌も取れたので「じゃ、行ってみましょうか」といよいよ大島に向かいました。



センセにレクチャー受けながら1時間ほど走ると、目の前に大島です。こんな辺り。千波(せんば)沖っていうポイントだそうで、結構際です。いつも東京湾で釣りしてると遠くに見える大島。「大島で20m吹いてるって言うから、こっちもそろそろ吹き出すなあ」とか。その大島が目の前。ホントに大きくってちょっと感動かも。


センセに針を縛ってもらい、ドラグのセッティングもしてもらい、「もし喰ったら道具触らず(喰ったー)って叫んで。」っと絶対釣らせてやるっと至れり尽くせりのフルバックアップ体制ww。右舷前からちょろさん、オレ、センセと3人並んでの横流しです。筋を決めたところで「やってください」と釣り開始。

PE12号にリーダーを結んで針は管付き28号。サバは絶対直接手で掴まない事ってことで軍手着用。手で掴むと体温で焼けてサバに手の模様がつくらしく、大きいマグロほど賢くって模様がついたサバには絶対喰ってこないそうです。弱りにくい鼻掛けして、すばやく投入。

リールをフリーにして100mサバを泳がせます。横流しなので糸は自分の正面に向かって出て行きます。100m出したらストライクポジションに入れ、後は喰ってくるのを待つだけ。投入から全て、キーパにセットしたままです。



しばらくするとちょろさんの竿にアタリ!ひとり当てたら他の人はすぐ仕掛け回収して道具を上げます。オレも道具上げるとサバが頭だけになってる。???いつ当たったんだろう??ま、いっか。

50キロクラスじゃないと判ったからか?キーパーから外してスタンディングファイト。結構あっさり上げてきちゃうので小さいのかな?と思ったら、上げてみれば14キロのキハダ。本マグロじゃないのは残念だけど充分デカイです。デカいんです。デカいんですが頭が80キロのクロマグロ・モードなのでどうしてもね。



そして再投入。今度はセンセにアタってるみたい。ジッ。。ジジジっとティアグラから糸が引き出されていたと思ったら、ジーーーーッと一気に糸が出され戦闘開始!

道具を上げようとしたその時、オレのリールからも糸が引き出されます。「喰ったー!」っと助けを求めるも、センセもやり取り真っ最中ww。ちょろさん見ると仕掛けペラに巻かれてそれどころではない様子。仕方ないので聞いたとおり、ストライク→フルロックポジションにレバーぶち込んでリールを巻いてみます。

「竿立てて合わせろおおお!」とやり取りしながらセンセ。よくわからんがキーパーに付けたまま竿をあおって合わせます。竿を立てるとヌメーっとした引きにマグロではなさそな感触。

ひと巻きする度にズルズルズルーーっと出されちゃいますが、「ドラッグは調整したからいじらないように」とセンセに言われてたのでどうしようもありません。船長が飛んできて手伝ってくれます。

どうやらセンセはサメのようでバレた模様。オレもなんとか顔拝みたかったけど、バツンっと鈍い感触と共にハリス切れ。あげて見てみるとハリスがザックザク。マグロは同時にアタらないって事なのでサメ確定。



ナブラは出ないんですが、時折近くでマグロが豪快にジャンプする様子が見られます。その内、近くでやってた龍正丸で50キロが上がったと無線から。

オレも!っと思うも、(お昼前に食いが立つことが多いから、そこまではサバを大事に使って、その時に最低2匹づつ元気な奴を残しておこう)という作戦なので、どんどんサバを使う訳にもいかず。100m出して待つだけなので、気持ちだけ昂ぶるもこれまたやり様がないw。



しばらくしてちょろさんとセンセにアタリ。また同時なのでサメだな。案の定、切られて「針がいくつあっても足りないよう」とちょろさん。オレは仕掛け回収したらアタリも無いのに針が無くなってたので(フグ?な訳ないか)と思ったら、船長曰く「サワラだな」だって。

最初にセンセから針の縛り方をレクチャー受けたけど、ややこしくってとても覚えてられず(汗)、針を盗られる度にちょろさんとオレが縛ってもらうので、センセ今日だけで何本縛った事かww。



随分、マッタリしてきましたw。オムスビ食べたり、お菓子食べたり。ポカポカ陽気になんか眠くなってきちゃいますなあ。ウトウトしてると、後ろでセンセが「ジーーッ!!」とドラグ鳴らすので(ハッ)として見ると、「たけちゃん、頑張って」ってニヤニヤしてます。

終了は13時。昼ごろに喰うことが多いって話に、11時くらいから気合入れようという作戦と、睡魔のグラフが反比例です。そんな時、(目を覚ませ!)とばかりに、これまた目の前で妙法丸が30キロを上げます。しかも釣ったのはトシオくんのお兄さん(爆)

気合を入れなおし竿先に集中しましたが、気付くと良い凪にプレジャーボートが増えて結構な船数。船多いと魚にプレッシャー掛けるから良くないんだって。無常にも13時。「みんな帰り始めたから終わりにしましょう」と終了。2時間ばかりかけて帰港。



結局、10艘くらいで本マグロは↑の2本のみ。ま、船で1本づつ取れるような魚じゃないからこんなものか。でも、「オレには釣れなくてもOセンセはきっと釣る」と理由無き確信みたいなものが心のどこかにあったので、なんとかやり取りや魚の顔は拝みたかったなあ。

港に戻って、ちょろ松さんのキハダを解体して柵をお土産に持たしてもらい、センセが朝の餌釣りで掛かったクロムツをお土産に持たせてもらって解散。解体キハダ。サバの欠片もない胃袋に刺さった針、サバに鼻掛けした針がどうやってそこに掛かったのか?うーむ不思議だ。

帰りにラーメンを食べて、石橋で渋滞にハマリ、西湘BPで渋滞にハマリ、21時に何とか戻ってきました。Oセンセ、何から何までお世話様でした。ちょろ松さん、マグロお土産ありがとう。みなさんお疲れ様でした。



【本日の釣果】
  ボ

【今回使用した道具】
  ROD : Oセンセにお借りした Aiプラス マグロ竿
  REEL: Oセンセにお借りした Tica 20SD



 11月 6日  反応凄げえよお




 ■ 松輪港  美喜丸 ■ 雨  若潮 ■ 釣果   ハナダイ 5枚、マダイ 1枚 

さて、今日も釣りバカの例会で松輪の「美喜丸」さんです。金田湾で500g位ながらタイ、ハナダイがイナダ、カイワリ混じりで1日中ポツポツ数が釣れてるっつー事で、今日は鯛五目。潮があればアオリも。

ワラサもひと段落したからか(サメがいるらしい)、雨予報もあって港は比較的空き気味。K兄特製クジを引くと6番クジ↓。今回は2番クジ引いて艫に入ったS兄。今日はクジが悪いって言っちゃダメよww。5番クジの相模庵さんは右前、オレは右の胴の間に入ります。(今日は南で7時から下げ潮。若潮とはいえ、上げ下げが分かりやすい湾内。朝イチ以外は前の潮。。のはずw)


←相模庵さん オレ K兄さん
S藤さん S兄さん


前日「恒例だからボジョレー買ってこい」とS兄からの命令も、今年は17日らしいのでビールで我慢してください。さて、仕掛けは5〜6mの2本針。準備も済み定刻6時半。剱埼は潮が澄んで餌取り凄いらしいので、最初から金田湾を目指します。

金田湾も2カ所場所があって、片方はショゴ(カンパチの子供)混じりで鯛も比較的型が良いが、数が出るのはハナダイ混じりの場。船長のお勧めでハナダイ場に行く事にしました。

15分ほど走って金田湾沖の定置脇、水深40mから。周りは5、6艇の小ぢんまりした船団。海はベタ凪。雨は今は止んでますが、空は遠くまで厚い雨雲の1日雨予報。

昨日は6m仕掛けで下から10mで良く当たったとの事で、「今日は潮がないからコマセ上手く出してやって。たまに誘ってやってよ」とコマセを詰めていざ。

ブッコミで「喰った!」と相模庵さん。オレもブッコミにシャクリ入れ、キーパに置くとすぐクククンと竿入りました。相模庵さん、オレ共にハナダイちゃん。

すぐに入れ替え、タナを切ってシャクってやるとまた竿が入ります。今度は型が良いか?と上がってきたのは、上針にイナダ、下針にハナダイの一荷。入れ喰い、入れ喰い。そして今度は置き竿。横波で船がバッタン漕いだら竿先入って、カイワリ一荷w。ミニミニサイズですが。

も一発、シャクってやると気持ち良く入って、「お、ハナダイか?」っとよく見るとハナダイサイズのマダイさん。秋の鯛釣りっぽくなってきやがった!

(こりゃ良いぞ!今日はクーラー満タンぢゃあ!)とニヤけてたら、あら〜?パッタリ当たらなくなっちゃった。


とはいえ、周りの船では相変らず当て続けていて、「反応凄げえよお。ずっと出っぱなし!これで喰わなきゃ、なんかやり方悪りーよお。」と船長もヤキモキ。どうも、周りの船で右前がよく当ててるらしく、S兄がオレと相模庵さんにプレッシャー掛けてきますww。

タナが変わったのか?と上や下やと探りますが見つけられず。あのサイズの鯛なのにコマセ撒き過ぎたかな?アミとウィリー持ってくれば良かったな。てか、竿も長過ぎ。相変らず雨も降ったり止んだりハッキリしなくて、カッパも脱いだり着たりと面倒くさい。

相模庵さんがバシバシ赤いの当ててるので、朝イチはみんなそこそこ楽しめてると思いきや、後ろは良くなかったみたいで、S兄はハナ1、K兄は赤いの顔見てないらしい。あわわ。

こうなると、酔っぱ怪獣が徘徊し始めますw。ビールとアサリの煮付け缶を片手に、「ねえカワハギやろうよぉ」って道具も仕掛けもないですからっ。それ、餌になりませんからっ!今度は魚探に張り付いて「おっ良い反応出たぞ!しっかりやって!」と船長ばりな指示しはじめる始末ww。


仕方ないので8m1本針でマダイを狙ってみるとハナダイw。「おっ、こりゃあタイだ」と気持ちよく竿曲げてやり取りすると、今日は上がって来るまでに松輪サバに化けちゃうパターンのK兄w。サバ・スペシャル!!

前の船でクロダイを何枚か当てたので、低目のタナを狙ってみると竿が入って「クロダイか?」っと上げてくると、これも松輪サバに化けて相模庵さんとS藤さんの仕掛け巻いてゴメンちゃいっ!サバ・スペシャル。

ここは風裏で凪いでるけど、沖は南が吹いてきて時化てきたって。昨日は終わりがけにもうひと盛り上がりあったらしいので、なんとか諦めずに続けますが、12時もまわると臨界点に達したS兄がソワソワし始め、早上がりする事に。


「港に戻って来るの、オレら他の船に負けた事ないよなっ」って自慢か??w。そんな事言ってたら接岸直前、係留でアンカー沈めてる他船のロップをペラが噛み込んじゃって岸壁前座礁(大汗)。ヒデちゃん大慌て。なんとか係留してる船まで手繰り寄せて船渡りで下船(滝汗)。(ロップは結局、潜って外したみたい。)

宿に戻ってうどんを頂き解散。皆さま、お疲れ様でした。結局、ハナダイ×5にマダイ×1。ちょうど1週間前にここのハナダイをウィリーで狙ったototoちゃんが4枚だったって聞き、密漁師さん達と飲みながら「ヤツも腕鈍ったんじゃないの?うけけ」なーんて、からかってたらコレだよ。


さて。これから帰ってファンキーナイト@横浜!ゲッダーン!起きてられるだろうかw > ブログ



 ■今回御一緒させて頂いた方のHPはこちら↓
  相模庵さん 「釣りバカ亭主天国



【本日の釣果】
  ハナダイ 5枚、マダイ 1枚、イナダ 2匹、カイワリ 3匹、サバ 2匹

【今回使用した道具】
  ROD : ダイワ リーオマスター マダイ M−300
  REEL: ダイワ レオブリッツ 270MM



 10月 23日  悩ましいぞ




 ■ 松輪港  美喜丸 ■ 雨→はれ  中潮 ■ 釣果   ワラサ 1本 

今日は釣りバカの例会で松輪の「美喜丸」さんから鯛ワラサです。ワラサはだいぶ落ち着いた感がありますが、10月に入ってから鯛が好調で秋鯛らしく500g主体ながら数が出てるみたい。

イナダ混じりなら細ハリスとか2本針とかでチクチクやりたいんだけど、ワラサじゃ切られるの必須。10mからの仕掛けを何回も切られるのは面白くないし、ワラサの仕掛けじゃ鯛には太過ぎる。美喜丸でも前日ワラサ13本に鯛が数枚と、鯛の仕掛けじゃリスキーか?

 まったくもって悩ましい。


なんだか北が吹いた吹きっ返しで今日は南西。雨も朝方まで残るって話。「多分時化で中止だけど、とりあえず港に集合っ」と、今回欠席の相模庵さんの代理幹事はイカヅノ大佐。気持ちが油断したか、軽く寝坊して横々追い越し車線。港に着くと雨は降ってるけど風はそうでもなく。

5時過ぎ。乗合も準備し始めて出船確定の模様。そんな中、イカヅノ大佐から電話で「マヂ!?出るの?もうすぐ着くけど、絶対出ないと思ってたから道具積んでないよぉ、どうしよう」って(汗)。という訳で、今回S兄も欠席なので4名。クジを引く前から四隅確定w。こんな時に1番引くオレってww。で、釣座はこんな感じ。


←N兄さん K兄さん
←S藤さん オレ


「デケェのは5、6キロになってっから、朝は6号でやった方がいいよ。ワラサいらなきゃ細ハリスでもいいけど、鯛も朝は道具見ないから6号でも喰うよ。」って事で土壇場まで悩ましいけど6号で準備。イカヅノ大佐に見送られながらw6時半、出船です。

相変らずフルスロットルで向かった先は、松輪瀬の一番先端の吉ん出。海はちょっと波っ気はあるもののそんなに悪くないです。空が暗いだけかな?濁り潮。予報が悪かったからか、船数も乗ってるお客さんも少なめの様子に「こんな日はワラサ喰う事多いよねえ。今日は配当良いんじゃないのお、これえ?くぷぷ」とN兄達とニヤけます。


「はい、水深47m。下から10mでやってみて。良い反応出てるよ!」(やった!)っと開始します。

が。。周りの船じゃ鯛だワラサだとポツポツだけど喰わせてるのに、我船はアタリなし。15分、30分と時間は過ぎ、船長もイライラモードw。そのうちパラパラの雨がバチバチバチッとスコールの如く降ってくるし。「上手にコマセ出してやってよ。ほら、隣でまた喰わせてるよっ!頑張って!」

7時過ぎ。凄かった雨も雲の切れ間からお陽様がチラリ。あまりのアタらなさぶりに痺れを切らし、鯛狙おーって3号10mに仕掛けチェンジ。すると、前でN兄が喰わせたらしく「3号に落としたらすぐ喰ったってーw」なーんて船長と話してたら、「お!当たった!当たってるよ!」って後ろでオレの竿が海面に突き刺さってます。

強烈な引きは明らかにワラサ。3号だから祭ったら間違いなくバレるので多少強気に。10mの長さが功を奏したか?なんとか捕れて3キロ半ってとこ。前のN兄は切られちゃったみたい。

それを見たK兄。すかさず3号に落とすと、しばらくして「当たったー!バレター!」と竿を取るまでもなく瞬殺に苦笑い。どうも仕掛け見るみたいだなあ。朝、うちの船だけアタリが出なかったのはコレかあ?周りアテてるけどバラシも多いし。うちは前2人が8号、後ろは6号スタート。今日は5号か4号辺りで慎重にやるのが適正か?

気付いたのが遅かったか。相変らず周りではポツポツは喰わせてるけど、若干マッタリモード。コマセ制限もあるからメリハリ付けてやらないと、9時にはコマセ無くなっちゃいそうでこれまた難しい。少なめエコモードで近くの船でアタったら全開みたいな感じ。

 まったく悩ましいぞ!


潮が止まり始めた9時過ぎ。うるさかった餌取りが消えたので、上へ上へ上げてた棚を下へ下へと探っていくとホーボーw。船中オレのワラサ1本のみに「アジやりながらタイも狙えるから」と漁礁に向かう事にしました。船団を後にしたところで「金長が3本立て続けにアテたって無線入ったけどどうする?戻ってみる?」とUターン。

船を回してると横に金長丸。無線で「たけちゃんに頑張るように言ってえ〜だってさw」って、同情するなら鯛をくれ!w 再開するもさっきと変わらない光景。「もう少ししたら潮変わって動き出すから、それまでは軽くコマセ入れて上手に出してやって」と。気付くと陽も出て熱いくらいになってます。


そして10時半。残念ながら盛り上がりなく改めて漁礁へ向かいました。漁礁脇の水深70m。「6m位に詰めて、数欲しい人は2本針。鯛やる人は鯛の仕掛けでイイよ。下から10mまで反応ビッシリだよ。コマセ撒いてすぐアタらなかったら、コマセ出てないとか何かおかしいからね。」

アジは混じって1、2匹あればいいやと3号10mで鯛狙い。ブッコミで鰺ゲットw。「コマセ切らさないようにすぐ入れ替えて」と入れ替すとすぐアタって2匹目。10mの仕掛けで鰺なんか釣ってられっかと、出来のアジ仕掛け(2m)にチェンジ。すると前でN兄が鯛を上げた模様。すぐと続いて今度はS藤さんにも鯛。ヌオーッと鯛の仕掛けに戻すブレっぷり。

しばらくするとイナダがアタりはじめ、「あんな凄かったのに鰺の反応消えちゃったよお」と周り直し。S藤さんがアマダイなんか釣ったり、オレも嬉しいサバ(ゴマですがw)が釣れたり、K兄の鯛がイナダに化けたり、ソーダがイナダに化けたり。そんな感じで13時前。コマセも無くなったので少し早いけど終了。


相変らず1番に港に戻るとライダース着たイカヅノ大佐がお出迎えw。沖上がりに聞く直4サウンドが心地良い(爆)。宿でおそば頂き解散。皆さんお疲れ様でした。大佐も港2往復、お疲れ様でしたww。

結局ワラサ×1に鯛×ボ。ワラサの顔見れたし贅沢言えば怒られそうだけど、出船時のニヤニヤ思い出すとちょっと悔しい結果。昨日はワラサ13本+鯛数枚。今日はワラサ1本+鯛2枚w。でも今回は全部海のせいにできないような残尿感(周りはそこそこ喰わせてたからね)。

次回も同じような状況だったら、朝イチのフィーバーが無ければ即”バラシ上等作戦”に切り替えるのもいいかと。アタらないとバラしもできないからねえw。後はドラグと竿を最大限生かして如何にバラさずに捕るか。ハリスも3、4、5、6、8号と細かく用意し状況に応じて。あとアジの仕掛けねw。ん〜悩ましい。



【本日の釣果】
  ワラサ 1本、アジ 3匹、ゴマサバ 1匹、ホウボウ 1匹、ソーダ 数匹

【今回使用した道具】
  ROD : Aiプラス たけスペ6
  REEL: ダイワ レオブリッツ 270MM



 9月 24日  型も数も独り占め




 ■ 伊戸港  海老丸 ■ はれ  中潮 ■ 釣果   マダイ 1枚 


 (兄弟) 今日は?
 (オレ) 輪番の振替で仕事だよ。
 (兄弟) 明日は?
 (オレ) 暇だけど。
 (兄弟) 東京湾のワラサか、南房総の鯛か悩むな。
 (オレ) お、行くのか?ならカツヲに行こうよ!
 (兄弟) 南房総にするか。(おい!無視かよ)
 (兄弟) じゃ予約入れとくわ。(人の話ちゃんと聞けよ!カツヲだっつってんだろ!)


今週はマッタリの予定が、急遽前日アイツに拉致られ、伊戸の「海老丸」さんからマダイ。一昨日、直撃した@15号で上げてた船を今日から降ろしての出船。吉と出るか?凶と出るか?

2時にいつもどおり待ち合わせて、アイツの運転で港を目指します。順調に到着すると、おっきな@さんがいて今日乗るそうです。すごく久し振り。札を取りにいくと今日は6名。両ミヨシ以外は残ってたのでアイツが左、オレは右の艫を取りました。おっきな@さんは右ミヨシだって。

今日は空気がピーンと澄んでて星空が綺麗。あ、流れ星!(いや、ユアーズか?w)。というか、、寒い。真夏セット(Tシャツ、短パン、ビーサン)じゃ無理か?風邪引きそう。車に逃げ込むもすぐ時間になり船着場に移動です。

船に乗り込んで準備。最後に来た御2方がセットだったので左の胴に並んで入って左舷4名、右舷はおっきな@さんとオレの2名。定刻4時半。まだ真っ暗な中、ライトをつけたまま港を後にしました。そよそよ北風は風裏、海は穏やかなものです。ゆっくり東へ船を走らせると日の出。船を止めて平砂浦沖から。


「はい。XXm。5、6m降ろしてコマセ撒いてタナで待ってください。底まで落っことさないでくださいね。」と指示もいつもどおり。

数回、空振って入れ替えてると、ギュン!っと派手に竿が入りました。竿を取ると然程引かず1キロ。すると船中バタバタとアタリ出し、アイツも2枚立て続けに釣って「たけ!寄りだぞっ!寄りっ!」と、胴の間の方は3枚目だって。どれも型は揃っていて1キロ。手の平サイズは混じりません。

オレも2枚目!っと頑張りますが、手が悪く。胴の間の方がゴツい漁師仕掛けに夜光玉Wで釣ってるの見て、夜光玉追加したらフグかなんかに針取られたり、モタモタしてたら30分くらいでミヨシの潮に変わって、だんだんアタリも遠くなり終了〜♪「どうなる事かと思ったよ」って1時間。すこし深い所(といっても今の東京湾と同じくらいですが)へ移動します。


朝イチが潮変わり?モーニングサービス?マッタリしてきちゃったなあって思ってると、アイツがまた当てて手の平サイズ。ふと見るとオレの竿先もモゾモゾしてるんで上げてみると、チャリコ・・ 「上げたら降ろさないでくださいっ。はい。上げてくださいっ。」


平砂浦の比較的沖目を東へ西へとやっていきます。たまにウマヅラやイサギなんかも出るみたいだけど、今日は出ればマダイって感じで混じりが少ないです。そんな中、6時半。見るとアイツがまた当ててます。朝よりちょっと型が良さそう。やり取りの末、上がったのは2キロ半。

「この時期は1キロ位のしか居ないんだよな」ってマッタリしてる場合じゃないな。居るじゃないか(そらそうか)。真面目にやり続けないとっ!と思うと、アイツは道具を上げてお昼寝。おい!真面目にやれよ!

 

(ふっ、まあエエわ。せいぜい惰眠を貪るがいい。こういう中弛みに大鯛がくるのを何度も見ておるんぢゃ)




マッタリ。




お、起きよった。兄弟「どだ?釣れたか?」・・・いや。orz

9時半。またアイツが当ててます。(マヂかよw)今度は結構デカそう。糸ズルズルさせてます。慎重に上げて(おっ!良型っ!)っと5.1キロ。船に上げてもバタンバタンと暴れて元気まるまるモリモリ。やっててさぞ楽しかったろうな、コイツ。


兄弟「昼寝して、起きてサッと釣って。どうだ?効率良いだろ、オレ。」
オレ「お、おぅ。そうだな。。」
兄弟「もう見切った。これ以上釣れても困るからやめよう。」
オレ「魚なんか何とかなるんだからやれよ。」(まったく。何が見切っただ。運だよ、運。ちっ。)


と、続けてると程なく。(マヂかよ!)「さっきのよりデカいな。」とまたやり取り。しかしフワッとテンションが抜けて。バラシ。もういいやって仕掛け変えなかったから切れたみたい。(ウケケ。今のオレが捕っちゃる!)と席に戻って続けます。


残り1時間。ラストスパート掛けるも、竿が入るのはアイツの竿。まったくKY。もうイヤ。今度はそれ程でもなく1キロの出目金。(ホントに見切ってやがる!)

オレ「何やってる?教えろ」
兄弟「指示棚下6mでコマセ撒いて指示棚で待つんだよ。」
オレ「それ船長の指示どおりじゃねえか!とっくにやってるよ!」

残り30分。「仕掛け無くなったからやーめた」っとアイツ。道具片付けて再び昼寝。ダメだこりゃw。オレもやーめたっと×昼○ふて寝。なんか悔しいが昼寝は気持ちイイww。で、11時になって終了。結局、朝イチの1枚のみ。おっきな@さんはハナダイ1枚とやられ、兄弟は先の5キロ頭に6枚+リリース&バラシ。

「魚、どうしよう」と困り顔に(ウケケ。持って帰って家を出禁になるがよいわ、ウケケ)と負け惜しみ言うのが精一杯。完敗。勝因は(無欲)らしい。「やっぱ鯛は四隅、釣り座だよ。あ、君も四隅だったか。失敬」けっ。しかし、この偏り。久々にコマセ釣りが楽しかった。


宿に帰ってイカ汁の話して、連荘拉致られそうになったのでw脱出。おっきな@さんと3人でラーメン食って解散。3連休の中日で心配するも館山、アクアとも順調。いやあ、お疲れ様でした。兄弟、また頼みますよ〜。



【本日の釣果】
  マダイ 1枚

【今回使用した道具】
  ROD : ダイワ リーオマスター マダイ M−300
  REEL: ダイワ レオブリッツ 270MM


  
 9月 18日  銭洲にやってきてみた




 ■ 南伊豆 手石港  忠兵衛丸 ■ はれ  中潮 ■ 釣果   ボ? 

今日は生まれてはじめての銭洲。ちょろ松さんの仕立てで南伊豆手石の「忠兵衛丸」さんから。ものは試しと誘って頂いたのだけど、この手の釣りは勉強不足でまったくの無知。そもそも銭洲ってどこよ?ってとこからw

どうやらこんな辺りの海の真ん中にネープルスとかエビ根、ダルマとかっていう岩礁が突き出してる場所らしい。釣りはというと生き餌の泳がせでカンパチなどの大物を狙ったり、馴染みのあるコマセ釣りではアオダイやウメイロが釣れるそうです。ま、場所が場所なので、どちらも何が来るか?は未知数って話。

折りしも発生した台風15号と16号。さすがにWは無理だろうさと思ってたけど、前日連絡がきて出船するとのこと。あんな沖で時化?と不安になる。海は大丈夫って話だけど俄かに信じ難いw。ま、仕立てなのでガタガタ言っても仕方ないと腹をくくりました。

となれば、準備。何を用意したらいいのか?右も左もわからないので、前日夕方に釣具屋でちょろ松さんに付き合ってもらって仕掛けなど準備しました。一旦帰って夜の10時、また落ち合って出発です。

途中、宇佐美の餌屋で刺し餌を買いながら、渋滞もなく3時間ほどで下田の少し先、手石に到着。船宿の休憩所に入るといきなり玄関に200`マグロの魚拓。座敷に上がると天井一面に貼られた80`カンパチはじめ、モロコやらオオカミやらヒラマサやら化け物魚拓が所狭しとイチイチえげつない。

全員が揃ったところで、裏庭の小屋から氷を積んで港へ移動。道具を船に積み込み、長い航程で飛ばされないよう竿だけ船にヒモで括りつけたら、クーラー以外の荷物は持ってキャビンへ。3時過ぎに港を後にしました。二部屋に分かれた寝室はエアコン完備。どちらの部屋も二段ベッドが4セットあり、思っていたのとは違って充分な広さで快適。缶ビール1本飲んで眠りにつきます。



6時過ぎに目が覚め、窓から外を覗くと快晴。さすがにココまで南下すると海の色、空の色、雲の景色から全てが南国カラー。キャビンから出ると舳先越しに本で見た事のある岩礁帯。「わあ、銭洲だあ」と思わず漏れますw。心配した時化は何だったの?ってイイ凪に朝の陽射しがリゾートの朝みたいな匂いがして気持ちがイイ。フレッシュジュースとスクランブルエッグ、プリーズ♪

ネープルス脇に船を着け、最初に泳がせの餌にチビムロ(15〜20センチのムロアジの子供)を釣るので、アミコマセをパラパラ海面に撒きつつ協定の7時まで準備です。周りを見ると、とび島丸とか5、6艘。

釣座は下のとおり。今回はちょろ松さんに竿を借りて、チビムロとコマセ五目用でワラサ用の短めの竿にレオブリッツ、泳がせ用の竿にオシアジガーを着けた2本を準備。まずは泳がせ釣りの餌にするチビムロ釣り。アミコマセの片天秤仕掛けに30cmクッション+6本針サビキ。ホントはサビキの先に10号位のオモリ付けるみたいだけど、忘れてきたから吹き流しでイイや。7時になってはじめます。


←シンノスケさん オレ プーどんさん   ちょろ松さん Oせんせ
←密漁師さん 密漁師ご友人 こじこじさん ototoさん TOBI奥様 TOBIさん


「上から5mでやって」 しばらくコマセを撒いていると海面にムロアジの群れがウジャウジャw。プーどんさんが早速掛けて「たけちゃん、タナ2mだ!」笑。2m降ろすとビビビッとアタってチビムロget!足元に置いたデカバケツに入れていきます。

「餌はいつでも釣れるから、そこそこ捕ったら泳がせ始めてよ」っと船長。瓶に5匹入ったので早速泳がせ。泳がせ仕掛けは150号の捨てオモリ、30号2mに18号管付き針。チビムロを鼻掛けして底まで落とします。

「底から20m位まで探ってみて。落とす時もゆっくり落として探って。」と当たりダナを探って釣るようです。「探っていくとチビムロが嫌がって暴れるタナがあるから、そこで止めて喰わせるんだ」と、岩礁帯なので根掛かりに注意して、底立ち取ったらすかさず仕掛け分2mちょっと底を切って、そこからゆっくり巻きながら暴れるタナを探していきます。しばらくすると、裏でTOBIさんが喰わせて6キロくらいのヒラマサが上がったみたい。



朝イチあちこちで竿が入って。。ってのをイメージしてたけど、どうも様子が変。静かなものですw。他の船でも魚が上がるのが見えません。潮が速いからか、岩礁脇だからか、船がねじれて動くのでなかなか仕掛けが立つ時間が短く、しばしばオマツリ。それでもネープルス!1時間くらいは降ろす度にワクワクでしたが、8時半になるとチビムロが無くなったので(抜かれたんじゃなく単純に消耗)、ムロ仕掛けを降ろして2、3匹補充してまた泳がせます。

なかなか喰いついてこないしムロが切れたので、気分転換にコマセをもらって五目。ムロの道具をビシを100号、仕掛けを6号6m、2本針の五目仕掛けに換えてオキアミ餌で。タナは40m前後を船長の指示に従って。コマセを振るとガツンと当たって1キロ位あるんじゃないかと思うほどのデカイサギw。やり返すと今度はチビムロww

銭洲まで来てコマセ振ってんじゃねえよ、と言わんばかりに五目にチビムロが掛かるので再び泳がせ。しかし状況変わらず。9時前、一向にカンパチが出る気配ないので「ダルマに行ってみます。」とネープルスを後にします。引き続き泳がせもできるけど、コマセ五目でウメイロが釣れるそうです。



しかし今日は潮が悪いのか?お土産釣りもままなりません。どうやら上っ潮がかっ飛んでて、底っ潮が動いてないようです。ここでも船がスネーキングで相変わらずよくオマツリ。どうもオレは裏方の密猟師くん仲が良いようでよくマツるw。どんだけオレの事、好きやねんってww

ウメイロ釣りたいのにたまに当たったと思えばデカイサギorz。「裏でototoちゃんがウメイロもう7匹釣ったみたいだよ」と聞くも、ロボで7匹しか釣れないんじゃ、オレに釣れるわけないじゃないか!と情報逆効果。オキアミにイカ短を付けてやってるみたいです。

潮がますます速くなってきたのか、「ひと流し、1回の投入でやって。やってって言ったらみんな同時に入れてね。タイミング外すとオマツリしちゃうから。」って、キンメかよww。ハイ上げてっと仕掛けを手繰ってると、プーどんさんとWヒット。ソーダゲット!おっ、スマだ!!ラッキーww

後ろでOセンセがひとつテンヤ落っことしてイラw。ちょろさんはジグ落っことして当たりなしw。ちょろさんが在庫仕掛けをくれたので、さっそくプーどんさんが使ってみるとウメイロ一価。やるな!在庫仕掛けww。


ダルマ周りをポイント変えながらやっていきますが好転の気配なく、「すこし深い所でアオダイ狙ってみます」と岩礁から離れて70mから一気に10m掛け上がる切り立ったポイント。残り時間も1時間ないので心残りないよう泳がせてみる。No Atack,No Chance!。しかし底立ち切り直すたびに10mくらい上がったり下がったりに根掛かりビビッてコマセに戻す(笑)。

そんな事で「はい、この流しで上がっていきますからね」と1時までやって終了。クーラーの中身、イサギ2匹にスマ orz。結局、期待の泳がせは朝イチTOBIさんが釣ったヒラマサの隅一。道具を片付け、竿をまた船に括りつけたら着替えてビール飲んで就寝w。


また3時間ほど爆睡して目が覚めると港へ戻ってきました。荷物を降ろして船宿に。大船頭が「今日は最悪だったねえ、あの潮じゃあダメだ。あのヒラマサがあそこにいた船の中で唯一の魚だったよ」って。。なに?w 「温泉入りたい人は入ってってね」と朝は気付かなかったけど、休憩所の横に”ゆ”の暖簾!さすが下田!ちょっと休んでお会計して解散。


3連休で心配したけど伊豆海岸線R135はガチピタ渋滞なく比較的スムーズに流れ、最後に西湘バイパスで捉まったけど4時間弱で。ラーメン食べて終了。

いやあ、銭洲でもこんな渋い日あるんですねえ。カンパチは仕方ないとしても、せめて五目は入れ喰いになって欲しかったですが。ま、これも釣りなので仕方ない。それでも時化なく気持ちイイ凪で釣りもできたし、ネープルスも拝めて良かったな。

ちょろ松さん、幹事と行き帰りの運転お疲れ様でした。参加された皆さん、お疲れ様でした。またヨロシクお願いしますね。



【本日の釣果】
  イサギ 2匹、スマ 1匹、ちびムロ 沢山(←これは釣果か?w)

【今回使用した道具】
  ROD : Aiプラス 泳がせ竿 / Aiプラス ワラサ竿
  REEL: シマノ オシオジガー4000P / ダイワダイワ レオブリッツ 270MM



 9月 11日  釣って良し食べて良し




 ■ 松輪港  美喜丸 ■ はれ  大潮 ■ 釣果   ワラサ 3本 

今日は4カ月ぶりの釣りバカの例会で松輪の「美喜丸」さんから。釣り物はもちろん、連日釣果欄を賑わしてるワラサです。

1年前にした予約にしちゃあ今回かなりのストライク。お盆明けから剱埼で喰い出したワラサ。台風抜けたら久里浜でも爆って漁場が移るも、依然好調キープで東京湾はワラサフィーバー真っ盛り。なんでも今年はイワシ主食で脂の乗り良く、型も3〜4Kアベ。デカいのは5キロ以上あるって話。まさに釣って良し食べて良し。

という事は釣れてりゃ人も来るって話。「のんびり来ると駐車場に止められなくなるよ」なんて脅されたもんだから、6時出船だけど港で寝てようと1時前に港に着くとすでに普通に満車で閉口です。奥になんとか停めて仮眠し4時過ぎに起きてみると、(なんじゃこりゃ?)次々と車が入ってきて、終いには車が行き来する通路にも車詰めだしもうテトリス状態・・「これじゃ出られないぢゃん!」

船着きにいくとコチラも人とデカいクーラーでごった返しの正に祭り。乗船時間になり全員揃ったところでクジ。おしっ!3番!で、釣座は↓のとおり。なんか最近少しクジ運いーぞw。「朝は8号6mでイカ短使ってみて。」と準備。ふと見ると、いつの間にか操舵室の後ろにエアコンの室外機が増設されてます。美喜丸改!今年も暑かったからねえw


←イカヅノ大佐 N兄さん オレ
←K兄さん S兄さん 相模庵さん


定刻すこし前に港を出て沖で待機。わらわらと船が出てきて、乗合どこも間隔1mで片舷20以上の満員御礼。凄げえなあ。そして6時、全船フルスロットル。ポイントに向かいます。てっきり久里浜に向かうのかと思いきや剱埼沖、千葉よりのポイント45m。物凄い大船団、しかも乗ってる人の数も凄い。



「上からでも下からでもやりやすい方でやって。上からなら34m、下からなら9〜10m辺りやってみて」と始めます。艫の潮がトロトロと良い感じ。ぶっこみで当てたのはK兄さん。K兄は水曜にも久里浜いって8本釣ってきたとか。どんだけワラサ好きなんww。一気にたたみ掛けるかっ!?っとコマセ一生懸命振るも、後が続かず。

「いつも1匹上がるとバタバタって釣れるんだけどなあ。反応はあってこれで喰わないのは変だなあ」と。魚はいるけど口使わないって。それでも諦めずにやり換えてると、モゾモゾっと前アタリからギューンと竿が入って(うひょおー!来たあ!)

レオのフルロックをズルズル引き出すわ、竿はグリップからグニャリだわ。楽しい!遊ばせたい衝動に駆られますが、ここは祭り。次につなげるべく親指ドラグとポンピングで一気に巻き上げます。で、上がったのは3キロ半から4キロってとこ。長さもあるけど太さが凄い。久々にクーラーに曲げないと入らない魚釣った!いやあ、面白かった。プシュッと秋味が美味い!


しばらくしてN兄にもアタって同サイズ。ちょっと間をおいてイカヅノ大佐も喰わせます。今日は右舷がイイ模様。しかしココまで。パッタリで噂に聞く「朝イチ、入れ食い早上がり」ってのには程遠く。周りもたまにタマが出るだけで、置き竿がユラユラ。

こうなってくるとS兄が荒れてくるのがここ最近の例会パターン(汗)。何本飲んだのぉ?って位グデングデンのベロンベロン。船上徘徊しはじめて、久里浜行けだのN兄のクジが悪いだのと絡み酒ww。大佐とN兄が、からかって燃料なんか投下するもんだからますます炎上(爆)。


「なんだか話が違うねえ」なんて相模庵さんと駄弁ってると、「たけちゃん!アタってるよ!やーりやがったな、こんちくしょー!」って竿が入ってます。「オレのワラサ、バラすなよ!」ってS兄のプレッシャー。なんとか無事に取り込んで同サイズ。今日はオレの席の日だな、こりゃw。

しかしやはり後が続かず。何度も”絶対喰う反応”が出て、その都度「一生懸命やってみて」と発破掛けるも空振りで、船長も「あれで何で喰わないかなあ」と困り顔。8時も回って「これから潮速くなってきちゃうけど、ちょっと場所変えてみるよ」っと大船団を後にして、少し際寄りのポイントに移動。



ここでちょっとやってみるも、「潮が1.5ノットくらいあるよ」とコマセでワラサやるには潮速すぎのようで、「ワラサやめて金田湾でタイでも狙ってみる?ソーダ出ちゃうかもしれないけど。行くなら早い方がいいけど、どする?」と船長。そちらに行ってみる事にしました。



下浦沖45m。金長丸の横に付けて始めます。「3号で長くても8m位までで始めてみて」とさっそく。+1から始めて餌が残るので±0、−1と落としたところでアタって300gでリリース(笑。

しばらくしたらワカシが船に付いてパタパタっと釣れ、今度はソーダが付いてパタパタっと。ま、どちらも困る程ではないけどソーダの反応が出たのでと廻りなおせばパッタリ。


お陽さまも昇ると2〜3日前からぶり返した猛暑が肌を焼きます。大佐、K兄、N兄とみんなTシャツの裾めくってメタボ全開でウロウロし始めたかと思ったら、終いに道具上げてクーラー効いた操舵室に入ったっきり出てこなくなりましたw。竿を出してんのはK兄、N兄とオレだけw。

「4キロくらいのデケエ鯛も出るポイントだから」の言葉を信じ続けていると、フワフワと竿先にアタリ。そっと竿を立てると一気に絞り込んだ。「喰ったあ!」

何度か鋭い突っ込みをみせる度、締め込んだドラグを引き出すので自然と顔がニヤけます。慎重に慎重に上げてくると、、、「あっちゃー」とイナワラ。残念!久里浜のワラサは少し小振りって話だから多分こんな奴なんだろうね。

「たけちゃん、グッジョブ!」っと、これで全員ワラサのお土産できた事だし、3号でのやり取りも楽しめたから良し。キリの良いところで11時で早上がりする事にしました。



港に戻って宿でお蕎麦。結局まさかの船中6本。予約ストライク!・・の筈だったんだけど上手くいかんw。お母さんも「あらあ、ずっとボーズ出なかったのにねえ、あらあ」と申し訳なさそう。大佐にひっくり返った話や潜水艦の話を聞いてブルーになった所で皆さん、お疲れ様でした。っと解散。の筈ですが、、、



駐車場がアレなんで帰れまテン。早上がり、まったく意味ねええええ!仕方ないので乗合が帰ってくるのを待ちます。今日は渋いから時間一杯やるんだろうなあ、トホホ。

待つ。ひたすら待つ。ちょっと小1時間仮眠して待つ。2時間程待って1時半。やっと乗合が戻ってきました。ガヤガヤと片付けなんかあって、駐車場を脱出できたのが2時過ぎ。その後、あの車が一気に出ればこうなるわなと海岸線はワラサ渋滞w。いやあ、しばらくはワラサやってる港には近付かない様にしよーっとww。


 ■今回御一緒させて頂いた方のHPはこちら↓
  相模庵さん 「釣りバカ亭主天国



【本日の釣果】
  ワラサ 3本、マダイ 1枚、ワカシ 3匹、マルソーダ 2匹

【今回使用した道具】
  ROD : Aiプラス たけスペ6
  REEL: ダイワ レオブリッツ 270MM



 8月 16日  ドキドキ ワクワク 泳がせ釣り




 ■ 毘沙門港  金長丸 ■ はれ  大潮 ■ 釣果   ボ 

今日はちょろ松さんの仕立てで毘沙門の「金長丸」さんから。当初は沖の瀬で泳がせヒラマサって予定だったけど、模様悪く剱埼でライト泳がせ釣り。

まず餌のアジを釣って、それを泳がせてワラサを狙います。去年末、漁礁のアジを追っかけまわしてワラサ狙った事あったな。あん時は漁礁でワラサ仕掛けにアジを喰わせてそのまま泳がすってやり方で、確か1回でも船に上げたアジには喰ってこないとかだっけ。

ご時世か?他の乗合船でもやってるサマータイム出船って例年より1時間早く出て早く上がるってヤツで4時半出船。2時にちょろ松さん家で落ち合って港へ4時。みんな揃ったところで乗船し準備を始めます。


←密漁師さん オレ
←お連れさん ちょろ松さん


何はともあれ餌が釣れなきゃ始まらない。港を出ると、満月のお月様が水面に映る暗闇の海を真沖の漁礁に向かってゆっくり進めます。ポイントに付く頃にちょうど日の出で周りも明るくなりました。慎重に船を反応に当てると「はい、やって。上から70m。タナ付近になったら、サミングで止めたりアクション付けながら落としてみて」

100号錘をぶら下げた胴付き6本針のフラッシャーサビキ(コレ)。言われたとおり、65mくらいから親指で糸の出をチョンチョンとブレーキ掛けながら落としていくと、ガクガクッとアタりました。

クッションも付いてないので、セオリーどおり低速で巻き上げると、1投目から50センチ位の漁礁の大アジが3匹。「な、たけちゃん。バカバカしくってコマセなんて使ってられないだろ?笑」っと船長。確かにね。

活き餌として使うので、なるべくササッと釣って元気な内に生簀に入れたい。漁礁の大アジは口も若干堅く口切れしそうにないし、って事で2投目は中〜高速で巻き上げた。そしたら口切れはしなかったけど、魚がデカいので6本中3本の針がスッ飛んでなくなったw。


釣って足元のバケツに入れ、5匹くらい溜まったら前の生簀へ。みんな上手なもんでドンドン生簀に魚が増えていきます。(これだけいれば充分だろ)とスローダウン、針数が減った仕掛けでサボりながらやっていきますw。途中サバも喰ってきたり。

まだまだ喰いは衰えませんが、1時間ほどやって6時。「もういいべ?やってみるか」と泳がせセクションへ。西へ少し移動して城ヶ島の東。毎年、ワラサ・イナダの船団ができるアソコです。


ちょろ松さんにお借りした泳がせタックルに、生簀からなるべく小振りなアジを選んで付けて投入。底から6m切って待ってみます。

そうそう簡単にあたるものじゃありません。4m〜10m位を探りながら、アジが暴れるタナを探して待ちます。基本、置き竿での待ちの釣り。手持ちぶたさから、ちょろ松さんと密漁師さんはひとつテンヤ落っことしてみたり。オレもジグ落っことしてみたり。


アジに変化がないので、城ヶ島横から剱埼灯台前の漁礁にポイント移動。変化なし。剱埼沖のコマセ船団に合流。しかしコチラも変化なし。たまにアジが異常に暴れますが、船団内を回遊してるワラサがきっと近くを通ったのかな?

アジを無傷なので生簀の消耗も少ない。今日は陽射しあるけど風もあるせいか心地良いくらい。


毘沙門の真沖に戻って気分一新。ちょろ松さんにガツガツっとアタりが出たみたいだけど、喰い込まず抜かれちゃったみたい。密漁師さんは朝のフラッシャー・パラダイス・アゲインとフラッシャーを落とすとサクラダイ、ネンブツの提灯行列の一番下にマハタw。入れ直すと沖メバル。久しぶりに見たww。

1時間早く上がる予定が、この状況に残業して12時。「これで上がっていこうか。」と終了。


今日は残念ながら顔見れなかったけど、コマセ船団も10艘くらいと小じんまり、ポチーンとイナダくらいしか見えなかったし、もう少し後なのかなあ?ワラサ。

上がって生簀のアジサバをクーラーに移し自分の餌にw。金長ファームの美味しそうなお茄子&おジャガ&オクラさんを頂きおかず充分。

みなさん、お疲れ様でした。またお願いしますね。



【本日の釣果】
  アジ 沢山、金長ファームのお茄子、おジャガ、オクラちゃん

【今回使用した道具】
  ROD : Aiプラス 泳がせ竿 / アルファタックル ARセイバー241
  REEL: オクマ タイタス / ダイワ レオブリッツ 270MM



 8月 13日  照りゴチ テリテリ




 ■ 本牧港  長崎屋 ■ はれ  大潮 ■ 釣果   マゴチ 1匹

(釣りしたいのに誰も誘ってくんないなあ)なんて思ってたら、誘ってくれ出すと日が重なったりw。

「12日、ヒラメの練習にマゴチやるよ。」とTETSUさんから朝練のお誘い。「12はアイツと南房なのです」と話すと、じゃ13にしようと。照りゴチ。真夏が旬のマゴチ釣りは知り合いにもファンが多い釣りもの。子供の頃の思い出深い魚()でもあり一度やってみたかった釣り。(では13でお願いします)という事で、今日は横浜本牧「長崎屋」さんからマゴチ。

出船は8時半ですが、その前に餌にするハゼを釣って行くので、TETSUさん家に4時集合。昨日の南房釣りから帰って18時には意識がなくなり、辛うじて目覚ましで起きたのが深夜3時半。なんつう生活リズムw。TETSUさんと予定どおり落ち合って、途中、鴨下丸の宿前の掘割川で小1時間ほどチョイ投げ。10匹位のハゼを確保し宿へ向かいました。


宿で受付と仕掛け一式を買って港へ。はじめて来た本牧港は船横に車を着けられ、乗船も桟橋があって楽チン。港も整理されていて綺麗です。早速クーラーを置いて場所取り。右舷前寄りに並んで竿を立てます。

貸し竿を借りてみたんだけど、結構ごつ目な道具立てwに「1日手持ちだから辛いかも。オレのキス竿使っていいよ」とTETSUさんに竿をお借りし準備。といっても、道糸の先に15号の鋳込み天秤+1.5mの仕掛けを繋ぐだけのお手軽タックルw。ふぅとDRYをプシュ。ギラギラ太陽の下で飲むDRYはたまんない。

出船が近づくにつれてドンドンお客さんが増え、最後には片絃15人の30名で満員御礼。詰めてズレて最終的にはオレが前から2番目、3番目にTETSUさん。出船直前に1人3匹づつハゼが配られて8時半。港を後にしました。


すぐにマイクで「ハゼは上顎に針刺して準備しておいて下さい」と言ったかと思うと、港出口の岸壁脇に船を止めると「はい、やってください」と⇒ポイント。(えっ、ここ?)と思わず聞いてしまったほど。

水深7m(汗)。底立ち取ったらハリス+10センチくらい底切って待ち。「海底の起伏があるのでマメに底立ち取ってください。それが誘いにもなりますから」とアナウンス。開始早々あちこちで取り込まれはじめます。

(まぢっ?こんなにバタバタ釣れるもの?)と竿先に集中してると、TETSUさんも相変らずの引きの強さを見せてまずは1匹。打ち直すと立て続けにきた2匹目は少し小振りだとリリース。さすが先生!釣り方教えてくださいっ!「仕掛けを少し詰めて、リールのクラッチを使わず竿の上げ下げで微調整すると良いぞ」とのお言葉どおり詰めてみると、なるほど確かにやり易い。


イージス艦のドック脇や横浜港へ抜ける水路口など、工場プラントを背景にいつもとは違って新鮮な気分。58センチ含む船中20匹以上釣れたでしょうか?まだいけそうだったけど、場所を休めるためか?水路を抜けて横浜港へ移動します⇒ポイント。

段々陽射しも強くなり、終始手持ちに腕がプルプル、口数も少なくなってきます。TETSUさんに借りた竿だけは海に奉納しないよう集中しなおす事しばしば。TETSUさんは竿休めに置き竿w。

オレの隣は両ミヨシに常連さんと突出しの上乗りさん。この御三方は次々と釣り上げ、左ミヨシの方にいたってはこの時点でツ抜け(10匹超え)だそうで。(隣でこうも釣られちゃ、オレみたいな素人まで魚がまわってくるはずないよなぁ)と少し諦めモード。


 静かにストイック!


実際やってみてオレが感じたマゴチ釣りの第一印象。外道が殆どないので喰えばマゴチ。だから、アタるまでひたすら手持ちで底立ち取り直しの我慢の釣り。

常連さんと何が違うんだろ?としばし観察するも、誘う訳でもなく、1ヒロ仕掛けで1mと少し低めのタナ取りしてるくらいで大差はない。試しに同じタナでやるも喰ってくるのは常連さんの竿。そら、そんな簡単に釣れるなら皆やるっちゅーの。

何度か回りなおして船中十匹くらい釣れたかな。そのまま少し下って八景島手前、富岡の突堤正面へ⇒ポイント。昔、陸っぱりヘチの黒鯛やったところだ。タンク蟹にカラス貝。懐かしいな。

ここは1発大物が狙える場所らしく、常連さんは大きめのハゼに付け替えてます。しかし、大物狙いのポイントだからか?それまでのポイントに比べアタりがすごく少ないです。


13時もまわって後半戦。「30分くらい走ります」と、ここで湾奥に向けて大移動。向かった先は鶴見のつばさ橋前の岸壁際⇒ポイント。。先に入ってた、だてまき丸さんの横に入って始めます。するとここでは最初のポイント並みに船中あちこちでアタってイイ感じ。

(でも釣れるのは相変わらず決まった人ばかり。オレには来ないんだろうなあ)っと不貞腐れてると、不意に竿先にゴツゴツっとアタリ!(き、きたっ(汗))苦節5時間。周りで釣れ盛る中、耐えに耐え抜いた末のアタリ。ゴゴッ、、ゴッ、、、ゴゴッ、、

「ヒラメ40、コチ20」とは「アタリがあってもしっかり食い込む前に合わせると餌を放してしまうから、アタリが出たら送り込んで20数えてから合わせなさい」という先人の教えだ。(※とはいっても、船宿の話だと7秒くらいでイイらしいです)

もうジレてジレて、どんだけジラすのー?って感じでなかなか喰い込まない。少しだけググッと押さえ込んだので(ここかっ!?)っとスーッと竿を立てると。。


 バレタ・・


「さ、帰ろうか?」と脳裏を過ぎったが、TETSUさんが釣ったラス1のハゼを貰い、気を取り直して再投入。

すると、まさかのアタリ再到来。ゴゴッ、、ゴッ、、、ゴゴッ、、グウーーーーッとさっきより判りやすく竿先を絞ったので、恐る恐る竿を立てると、しっかりした手応え。水深7mなのでアッという間に上がって、常連さんにタモ入れてもらったのは少し小振りながらも嬉しい初マゴッチ♪♪

 やったーー!なに?これ?あげぽよ!すげえー嬉しい!!

目印のピンを口に刺して生簀へ。TETSUさんも「良かったよ、釣ってくれて」とホッと安堵の表情。(たは、ご心配お掛けしました。)いやあ、ぶっちゃけ30人から乗って、隣が常連さんじゃ(終わったな)と覚悟してたけど、まさかね釣れるとはw。


「この場所、気に入ったよ!」と、すぐさまハゼをオカワリして3匹目のドジョウを狙いますが、そうそう簡単にはいく訳もなく。気付くと南が吹き始め海はポチャポチャ、陽射しも曇掛ってって涼しくなってきました。

「朝の場所に戻ってみます」と、また20分位走って⇒ポイントへ。やってみると、朝ほどは喰いは良くありません。朝の2匹で満足しちゃってずっと置き竿だったTETSUさんが、ここで7時間振りに1匹追釣w。そして15時半になり終了です。


港に戻ると、おしぼりとジュースのサービス。トップは左前の常連さんで19匹だそうですが、オデコの方もいたみたいなので、何とか顔見れて良かったです。この0か1かは大きい。

TETSUさん、混んでる休日に付き合ってもらって、道具から餌まで何から何までありがとうございました&お疲れ様でした。また誘ってやってくださいね。


TETSUさんを送って「いやあ、楽しかった。さあ、帰って寝よっと」と、家に帰るとS兄から着信。「剱埼にワラサ釣り行くぞ」 たはーっ、なんでこう集中するん?ww 兄貴ーい、さすがに無理ーい。おやすみなさいー(笑)



【本日の釣果】
  マゴチ 1匹

【今回使用した道具】
  ROD : TETSUさんに借りたキス竿
  REEL: ダイワ スマック100R



 8月 12日  ぼくの夏休み




 ■ 伊戸港  海老丸 ■ はれ  中潮 ■ 釣果   マダイ 2枚

 「母さん、僕のあの麦わら帽子、どうしたんでしょうね?」

昔、ユーサク主演のこんなキャッチの映画ありましたよね。先日、主題歌を歌われてたジョー山中さん?が亡くなられたと報じられてました。

兄弟が6月に行ったイサギで、宿に麦わらを忘れたとかで「取りに行くぞ」と。なんで君の麦わら取りにオレまでわざわざ南房くんだりまで来なきゃならんのだ? という訳で、今日は伊戸の「海老丸」さんからマダイ。

いつもどおり、2時に落ち合ってアクア経由で3時半に宿に到着。札を取りに行くと、今日は7名で残ってるのは左に2枚、右に3枚。折りしも連日の猛暑。釣れる釣座より日陰になる釣座。オレの過去のデータ(第六感)から左!そして4時半、船に乗り込みます。左ミヨシに兄弟、2番目(操舵室横)にオレが入ります。左はあとトモのお客さんの3名のみ。

 兄弟 「オレの麦わら見なかったか?」
 船長 「知らん」
 兄弟 「そうか、じゃ帰るか」
 オレ (をいをい・・)

熱中症対策に、クーラーの中は氷とスイカ、しこたま買い込んだ凍ったペットのドリンクとビール。そしてお弁当の冷やし中華でギウギウ。魚どころか宿で配る氷すら入る隙なし!準備も済ませ、さてさてと思ってると兄弟が慌てた様子でクーラーを開けたり閉めたり。「何をしとるか?」と聞くと「オレの飲み物知らんか?」と。どうやら車に置き忘れたらしく、慌てて朝から宿まで往復ダッシュ。

(ちっ。もう少しで灼熱太陽の下、オレがキンキンに冷えたジュースを飲むのを、恨めしそーに眺める兄弟の顔を拝めるところだったのによっ)


港を後に平砂浦沖に向かいます。前日の暑さが嘘のように、西寄りの風は涼しくって心地よいです。構えて普段塗らない日焼け止め塗ってみたり、普段被らない麦わら被ってみたりも若干肩透かし。早速、開始するも潮が速いらしくすぐに移動。ちょっとずれて再開。

早々に左トモの方が2キロ弱。そして兄弟にはウマヅラ、オレにはソーダ。兄弟にはイサギ、オレにはソーダ。船長にコマセワークをレクチャーしてもらってイサギ。しかしすぐまたソーダ。

7時前、イイ感じでやり取りして兄弟に2キロ。ちょっとお尻から極太が出掛かった、お便秘気味なレディ♀。むむう、悔しい羨ましい。あんまりこの宿ではやりたくなかったが、コッソリ針から1ヒロに2Bのガン玉装着!シャキーン!!すると、空かさずアタってお得意の手の平サイズ。リリース ・・・orz。


DRY2本目も(まだ涼しいなあ、こんな感じで1日できたらいいなあ)なんて思ってたら大甘かった。雲から出たお日様はジリジリ肌を焼き始めました。てか、お日様、真っ正面!日かげは右!オレの第六感、大ハズレ!

(仕方ない。スイカでも食うか。)南房総のきれいな海、きれいな山、青空に入道雲、そしてスイカ。[イイネ]ボタンがあったら押したいくらい。

こんなイイ感じに殺気が消えてα派が出ると魚も喰ってくるってもの。置き竿の竿先がギューンと入って「喰ったああー!」っと、リール巻きながら(うひょひょ)と思わず顔がニヤけてしまいますな。

「1キロ半はあるかあー?いひひ」と手繰ってくると、タイはタイでもアディダスの鯛。タモ持って構えててくれたオジイもヤレヤレとタモを引っ込めます(恥)

そして、兄弟にひと際大きなアタリ。必死に竿でためるも、ズルズル止まらず走られて4号仕掛けがハリス切れ。船長によれば大鯛。くぷぷ。


あ゛あ゛あ゛あ゛ーー 暑ぢい。もうイイんぢゃないか?上がっても。DRY3本目をプシュとすると、アタって500g。裏っ側では良型のマハタ。段々と西にポイントを移しながら続けます。

10時も回り(仕方ない。スイカでも食うか。)と残り半玉。こんなイイ感じに殺気が消えてα派が出ると魚も喰ってくるってもの。今度は兄弟がアテて本日最大の3.6キロの良型。しかも色も鮮やかに、これぞ鯛って感じの綺麗な鯛だ。

ここで右ミヨシの方が大きく竿を曲げるが残念ながらラインブレイク。それを見た兄弟、さっき仕掛けをブッタ切ったヤツの仕業っぽいと。首も振らないから大鯛かは??だけど青物でもない。かなり重量感あるヤツだったと。そして11時になり終了。


宿に戻ってホースで頭から水かぶると気持ちいいー♪。クーラーの効いた座敷で船長を囲んでの井戸端は、前立腺強打と竿先どこに行ったなんて話(あまりの暑さに脳ミソ煮えてウロ覚え)。ふと壁に目が止まる兄弟。ん?と見ると壁に掛かった麦わら発見ww ABワッペンが付いて無事回収w。良かったじゃねーかww。

帰り道、館山の海水浴場を横目に走りラーメン屋に立ち寄って塩分補給。お腹も膨れてフワフワしながらの岐路はデンジャラス。危険、危険っ!

兄弟、今年もお疲れさん。また頼みますね。あ、夜キンメかヒラメか?



【本日の釣果】
  マダイ 2枚、イサギ 2匹、ニザダイ 1匹、ウマヅラ 1匹、ソーダ 沢山

【今回使用した道具】
  ROD : ダイワ リーオマスター マダイ M−300
  REEL: ダイワ レオブリッツ 270MM



 6月 12日  あなたお手上げ、わたしもお手上げ




 ■ 大原港  広布号 ■ くもり  若潮 ■ 釣果   おさかな釣って券

今日は大原の「広布号」さんからひとつテンヤのマダイです。禁煙1年で自分へのご褒美に買った炎月デビュー、なんとかドラッグ鳴りまくりで魂入れたいもんです。去年のキーワードは「イワシ」と「鳥山」だったけど、今年は「北東時化後」と「暖かい潮」がポイントw。

いつもどおり9時に落ち合ってちょろ松さんと大原へ。11時前に港に着くと駐車場には珍しく沢山の車。今回ご一緒させていただくTOBIさん夫妻とプーどんさんが、岸壁でプシュっとやってるんでコチラもご一緒にプシュ。

午前船なかったみたいで車で船長登場。お客さんは結局9人。ちょろさんがクジ引いて、右舷に5人(よく覚えてたな!でかしたぞっ!!)。前からTOBIさん、TOBIさん奥さん、ちょろさん、オレ、プーどんさんと入って準備。船長に「カブラを2つばかりおくれ」って言うと「行ってみねえと判んないけど、10と12号かなあ?」だって。最近、潮が速いのか?準備を済ませ12時過ぎ、港を後にしました。


港を出てすぐ、際に沿って南下。ポイントまでの30分ばかり、TOBIさん夫妻とプーどんさんと話すのは、今が旬のベクレル話。略してベクばなw。着いたポイントは勝浦沖の水深60mです。潮色は薄濁り。概ねベタ凪ですが大きなウネリがあります。

早速始めるも、潮が速ええ!10号でも底立ち怪しい。エンジン切らずに操船したり、パラシュート打たずにそのまま流したり。底立ち取れないわ、オマツリするわ。潮っ型が悪ぁりいってえ。

左隣でちょろさんが何か引っ掛けた!お馬さん。「良かったな。」おっ!右隣でプーどんさんが何か釣ったみたい。「おお、ヒメですか。羨ましい。お馬さんとお姫さんに挟まれて、今日は釣れそうな気がしてきましたよ、ありがとう。」

「はいっ上げてください」ったら慌てるちょろさん。「何をバタバタしとるのかっ?!」と、見ると目先で跳ねる綺麗な魚体は1mくらいのシイラ。「なーにを引っ掛けとるか!棚ボケにも程があるわっ!」


ポイントを変えながら開始から3時間近く。船中、本命の顔を見ないままの嫌あ〜〜な空気。速潮にかなり送り込んで出たアタリは、ハナダイ(にしてはかなり小振りな)の擦れ掛かり。

なかなか顔を出さない本命に、5時前に大きく船を動かします。「折角、二日分の油使って勝浦まできたのにさあ、結局跳ね返っちゃったよお」と更に沖目へ。


さっきまでは2ノット位あった潮もここは0.3ノットと緩く、一気にやり易くなります。ここでやっとパラシュートの登場。しかし「なんだこりゃ?パラシュート入れると全く流れねえよお」っと今度は流れず苦戦。ホント、ひとつテンヤって潮次第だなあ。

相変わらず、気付いた頃に釣れるのは、ウマヅラ、マトウ、ハナダイ。TOBIさん夫婦も仲良く1枚づつハナ。陽も暮れてくるとTシャツ、短パン、ビーサンの夏コレじゃ寒くなってきました。無線から聞こえるは嘆き節と水温の教え合い。どうやら底潮が急に冷えたのが、鯛が口を使わない原因らしいです。


アタリが多くて飽きないのがひとつテンヤの醍醐味なのだけど。アタリがないと3時くらいからは飽きてしまっていて(汗)、「いつか来る、きっと来る」と、ひたすら忍耐、忍耐。これじゃコマセ鯛と変わらんっ!

 No!ノーピク! No more!ノーピク!

終了は陽が暮れるまで。18時をまわり、18時半をまわり。(もう道糸見えませんよ)。夏は日暮れが遅く実釣時間が長くって、ホントはお得感がある筈なんだけど今日は長い長い。仕立てなら3時まわったところで「帰ろ、船長」っていう模様。

顔を出さない本命に、絞り出すように最後の最後まで。最後にTOBIさんにアタって本命かっ?と思うもココに来てのホウボウ。そして19時、終了。まさかの船中顔見ず。結局、擦れのハナダイ赤ちゃんのみ。プーどんさんはヒメだけだからオレの勝ちだな、がはは。  orz


港に戻り道具を車に積んでると、船長が持ってきたのはイエローカード!屈辱のワカメ級の破壊力だぞ!☆★おさかな釣って券★☆!!

皆さん、お疲れ様でした。また懲りずにお願いしますね。20時に港を出て、帰りにトン太でラーメン、家に着いたのは23時前。なんだかドッと疲れてそのまま布団に倒れこみました。とさ。

それにしても見事な谷間ホッピング。オレでもギリギリ鯛の顔が見れてたひとつテンヤだったけど遂に土。ここまで鯛に嫌われたらある意味吹っ切れるってもんだw。鯛は釣れてる時に行くとして、どうせ釣れないならヒラマ・・ Σ( ̄Д ̄;)



【本日の釣果】
  ハナダイ 1匹

【今回使用した道具】
  ROD : Aiプラス たけスペ7
  REEL: シマノ 炎月 C3000HGMS



 6月 9日  釣り、魚信を求めて・・




 ■ 伊戸港  海老丸 ■ はれ  小潮 ■ 釣果   イサギ 20匹くらい

「木曜、行くか?」

どうやら繁忙の谷間らしく珍しくアイツから。(アンタ中心に地球は回ってんぢゃないわよっ!)っとも思ったが、またいつ行けるかわからんと言うので平日サボリーマン。折角の平日南房。久し振りにてつ丸さんの顔見たいなあって声を掛けると、「付き合ってやってもイイぜ!」っと嬉しいお返事。

というわけで今日は伊戸の「海老丸」さん。あ、鯛は7月っからだからイサギですよ、梅雨イサギ。チャンボ、チャンボ!模様もまずまずイイみたいだから、ここの所の貧果続きに終止符を打つべく、いざ!

2時にアイツと落ち合って房総の先っちょを目指します。兄弟と顔を合わすのは年末の大原以来だから半年ぶりか。開口一番「ガイガーカウンタ持ってきたか?」とは毒舌ぶり健在だな、安心したよ。

4時前に港に着くと8月に来るマダイの時より空が明るく、まだ6月だってのにプイ〜ンとヤブ蚊にやられます。札掛けには本日11名(イサギは定員14名)、3枚取って待ってるとてつ丸さんもやってきて「久し振りー」っと。てつ丸さんに至っては8年振りかっ!凄げえなw。ミクシィとかやってるとなんか昨日も会った感じだよ。

4時半になり船に乗り込み準備します。釣り座は右ミヨシから3並び。前からてつ丸さん、アイツ、オレと入ります。準備も済み港を離れました。今日はイサギなんで3人で”ゆるーく”数を競うことにしますよw。


向かった先は布良沖。鯛の場所より少し白浜寄りなのかな?ビシはサニーFL60号にアミコマセ、3m3本針仕掛けに極小イカ短をチョン掛け。上からの指示で20m前後をやっていきます。ベタ凪でやや曇りに期待も膨らみます。もちろん周りに船団もありません。少しだけ涼しい空気も、房総半島の新緑がキレイで気持ちいい。

イサギ狙いなんて間口で仕立ててた時以来、懐かしい。指示棚3m下でビシッビシッと撒いたら、スーッと棚まで巻き上げ仕掛けをその中に入れる。すると、すかさずクンクンッと当たって巻き上げるとイサギらしいキュンキュンと小気味良い引き味。

鯛と違って解りやすいコマセ釣り、鰺と違って口切れしないからイライラしない。イサギ最高!なかなか我慢できずに上手く追い喰いさせれないけど、当たったら少し巻いて待ってると、キュンキュンからギュンギュンとなって楽しい!


「大きいの狙って釣ってよお」って船長。殆んどが25〜30cm。2度ほど雑にアワせてエダスが飛んだ程。15センチ以下のウリンボは「可哀想だねえ」なんて逃がす余裕が嬉しいw。ウリンボばかり当たるとポイント変えていきます。「イサギは群れの上の方か?下の方か?どっちにいる奴が大きいんだっけ?をい!ちゃんと教えろ!」


「20も釣れば飽きて置き竿にしちゃうんだよねえ。でも今日は馬鹿にされないよう真面目にやるからね。」なーんて笑いながらてつ丸さん、バケツにみるみる内にイサギで流石。アイツは上手にウマヅラを引っ掛けてます。ウマヅラは誰に配っても喜ばれるからな、しっかりエラ切って血抜きするんだぞww。

なんか急に周りイサギ釣ってんのに、オレだけタカベ3連発。タカベは美味しいよって事でキープ。アイツを見ると立派なメジナとイサギの一価。

夢中になってやってると、少し当たりが少なくなって9時。「あと3時間もやるのかよお」っててつ丸さん(爆)。曇ってた空も陽が出てきてチリチリします。沖はホントに気持ちいいなあ。


少し伊戸の港寄りに場所を変えると、また少し喰いが立ってポツポツ釣れて。そんな感じで転々としながら飽きない程度にアタリもあって。ぼちぼち周りで釣れててもガッツク事なく、緩るーくお弁当食べたり、ビール飲んだり、お昼寝したり。良い感じ。

「今日は良くないねえ」って、てつ丸さん言うけど、東京湾の事考えれば全然楽しいんですけどぉ?(汗)でも何匹かは適当に引っこ抜こうとして外れちゃったり、確かに少しは喰いは浅いのかな?それでも3本針に全部ついた隣のおじさんとマツりながら6匹鈴なりとか、充分過ぎるw。

前半はビシ棚合わせてから少し置いた方がアタった(気がした)が、後半は馴染んだ後キュッとシャクって刺し餌を動かすとカツンとアタった(気がした)イメージか。

「おっ!こりゃアレじゃないか!」っとあぶってかも。即行キープw。そんな感じで「あと10分くらいやって上がります」。なんか試してたのか?もう少しやりた気なアイツ。終了。

宿に戻ってコーヒー飲みながら「今日は平日なのにこんなにお客さん来てくれてどうしちゃったんだろ?今週末も予約真っ白なのにさあ」なんて船長の話聞いて解散。今日は梅雨の合間で晴れたし凪も良くって、てつ丸さん、兄弟、船長に会えたし、何より久し振りに魚の引きを堪能(汗)できて楽しかったです。

てつ丸さん、今日は付き合ってくれてアリガトね!次は半年以内ですよ、ヘラメか夜キンメか貸竿でかもしw。またよろしくです。兄弟、お疲れさん。遊んだ分はシッカリ働くんだぞ、さつまーげ。また頼みますよ。


追伸:
持って帰ったイサギ、家用に少し取り置いてあとはトシオ君にあげたんだけど、小振りな方が脂あるんだって!欲張って型の良いの取っちゃったよ(>_<)シマッタ!


え?競争はどうなったかって?てつ丸さんが40超えくらい?アイツも40くらい?オレはリリース分とか、もう訳わかんなくなっちゃったけど多分76位釣ったんじゃないかなあ。あはは。



 ■今回御一緒させて頂いた方のHPはこちら↓
  てつ丸さん 「沖釣り房総族

【本日の釣果】
  イサギ 20匹くらい(リリースしたウリンボは15くらい)、タカベ 3匹、あぶってかも 1匹、ウマヅラ 2匹

【今回使用した道具】
  ROD : ダイワ リーディング−XLアママル
  REEL: アブ・ガルシア アンバサダー6500CL



 5月 15日  おもしろくなーぃぃぃぃ!




 ■ 松輪港  美喜丸 ■ はれ  中潮 ■ 釣果   BOSE

今日は昨年末から半年振りくらい今年初の釣りバカ例会です。松輪の「美喜丸」さんからマダイ狙いです。GWは酷い有様だったけど、明けてからは模様上向き?ちょっと良い感じに、最近では珍しく前の日に仕掛けなんか縛ったりして。

4時に港に着くと駐車場は既に満車。裏の離れに何とか停めてるとちょろ松さんが「よおっ」と。何でも今日はネット仲間のタイ釣り大会に参加との事です。今日は他の船宿さんでも震災チャリティ(Angler's Aid)などあるらしく、港は大盛況。久々に会う面子。恒例のクジで釣座は下記のとおり。準備済ませて定刻5時半に出船です。


←イカヅノ大佐  S兄さん N兄さん
←オレ 相模庵さん Kさん


今日は東京湾から出てくる大型船の数が多いのか?時間がちょうど合ったのか?何艘かの大型貨物の直前を横切るように、松輪の船が疾走しながらポイントに。ニアミスでクロス!危ない、危ないってえ。で、なんとか無事にポイント到着。イサギのようにかなり密集して船団。

気持ちイイ釣り日和。前日のウネリ残るも概ね凪良く。仕掛け10mで+10くらいを上からの指示で始めます。まずは18m(水深38m)から。仕掛けを上げると5月中だってのにクラドが絡み付いてきますが、潮は澄み潮。

開始早々、S兄にアタリ。やり取りにフワッとオレの竿先が跳ね上がってオレとオマツリ。で、魚も外れちゃったみたい。スンマセーン。

朝イチにコレやっちゃうと凹みます。外しちゃった分も釣らないとと、気を取り直して。しばらくして今度は右後ろのN兄にアタって1キロ本命。(おっ、今日は良いか?)と手返し。N兄もたたみ掛けんと入れ替え早い早いと爆笑。


良いか?っと思ったもののコチラは餌取り。GWの時みたいにどこまで上げても、って感じではないからタナを探します。ここのところ”仕掛けはシンプルイズベスト”とやってきたけど、最近のトレンドはややこしいらしいので本などを見よう見真似で。6号6m+3号4mの2本針をメジャーでキッチリ縛ったテーパー仕掛けに、ジョイントに3Bのウェイトと針にはフロート。ゴテゴテですが風が無いので何とかさばけます。

しばらくしてアタったのは左後ろのKさん。こちらはキロ半、赤金も綺麗な♀。羨ましいぞ!この時点で開始1時間くらい。朝イチの高揚も落ち着いてくる頃、顔見た後ろ二人と前側の温度差。オレもこの間、仕掛け回収で喰ったチンピラサバのみ。


「また家族に松輪なんか釣れないからやめたらって言われちゃうよ」、「久里浜行こうよお」と、毎度の貧価に松輪にくると最近荒れ気味のS兄w。少し深み(といっても船団内)にずらして上から25m。

S兄の悪態が目に余りだしたw8時前。「喰ったあ!」とS兄。竿が綺麗に弧を描き気持ち良さそう。「3年振りにきたよお(嬉泣)」と満面の笑み。上がったのはサビ出て真っ黒なノッコミの♂、3.1キロ。オメデトー。いやあ、良かった良かった。

現金なもので途端に笑顔で饒舌なS兄w。明暗クッキリ。釣果自粛中(笑)の前3人、大佐とオレ、相模庵さんは相変わらず蚊帳の外。大佐はついに「おもしろくなーぃぃぃぃ!o(>皿<)oジタバタ」と始まっちゃうしw、相模庵さんは道具上げて寝ちゃうしww。ヤレヤレ。


昨日アジが良かったっというポイント(といっても船団内)や、昨日クロダイが出たっていうポイント(といっても船団内)とやっていきますが、いよいよ餌も取られなくなり。途中、棒面丸のちょろ松さん見つけて手振ったり。

「やっと潮変わったと思ったら、風も変わっちゃって意味ないじゃーん」と大佐。その間、Kさんは800gを追釣しN兄にもメジナと、それに引き換え前は魚のアタリすらなく。油断し切ると「アタってるよっ!」と船長に言われ、目覚めの鳩に豆鉄砲の相模庵さん、慌てて竿取るも抜けちゃって。完全にグレた大佐も寝に入っちゃって。どうも裏目裏目なのか、絶賛ネガティブキャンペーン。


ここで、少し大きくずらしてクロダイメインの場所の浅み(といっても船団内)を上から10m〜12m(水深30m前後)。潮がやたら速くて艫に向かって道糸が斜めります。オレの電動、残り10m切るとピーって鳴るんだけど、上から10mじゃしょっちゅう鳴ってウルサイねん。

コマセひとり3キロ1枚も段々心許なくなって、エコモードにマッタリしてると、ココで相模庵さんにアタって腹パン2キロっくらいのクロダイ。これでイチ抜けー。時合か?胴の間から後ろ4人がパタパタっとアタって全員キロ半くらいのクロダイ。N兄に至っては2枚目まで。

この時合いにも大佐とオレは蚊帳の外。このラッシュで刺し餌も尽きたKさん。オキアミの変わりにゴムの赤タンをチョン掛けしてもアタったって。「寄りだよー、赤タン使う?」って、やってらんねええ orz。。 「オレ。。早く帰って単車乗りたい(ボソッ)」w


「大佐!アタってるよ!ほら!」と竿立てると「あんまり引かないよー」、「クロダイ、そんなに引かないから慎重にーっ」って、(大佐、釣っちゃうんだー、酷ーい。)と眺めてたらオレの竿も入ったw。合わせるもまったく引かずグリグリ巻けてくる。

先に大佐が上がってタモに入ったのは。。。メジナ(爆)。続いてオレも上がって。。メジナ(爆)。コマセで腹パン”のっこみメジナ”。ダミだこりゃww。


11時半。みんな飽きちゃって、コマセも尽きたのでここで早上がり、いつもどおり港一番乗りww。港で船宿ブログ用に魚の撮影。「俺らのメジナも撮ってくれやあ!おん?」 と宿に戻ってお蕎麦、解散。今日はGWに比べれば、というか船で見れば十分な釣果なんだけどね。オレ、どうも松輪で取れないスパイラルみたい。

とにかく、皆さんお疲れ様でした。またよろしくお願いします。



 ■今回御一緒させて頂いた方のHPはこちら↓
  相模庵さん 「釣りバカ亭主天国



【本日の釣果】
  メジナ 1匹

【今回使用した道具】
  ROD : ダイワ リーオマスター マダイ M−300
  REEL: ダイワ レオブリッツ 270MM



 5月 8日  ひとつテンヤ!君もかっ?!




 ■ 大原港  広布号 ■ はれ  中潮 ■ 釣果   マダイ 0.3枚

長かったGWの最終日。今日はちょろ松さんと大原の「広布号」さんの午後船でひとつテンヤ桜鯛です。

快晴の連休最終日。アクアLの渋滞を懸念していつもより1時間早く出発。しかし道中は(良い方に)予想外れてスムースに流れ、いつもどおり2時間弱の10時に港着。それにしても予報どおり夏日で暑い。缶ビール1本いただいて車で仮眠。開けた窓からの風が心地いい。

ジリジリジリ。。。「暑いよっ!」と目が覚め1時間前。見てみるとオヤツに買ったブラックサンダーは見事にトロトロ。漁協の水揚げをブラブラ見て周ると箱に満タンのイナダ、生簀にはヒラメ&ホウボウ。しばらくすると、今日は午前船が出てないので船長が軽トラで登場して、乗船準備。

オレ達以外のお客さんは2名の計4名。クジでちょろ松さん左前、オレ左後。準備してる間に汗がジワジワ。暑ちいーーい!っとカッパもゴム長も脱いでTシャツにズボン。短パンとビーサン持ってくりゃよかった。12時過ぎ、港を後にしました。


前日のウネリがまだ残っていて南寄りが吹く中、ゆっくりと少し南下しながら沖へと向かいます。「今日は時化だよ」って船長。今日は西寄りの凪だっつったじゃん!お?しかも沖に進むにつれ南の風が何故か冷たくなっていき。

 「なんか変だよなっ!?」 さっき港で汗ばんでたり、チョコが溶けたりしてたのが嘘のよう。

今日は午前カツヲがアタったとか、三本松でヒラマサ大アタリだったとか、その昔三本松で23キロの大鯛が刺し網に入ったとか、ホントに23キロもあったなら死に掛けだから3号でも取れるよとかの道中。

小1時間走って御宿沖?50mラインで始めます。近くに2艘、パラシュートで流しているのが見られます。「6号〜8号で始めてみて」っという事で6号船宿カブラから。

いやあ、今日は潮が速い速い。船長、何ノットっつったっけ?左後ですが、右前に向かって船下に潜ります。潮上に結構投げないと底立ち取るの不可能。繊細なワンタッチ、取り損ねるとエンドレス道糸出っ放し。風もあって今日は難易度ウルトラC級。

それにしても、パラシュートアンカーで船は潮に引っ張られてんのに何で仕掛けが前に入るか?って。潮に引っ張られて前進する船が、潮と反対に吹いた風にブレーキ掛けられて仕掛けだけ先行するって事だよね?船長が「船流れねえー」って言ってたみたいだから、多分そういう事だよな。


開始早々、ちょろサンが当ててメガホーボー。お、これは?っと思うもそれっきり。オレはってえと当たりが遠いったら。底立ち怪しいのもあって、フォールのコンタクトを増やそうと、結構まめに入れ替えますが、餌もそのまま残ってくるばかり。

今日はやけに道糸にプルンっとした、おじいちゃんの痰みたいなのが引っ付いてくるなあ。クラドってヤツか?汚ちゃないし、何より道糸の出が悪くなって釣り辛いぞ!で、気がついた頃にポチーンと右後でホーボー。またまた長いインターバルを経てポチーンとウマヅラ。

「これから根っ子に入るからね」っと、段々と掛け上がって35mくらいの根っ子のテッペンで餌取りが一瞬元気になりますが、そっから落ち込んで行くにしたがい餌もまた残る有様。


少し大きく移動。指示棚+10位出してボトム吹け吹けでツンツン引っ張られたので、軽くアワせるとピクピク、ヒラッヒラッと300g本命(汗)で放流。しばらくして左前で1キロ半、またしばらくして右後で300g。

そしてまた、長い沈黙状態。陽が少し傾いただけで寒さ倍増。たまらずカッパを着ますが、アタりがない寂しい感じも相まって下がTシャツじゃスースー寒くって仕方ない。

アタりの無いひとつテンヤってのも厳しいもので、だんだん睡魔も襲ってくると竿落っことしそうになるわ、寒くてブルって頭の中じゃ(もう上がろうよ)って帰りに食べようと味噌ラーメン(コーン入り)の事ばかり。

 「なんか変だよなっ!?」 さっき港で汗ばんでたり、チョコが溶けたりしてたのが嘘のよう。


6時前。午前に大鯛が上がったっていう際寄りのポイントに大移動。しかし状況は同じ。陽が白からオレンジに変わってますます寒くなり、ちょろさんはカッパ忘れたとかって早々に道具上げて操舵室で船長とくっちゃべってんし。おい!真面目にやれ!それか帰ろうって船長説得しろ!

 船長「はい、頑張って大鯛釣ってくださいよ」(ピシャッ)


先月は6時で陽が落ちたけど、ひと月で随分陽が長くなったね。6時半、やっと暗くなってきて「これで上がっていきましょう」と船長が言った最後の最後、右後ろの方の竿が入ります。引きから青物だと上がってきたのはイナワラ。剱埼なら間違いなくワラササイズ。しかも太くってイイ魚。

でもって終了♪今日は何度か良い反応が出たようですが魚が口を使わなかったみたいですね。

帰り、ラーメン屋が8時に閉まって妄想・味噌ラーメンは食いそびれ。これからの時期は手前とん太でよろしく。あと、潮と風次第で変わるけど、左舷はどうも船下に潜る率が高いぞ。根拠なくってスマンが今度はナライなら左舷、南や凪なら右舷にしてみないか?


これでGW釣行はなんとなく微妙な2.5連ボ達成!GWはどこも本当に(魚もお休みか?)って感じでダメだったなあ。アタリが無いんだもん。次の潮回りで変わってくれるのを期待しますか。

TETSUさん、今日いかなっくって良かった。ノッコミ博打。初テンヤは秋の固い時期がいいかも。ちょろ松さん、お疲れ様でした。どうも今年はキミと相性が良くないようだ。すこし考え直させていただくよw



【本日の釣果】
  マダイ 0.3枚

【今回使用した道具】
  ROD : Aiプラス たけスペ7
  REEL: シマノ レアニウム 3000C



 5月 2日  ボボボボーン♪




 ■ 松輪港  新徳丸 ■ はれ  大潮 ■ 釣果   きゃべつ 

GW4日目の今日は松輪の「新徳丸」さんからマダイ狙いに行ってきました。TETSUさん、ちょろ松さんと乗合いです。

5月から出船時間が6時半→5時半。ちょろさんに乗せてってもらい少し早く4時前に宿に着くと、TETSUさんがちょっと先に着いて札をめくっててくれました。4スミだけ埋まってて、右後ろから3並び。時間まで休憩所でお茶など頂きながらお母さんとガンの話などをして過ごします(汗)。


5時過ぎ、受付済ませてコマセと氷を持って港へ。右トモ2番目からTETSUさん、ちょろ松さん、オレと入って準備。出船間際、忘れ物したとかで2名ドタキャンで片舷6名の12名を乗せて定刻、岸払い。

前日のウネリが若干残るも概ね凪良し、剱埼沖を目指します。久里浜もひと段落したと見たか、今日は剱埼沖に塊り。

ゆっくり合流するとグルリと回って、船団後方に船をつけて開始です。水深40mを上から25m前後と高めの指示。周りの船もだいたい同じタナ指示です。陸が黄砂で霞んで見えますが潮は澄んでます。


気持ちよくってビールが美味い。今日は麦とホップ。当ては歌舞伎揚げ。カレーパンも食べちゃえ。


なんかいつもっより肌がチリチリするなあ、紫外線強くね?まさかアレのせいじゃないだろね?何ベクレル?色眼鏡にしてみたけど逆パンにならねえだろうなあ。


「おい、もう彼是2時間たつな」

「ヤル気削ぐような事、言っていい?」

「餌、残ったら起こしてくれ。オレ寝る」


といったところが↑の絵。そう。朝イチに左前でメジナが上がったっきり。2日前はいっさい餌が取られなかったけど、今日は何処に仕掛けを置いても瞬殺。先日TVで大塚プロがやってたタナ上3mからタナ下2mまでゆっくり落とし込んで喰わすヤツやりたかったけど、1分もたずじゃそれどころではない。

餌取られないタナを探って、指示ダナの25mから1mづつ打ち返す度に上げていったら、上から10mでも2分もたない事がわかったw。勿論、まさか?と逆も試したけど同じ事。仕掛け10mを8mにして、4.5mにして、2mにしてみて、

「ハリス詰めてどうすんねんっ!」

「アンタの12mでも同じぢゃろがっ!」

これはアレだ。無理だ。 もうオレ、引き出しがない。

こんだけやってりゃ普通は餌取りだって飽きてくるのに、今日の餌取りどんだけ食いしん坊やねんっ!てか、この船下ウマヅラがウジャウジャしてんのかのぉ。1艘、また1艘と久里浜へ向かい、いつしか船団もなくなってと。

最近のマダイは頭がイイ。この船影が消えた時って意外とチャンスだよなっとモチベーション上がるも相変わらず餌取り。くそう、仕立てならひとつテンヤの道具落っことして引っ掛けてやるのになあ。


しばらく粘るも、相変わらず餌取りラッシュ。そうこうしてる内に、アッチもダメだったのか?1艘、また1艘と久里浜に向かった船が戻ってきたり。

そんなどうしようもない空気の中、左前2番目の方にアタって、やっと船中1枚目は2キロ位の良型。当然、船中活気復活みんな手返し良くなりますが、2匹目のドジョウなんてのは居ないもので、相変わらずに活気も2、3回打ち直すまで。


我慢ならず灯台前の真沖に大きく移動。ここでは底からのタナ取り、53m。しーかーしー。

コチラもかいっ!とにかく、アジだろうが、サバだろうが、ネンブツだろうが。なんか竿先にアタリ出せよと。仕掛け下ろして上げると餌がないってだけじゃさ。

「飽きた?って言うと、飽きたって言う。上がる?って言うと、上がるって言う。こだまでしょうか?いいえケンちゃんです。」

麦ホップ2本目飲んじゃえ!当てはハムカツパンじゃ!


しばらく真沖を探りますが、変わらず。沖の塊りにまた合流。しばらくやっていると、餌が残ってくるようになってきたので(これはっ??)とワクっとするも、TETSUさんが「潮止まっただけじゃね?」と。ついに餌取りすら無くなって。

そんな感じのまま12時を迎え、沖上がりの時間。船中12名で、鯛×1、メジナ×1、ウマヅラ×1と残念な釣果。今日は船団、周りも見渡せる範囲で1度もタモ出なかったなあ。こんな日もあるさ。それにしても最近の剱埼沖、モーニングサービスすら無いのなあ、、とほほ。


宿に寄ってお手洗い借りるとお母さん。「どうだった?あら〜。それは悪かったわねえ、コレ持ってって。でも釣りに来てもらってキャベツ持って帰ってもねえ。コレに懲りずまた来てやって。あら〜」(汗笑)

という訳で2連ボボボボーン。剱埼ノッコミ本格化はもう少し先ですかね?次の潮周りに期待しますか。(そんな事いってて気がついたらイサギ始まってたりしてねw)TETSUさん、ちょろ松さん、お疲れ様でした。TETSUさん、行くよ!アレww



【本日の釣果】
  2連ボ

【今回使用した道具】
  ROD : ダイワ リーオマスター マダイ M−300
  REEL: ダイワ レオブリッツ 270MM



 4月 30日  そろそろノッコミ?




 ■ 毘沙門港  浜福丸 ■ はれ  中潮 ■ 釣果   ぼ 

GW2日目の今日はひとりで毘沙門の「浜福丸」さんからマダイ狙いに行ってきました。実は2日後に松輪で仕立てが入っているんですが、前日の釣果欄に出た「外道に大サバ」の言葉にたまらずリアクションw。2日したら居なくなっちゃうかもしれないからね。

という訳で、4時過ぎに松輪の港に向かうと結構な車の数。様子見がてら少し走って毘沙門までいくと浜福丸さんの駐車場は車が3台。(よし、今日はココに決めたっ)と札を取って宿が開くのを待ちます。札は4スミ以外は空いていたので右トモ2番札。


4時半に宿が開いて受付。なんでもサンケイで真鯛大会やってるらしく参加賞の帽子とタオルなんか頂き、乗船。準備を済ませ、6時半に港を後にします。片舷6名の12人。晴天、ベタ凪の海をゆっくりゆっくりと東へ向かいます。大トモの常連さんの話だと、剱埼沖はイマイチのようで久里浜でやるようです。

松輪の前を過ぎ、間口の前を過ぎて併走する船がだんだん増えていくけど相変わらずゆっくりと。あんまり気持ちイイので着くまでに金麦1本で更に気持ち良くなっちゃった。1時間弱かけて久里浜の煙突の前まできて船を止めます。

なるほど。協定で7時半まで久里浜の船以外はポイントに入れないんだ。見渡すと50艘くらいの船が東京湾を横切るように一列に並びます。並ぶポジションを牽制しあって7時半、全船黒煙を上げながら猛ダッシュ。真っ先に抜けたのは利一丸!相変わらず速い速い(爆)。

9割方の船が航路脇に大船団を作ったのに対し、コチラは少し灘寄り。久里浜、青いお船のかたまりに合流。上からのタナ指示だから水深はわからないけど35m前後で始めました。常連さんの道具をみて久し振りにサニーの80号。


開始そうそう右の前で当てて500g。周りでアジやらサバやらポツポツと釣れますが、何故かオレにはアタリなし(なんでじゃー??)。大鯛も勿論欲しいけど、周りでサバが上がるとつい怨めしい目付きになってしまいます。でもサバは言うほど大きくはないなあ。

タナが違うのか?仕掛けの長さか?といろいろ試行錯誤してたらオレにもアタってサバゲット!しっかり絞めて大事に大事に氷水に(笑)。うひょひょ

1時間くらいやりますが、久里浜の船も散りサバがアタる度のオマツリ騒ぎに「はい、上げて」っとポイント移動。航路脇のポイントに入ります。朝の船団はもういません。どうやら剱埼に戻ったみたい。タナはちょっとだけ深いけどほぼ同じです。

しばらくやってると左の前でアタって1キロくらいが上がったみたい。そしたらオレの竿がドスンっと入って(きたーーーっ!)とやり取り開始ーー!となりの常連さんがタモ用意してくれたので、「結構いい型ですよ」なんてニヤニヤしながら上げてくると。。。。。。。。サバ(泣)。

60センチ位の太っといマサバに、恥ずかしいやら嬉しいやら。これが釣果欄にあった大サバか!とりあえず本命ゲット(笑)。

さっきのサバに海に帰って頂き大事に大事にクーラーへ。それにしても君は上がってくるとイナダやらサバやらと変わっちゃう鯛が多いな。9時もまわって好転しない状況に船長、剱埼に戻る事に。


湾口の剱埼沖。大船団。上から25m前後の指示で始めます。しかし潮が完全に止まっちゃって、下げても下げても餌が取られない状況が1時間以上。お弁当食べて金麦2本目で気持ちイイ。

やっと「なんかアタったけど掛からなかった」っと常連さんが教えてくれたので、上げてみるとオレの餌もなくなってます。潮動き始めたかな?

隣の船でやっとタモが入るのが見えましたが、メジナかイサギ?かな。餌は取られるので手返し良くやります。

「少し吹いてきちゃったね」と言われ、見てみると北から南に変わってます。そか、今日は昼から吹く予報なんだよな。まだ5m吹いてないと思うけど12時前。「吹いてきたのでこれで上がっていきます」と早上がり確定。

「キャビン入ってた方がいいよ」と常連さん。しばらくするとビョービョーと南が吹いてきて、港までの道中は大時化の波っ被ぶり、吹き出すとイッキだな。という訳でやっちゃいました、ボ! こんなのあったんだ。見てから行けばよかったなあ。

10数年ぶりにお邪魔したけど常連さんも優しくって気持ちのイイお宿だったです。港も近くなったし松輪とは違ってのんびりしててイイね。それにしても今年は吹く日、多くないかね?渋滞嫌って通った由比ガ浜、ウインドサーファーが楽しそうでした。


PS.楽しみだった大サバ。帰って3枚に卸すとピンクの身にwktkで半身しめ鯖、半身塩焼きにしたけどね。オレのはハズレちゃんですた。残念っ!やっぱ、東京湾のサバは間口で職業で狙う時に釣れる尻尾が黄色い奴じゃないとダメなのかなあ。



【本日の釣果】
  マサバ  2匹

【今回使用した道具】
  ROD : ダイワ リーオマスター マダイ M−300
  REEL: ダイワ レオブリッツ 270MM



 4月 10日  初釣り『頑張ろう!ニッポン!』




 ■ 大原港  広布号 ■ はれ  小潮 ■ 釣果   マダイ 1枚 

今日は今年も遅い初釣りでちょろ松さんに誘っていただき大原の「広布号」さんから午後船のひとつテンヤ桜鯛に行ってきました。

いつも通り9時におち合い、アクア渡って11時半に大原港着。ひと月前に発生した東日本大震災。ここ大原は津波の被害も少なかったようで、去年と変わった感じはありません。震災の影響か?天気のわりに若干お客さんが少な目かも。

12時前。船がに港に戻ってきました。午前船はお客さん2人で4キロとキロ半の2枚のみ。65mを攻めて終始ゴマフグの猛攻。4とか6号のカブラじゃすぐフグに捕まっちゃって、最後の最後に12号の重いカブラ落っことしたら4キロが食ったんだとか。上がり間際から潮色変わってイイ感じになってきたから午後はいいんじゃないかな?とは午前のお客さん。

午後は4人。くじを引いてちょろ松さんが左前のオレは左後。今日は凪いだら3号で遊んじゃおうかと目論んできたけど、ゴマフグの話で6号からセット。

12時に港を後にし40分ほど。真沖から少し南に逸れて御宿寄り。崖っぷちの正面。水深50m。パラシュートアンカーで流しながら始めます。前日までの南強風から北に変わって、うねりはやや残るも釣りづらい程ではありません。むしろ4月だってのに北風が冷たくって体に堪たえます。潮色は濁色。

潮もそんなになくって底立ち難易度は中の下ってとこ。30分ほど経ったところで、ちょろ松さんがアワセてやり取り。元気いっぱい引っ張って上がったのは1キロ程の桜鯛。

程なくオレの竿先もカツカツ、グウーッと引っ張られて800gって所。相変わらずカンカンっと鯛特有の平を返す引きが糸1本でダイレクトに伝わって気持ちイイ。このタイミングで1キロくらいですが全員顔をみられたようです。

よし、食いが立ってきたぞっと気合スイッチ入ったんですが。これでパッタリ。どうやら今日はどこも潮が全く動かず苦戦している模様。無線から聞こえてくるのも鯛の顔が見られないって話ばかり。

潮が流れるのを期待しつつ、ひとつテンヤにしては珍しく小マメに場所を変えていきますが、ポイントに着いて仲間の船に「どっちに向かって流れる?」なんて聞くと「どこにも流れませんよw」なんて答えに「もう、反応のド真ん中から始めちゃおうかな」なんて冗談が飛び交う感じ。

しばらくして船中ポツリポツリとホーボーがアタリ出しました。春に鳴くとかいて春鳴魚(ホーボー)(嘘)。昨年のようにメガじゃないです。オレにも1匹。グーグーグー。なんでも年始あたり、こっちじゃが沸いて専門に狙うと半日でクーラー満タンとか。先月の釣り情報誌には「新しいターゲット」なんて紹介されてたなあ。

潮が動き出したか?なんてワクワクッとするもソレっきり。

とにかく餌が取られないんです。たまにモゾモゾかじられて、オリャっと引っ掛けると馬面。あんまり餌取られないから、朝のゴマフグ場に行ってくれなんて思ったりして。辛いのよ。

前でも、馬面やらハナダイ釣ったりで楽しそう。おっ?良いアワセくれたねえ、結構竿曲がってんじゃん。お、上がってきたね。ありゃ、ハンマーヘッドじゃん!カッコいいな!おーい、船に上げんじゃねえよ。

あー。それにしても当たらん。潮が行かないと全くお手上げ。陽も随分傾き6時前。船を大きく移動させて少し際寄り。多分ラストチャンス。

やれどもやれども。だいぶ暗くなって糸も見づらくなったので、道具片付けて見物に。「はい。じゃそろそろ片付けて・・おっ!アタった?」と船長。見ると右前の方がやり取り開始。午前船の事があるので「大鯛??」っと俄かに色めきたちますが。上がってきたのは・・・サメ。「ダメだこりゃ」と船長も苦笑い。陽も完全に落ち、船にランプが点いて終了。港に戻ります。

結局、餌の海老も1パック半分くらい残って、いかにアタリが無かったかと。潮が速くても釣りにならないし、動かなきゃ動かないで魚が口を使わない。難しいのお。あ、ちなみに鯛はのっこみ、もう少し先かなって感じですかね。

そんな感じでラーメン食べながら帰り道。節電でベイブリッジ、港みらい、みーんな消灯で横浜の街が真っ暗で寂しいったら。はやく元通りになりたいね。ちょろ松さん、お疲れ様でした。また付き合ってやってくださいましね

PS。上の写真はひとつテンヤの七不思議のひとつ。よく見掛ける光景。チャリコ自分よりデカイ餌にアタックするの図。どーやったらそのデカイ針に掛かるのかと。わざとやっとるとしか思えん(汗)ボケとんのか?なにがしたいねん!って突っ込んで欲しいんかいっ!



【本日の釣果】
  マダイ 1枚、ホウボウ 1匹、ウマヅラ 2匹

【今回使用した道具】
  ROD : Aiプラス たけスペ7
  REEL: シマノ レアニウム 3000C


inserted by FC2 system