12月 29日  納竿




 ■ 大津港  いなの丸 ■ はれ   中潮 ■ 釣果   マダイ 1枚 

今年も残すところ後3日。今年の納竿はアイツと「いなの丸さん」からマダイ。前日は型見ずと模様は決して良くありませんが「縁起モンだから」と。そもそも正月に(めでたい)ってダジャレ?親父ギャグかよww。ま、頑張ってみますかね。 

おりゃあー!と暖ったかい布団から気合で抜け出し、4時過ぎに家を出発。(寒みいー)車に乗り込みながら「何やってんだ?オレ」と思う瞬間。宿に着くと見慣れた車発見。TETSUさんも今日は納竿でタイとの事で御一緒です。今年一年お世話になりました。アイツもやってきて、7時出船の6時前だってのに気合入れて?乗船。TETSUさんが左艫、オレは右艫、アイツはオレの前に入って「前で釣ってやる」吹いてるようです。

結局、片弦5名づつの10名で出船。日中でも随分冷え込んできたしポイントは久里浜沖75mという事で、今日は電動リールのお世話になります。カバンの中にあると思ってた出来の仕掛けがないので、仕方なく船の上で縛ります。8mで作ってたら「2ヒロ詰めろ」とアイツが言うので、3号6mマダイ8号1本針で始めます。北風が冷たいですが海は凪いでて良い感じ。ビシを底まで落として+1mで待ちます。クンクンッと早速竿先にアタリが出て、30センチ位のアジ。周りもアジが釣れてきます。

2匹ばかりアジの顔を見た後、スッと竿先を押さえ込むアタリ。竿を取って聞き合わせるとシッカリと針にのった感触。サバか?と電動で巻き上げると1キロ弱のマダイちゃん(やたっ!)。船長が見て「ななひゃくぐらむっ!」つーからそんな感じ。

昨日は船中0だったけど今日は良さ気?との考えは甘かった。この後はどのタナを探ってもアジ、サバばかり。サバはシロ、ゴマと混じって細っそいのばかりですが、アジは30センチオーバーばかりと良い型です。しかし狙うはラスト真鯛。今日ばかりはアジ君も邪魔者扱い。

タナもプラス0から+8までやったみたけどアジ・サバ。それならと仕掛けの長さを6,8、10、15と変えてみるもアジ・サバ。こんな日は得てしてそういうもの。アジはいらないので、良いサバでも来ればとアタリが出たらキーパーに置いたまんま電動フルスロットル。こうするとアジは口切れして落ちてサバだけ選別できるってわけ。

それでもチンピラばかりだと、電動フルスロットルしながら波に合わせて竿をシャクるとサバも落とせて魚を外す手間が省けるってもん。これ結構裏技だから内緒だぜw

比較的コロンとした奴をマサバだと思ってクーラーに入れておくと、しばらくして見るとゴマが出てがっかり。(チェンジ!)そんなクーラー花びら大回転でまわしながら、なんとかそれっぽいマサバを1匹キープ。

そんな感じで11時前。やっと右の前2番目のおじいちゃんが400g位を1枚釣りました。船中2枚目ww。(これはっ!)と期待も虚しくまた、アジ・サバ独壇場。

  

「おい!写真なんかとって遊んでねーで、当ってんぞ!」

(どーせ、アジかサバだよ。ほらアジだ)

船長「どーですかあ。アジ釣れてますかあ?」と言い出す始末。「アジ船ならイワシミンチ持ってこいやあ!!」

船長「なんかアオリ船、トップ9杯で7,7,6,4って爆ってるみたいですよお、アオリの船に乗ればよかったですねえ」

「もう飽きた!!話にならん!寝る」とアイツ。

  

船長「○○さーん、やらないと釣れませんよお」


  

TETSUさんもアジ・サバで順調に数を伸ばしていきます。

オレもアタリ→電動フルスロットル→魚外れる→仕掛け入れ直すを繰り返します。

しかし沖上がり30分前にコマセが切れたので今年の釣りはこれにて終了。竿を仕舞います。アイツも片付け。

船長「やらないと釣れませんよお、ほら釣れた!」

ホントに左2番目のおじいちゃんに来た!ww オレのとほぼ同サイズ。そして2時になり終了。釣果はキロ以下で船中3枚と激渋でしたが、アジは釣れておかずになったし陽気が良かったのでなにより。

という事で今年も事故もなく無事に釣りが出来ました。海の神様、船長達どうもありがとうございました。宿に戻って蕎麦を頂き解散。兄弟、TETSUさん、そして今年ご一緒させていただいた仲間たち。今年も一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いしますね。


【本日の釣果】
  マダイ1枚、アジ・サバ沢山

【今回使用した道具】
  ROD: Aiプラス たけスペ6
  REEL: ダイワ シーボーグ400BD



 12月 6日  重〜い 重〜い 寒〜い 寒〜い




 ■ 大津港  いなの丸 ■ はれ   小潮 ■ 釣果   アオリイカ 2杯、スミイカ 4杯 

今日は兄弟の常宿で「船宿の忘年会があるから来い」ということで、いなの丸さんからアオリイカやって、そのまま夜は横須賀で忘年会に参加する事になりました(汗)。10月例会は法事、バカキチ会は二日酔い、11月例会は時化(?笑)で中止と、ふた月も海から離れてたので久し振りの釣行。

10月に結婚したアイツとは春先以来の釣りです。飲み会に流れるのでトコトコと電車で向かいます。初めての電車釣行。家を始発で出て港に7時に到着。出船が7時半なのでそそくさと船着場へ向かいました。

宿にはototoちゃんも来てて午前アジに出るというので「ヒラメ釣ってきて、頂戴」とお願いしておきましたww。こちらもさっそく乗船。船はたくみ丸です。

お客さんは左右舷4人づつの8人。右胴2番目にアイツ3番目にオレと入り定刻出船しました。前日吹き荒れた西風に相模湾や松輪は船止めとか。港前は凪いでますが大丈夫かしらん。海、風考えて今日は観音崎辺りでやるそうです。着いてみると凪じゃないけどそんなに悪くもない。グリーンに澄んだ潮色です。


実は今日がアオリイカ初挑戦。マーブルサクラダイとバレンシアの定番餌木に15号の中オモリ、5号4m。朝、船長が教えてくれるには、ココのところ下地はマーブルよりも金テープが良いそうですが、手持ちはみんなマーブル。サイズは4寸が良いようです。混じりのスミイカはオレンジ、アオリはピンクが良いみたい。

最初のポイントは鴨居沖40mあたり。底立ち取ってハリス+1mでシャクります。開始早々に潮先の艫でアオリの顔を見ました。オレも続けとバレンシアで1mくらい鋭くシャクって8秒カウントする感じで頑張ります。

普段80号とかのビシ使ってるのせいか、15号の軽いオモリでタナ取るのが難しいったらない。鋭くシャクりたいので糸フケ取りたいんだけど、オモリを浮かさずに(浮かしちゃうと+1がわからなくなっちゃう)ゆっくり巻いても気付くと底切っちゃう。

艫の人がたて続けにスミイカを釣っているので観察してみると、どうもハリスが短いみたい。「短い方がいいんですか?」と聞いてみると2mくらいが良いそうで、オレも2mに詰めてやってみます。すると効果てき面。何度かの流しかえの後、シャクった瞬間オレの竿にもズシッとノリました。いっひっひーと巻いてくるとデッカいスミイカちゃん。外道だけど完ボ覚悟だったのでウレP。

気分転換でバレンシアからサクラダイに変えるとまたスミイカちゃん。うひょひょ。段々と風が出てきたのか海も悪くなってきて、おまけに風が冷たいのでガクブルモード。ポイントを航路を跨いだ房総寄りに移します。


ここでハプニング発生!なんか船のクラッチワイヤー切れたようで、船長エンジンルームに潜って修理に入ります。その間、舵を任された兄弟。ぎこちない舵取りにオレ不安。終にはエンジンを切って漂流ですww。横たで揺られてたら眠くなってきちゃって不安だったけど、もういいやと爆睡。

目が覚めると、どうやら直った模様。アクセルを固定してアクセルワイヤーをクラッチワイヤーに代用したとか。とにかく無事に釣り再開。

しばらくやると、またスミイカがズシッとのります。けっこう快感ww。ここで2杯追釣してポイントを観音崎の際に移します。この時点でオレはスミ4杯、アイツはスミ1杯。


観音崎の際、少し上手のポイント。「根がガチャガチャしてるからマメにタナとって」との事。「ココはオレの得意なポイントだ」と言ってたとおり、アイツが怒涛の追い上げ。アオリを2杯たて続けに引っ掛けます。「タナ○○でやってみろ」と言われたので、試しにやってみると来ました来ました!!オレにもアオリーちゃん。

そして船長も2時半まで頑張ってくれて、ここでアイツがアオリ3杯、オレにも釣れてアオリ2杯。満足満足。という訳で終了〜♪初めての割にはまずまず上出来かと。船中も船酔いのお客さん1名を除いてアオリ全員顔見たようですし、スミイカも釣れてるので充分おかずになりましたね。

0.5mの超短竿から3mくらいのメバル竿まで今日は万遍なく釣れてましたし、常連さんに言わせると長短は個人の趣味だとか。ちょっと硬過ぎかなと思ったアママルでも充分釣りになりました。参考までに朝一のスミイカ1杯はバレンシア4寸、あとは全てマーブルサクラダイ4寸でした。

アクセル固定なので微速前進で港まで。宿に戻ると、先に上がったototoちゃんがアジのお土産置いていってくれたのでありがたく頂きました。帰り際にスパンカーたたもうとしたら固定金具が壊れ、船長「今日は天誅殺だな(泣)」と明日もお客さんが入っているそうで修理に大慌て。それにしても今日は寒かった!!もう12月だもんね。


てわけで宿で一服。道具をアイツの車に積んでもらい、アイツと常連さん、オレの3人で凍った体の芯を解凍しに近所の銭湯へ。また戻ってそのまま横須賀の店へ。船長達や常連さんが30人以上集まって、兄弟のお嫁さんの紹介も兼ねて、船宿の忘年会。何故かオレと家の嫁さんも参加させていただき深〜く酔っぱげたのでした。

最後は寝てない事もあってか?海が悪くてフワフワしてるせいか?撃沈して寝てしまい、兄弟夫婦に家まで送ってもらってかたじけなし。次回は正月用の鯛だとか。これに懲りずまたヨロシクお願いしますよお。


【本日の釣果】
  アオリイカ 2杯、スミイカ 4杯

【今回使用した道具】
  ROD: DAIWA LEADING AMAMARU
  REEL: ABU 6500CL



 10月 9日  上乗りデビュー(嘘)




 ■ 葉山港  長三朗丸 ■ はれ   若潮 ■ 釣果   ボ 

「行こうよーぅ、ラストチャンスだよおーっ」ピロリ〜ン♪

前日、イカヅノ大佐から届いたメールだ。何でも前日に夏お世話になった葉山のお船でデカキメジを船中14回あてて7匹獲ったと、しかも上は30キロあったとの事。他のの船が狙わなくなって釣りやすくなったそうです。

この長三朗丸でも13日には終了予定で、デカマグロ手にするラストチャンス!!急遽こっそりと有給を出して行く事にしました。昔は毎月1回はサボって行ってたけど、久々の不良サラリーマンw。

宿が開く30分前に宿に到着。一番乗りだ!駐車場入口に車を付けようと突当たりでUターンしようとしたら、若いカップルが車の横でパンツ脱いで何かやってる!慌てて車で走り去ったんだが、オレの方が慌てるっつーの。頼むよ、ホント!

ま、そんなのは放っといて(混まなきゃいいなあ)なーんて待ってたら朝からドキドキする羽目になった。

宿が開いたが、宿にはオレとおかあさんの2人きり。今時の船宿事情などを聞かせて頂きながら(汗)待っていると、大佐と船長がやってきました。しかし、おかあさんが言うには「今時、油代も高いから5人は集まらないと船出せない」って話。現在4時。ナレエがブンブン吹く中、船の前でお客を待つ船長と上乗り2人、そしてお客はオレひとり。

5時も過ぎて諦めムードの中、おかあさんに「イナダ船はお客多いから乗っていきな」って言われ、どうやって断って帰ろうか考えていた時、「お客さん4人になったから出るってー」と大佐。(よかったあー)

慌てて受付を済ませ駐車場に車を入れ、クーラーに氷を詰めてもらいます。早速、乗船して出港。お客さん4人、右舷に並びました(オレは前から3番目)。時間が無いって事で、港すぐ脇の生簀で餌を掬っていきます。


際に沿って相模湾を西へと走り、江ノ島沖と茅ヶ崎沖でナブラを見つけイワシを掬っていきます。ソーダが追ってるナブラだそうで、掬うと大タモに一杯で一人じゃ持ち上がらないくらい掬えます。

餌も確保し更に西へと走ります。散策を繰り返しながら到着したのは小田原沖。結構走りました。「うえ゛ーっ!」の合図で開始。舳先じゃ散水しながら上乗り衆がブッペを始めてます。オレは2ヶ月振りの活イワシでフカセ。2匹目のイワシを付け直そうとしていたら、舳先で大佐が「たけちゃーん!こっち、こっちーっ!」って呼んでます。

何事?!と思って行くと、「船長が友達にブッペやらせてあげてもいいよーって言ってっから、やってみなー」と。長三朗丸の舳先は職業場。柵から先へはなん人たりともお客は進入禁止の聖域!しかもブッペ叩かせてくれるなんて千差一隅のチャンス。

急な展開に覚束ない足取りで舳先に入れさせてもらいました。左舷、大佐の横でブッペを持たせてもらいモタモタと初ブッペ。大佐に教えて貰いながらやってみると、海面のブッペをスパーーーンとカツヲがカッタくっていきました。

よくテレビで見るカツヲの一本釣り漁のように(ふんっ!)と後ろに向かってブッコ抜くと、魚が後ろで餌撒きしてる船長の横をかすめました(汗)。「そおーっとやんなよおー(船長)」。上乗り試験、一発不合格ww

何本か掛けましたが、フトコロ開いた特殊なバケゆえ上手くやらないと、船に入らずポチャンってなったり、船長にぶっつけそうになったり・・かなり難しい。時化てたりしたら怪我人出しちゃうなーこりゃ。。そんなこんなで5本くらいは船に入れれたでしょうか?散水も止まりラウンド終了。

こんな頼んでもできないような貴重な体験ができたのも大佐のおかげ。ありがとん。この流しでフカセやってたお客さんが2匹目のキメジ、それもかなり大物を掛けた様子です。船長は操舵室に戻り取りやすい様に操船、皆は見物する事になりました。30m巻いては30m出される。終始、竿は根っ子から曲がりっ放し。巻いては出されをかれこれ1時間近くでしょうか?弁当食べながら見ていたらようやく寄ってきたようです。これが400キロはあると大サメ(あいーん)で終了〜


このあと、小田原沖を後に一気に南下し始めました。キメジを求めてかなりの沖合いまで(ほんとにかなりww)。前方にすごい鳥山が見えてきました。ゆっくりと鳥山に近づき戦闘開始。ここでは上乗り衆も全員でフカセでキメジを狙います。

するとさっきジョーズを釣った前から2番目のお客さんにまたもやヒット!(この人、夏に外人連れてきた時に親切に教えてくれたオジサンだ。)これもかなりの大物らしく、さっきの1時間の格闘でバテたんでしょうか?舳先に周って竿を船長に託します。さすが船長、危なげないやり取りで上がったのは・・デカイっ!!夏に見たメボウとはまるで違う生き物のようです!30キロはありそうです!!

そのあと数回目の流しで、今度は一番前の人の竿が突っ込みます。しかしコチラは残念ながらブレイク!くうーっ。オレと4番目のおじさんは、なぜかシイラと鳥ばかり釣ってタメ息。はふうー、何が違う?コマセもハリスも針も関係ない。やっぱり餌の扱いでしょうか??

「こないだは一回の流しで1時間も魚が船に付いててよーお、ホント誰だって釣れたんだよーお」といった一昨日とは違い、今日は誰にでも釣れる日ではないようですなw。

このあと誰にも魚が喰わなくなって諦めかけてた時、唯一の心の支えだった4番目のオジサンの竿が曲がりました!これもかなりの大物のようです。丁寧なやり取りで魚体がユラリと海面下に見えました。でっ!デカーイ!!

思わず息を飲んでしまいましたが、こちらもさっきのより少し大きい30キロクラス!!とにかく、太い!太すぎるぞっ!マグロっ!!まるで丸太のような太さ!!

これでまた嫌あーな空気になってきましたね。そう、当ててないのはオレだけ。心の支えを根元からへし折ったオジサンも「頑張って釣ってねー」と声を掛けてくれ、大佐は「あれ?当ててないのたけちゃんだけ?いひひのひー」と声を掛けてくれます。

時間も2時を回って、(風も出てきたしー、肌寒くなってきたしー、餌も少なくなってきたしー・・もう、帰ろうよー)と心の中でつぶやきますが、船長は一生懸命、魚を探してくれます。まさかオレ待ち??トホホ

頑張ったのですが、3時も過ぎたので「遅くなっちまったからこれで帰るよーお」と終了宣言。「この船長、日が落ちるまで残業当たり前」と聞かされていたので、ホッとしましたww。随分沖まできたので1時間ほど掛けて港へと戻りました。

いやあー。あらためて港で見るとホントにデカイな!30キロのマグロ。いやあー。ホントに悔しい。来年もこんなマグロが近くで釣れるのか?わかりませんが、来年の夏までに道具一式揃えてリベンジじゃ!!

敗者の証し、お土産のカツヲを持たせて頂き終了です。初ブッペも叩かしてもらったし、30キロマグロも持たせてもらったし楽しかった。大佐、今日もお世話になりました。


長三朗丸21号船も今週末の連休13日までで、活き餌のキメジ・カツヲを終了しキンメに釣りもの変更の予定だそうです。なんと最終日(13日)は太っ腹!全船半額で乗船できるそうですよ。オレも行きたいけど法事で行けないなあ。相模湾の大マグロ!来年また来るかどうかわかりません。あなたもこのラストチャンスに「松方弘樹、世界を釣る!」の世界、味わってみては如何ですか?ww

葉山あぶずり港 長三朗丸のHPはコチラから> 「長三朗丸のHP


【本日の釣果】
      マグロ→ボ ブッペ→カツヲ数本

【今回使用した道具】
      ROD: 貸し竿
      REEL: 貸しスピニング



 9月 23日  釣りバカ定例




 ■ 松輪港  美喜丸 ■ はれ  小潮 ■ 釣果   ワラサ 1本、マダイ 1枚 

さて先週に引き続き、今日は釣りバカ例会で美喜丸さんから。狙いはもちろんワラサ。週末に来た台風13号の影響がどう出るか?

5時に集合してじゃんけんで席決め。今日はN兄とイカヅノ大佐が欠席で4人。オレは一番に勝って左前に入りました。

←Kさん    −   相模庵さん
←オレ    −   S兄さん

6時出船。城ヶ島沖はイナダ主体、剱崎沖は数でないがワラサ狙いとの事で剱崎に向かう事にしました。下浦の大鯛はイナダ、ソーダ多数で良い釣りにならないそうです。

全速でポイント到着。先週より近場で水深54mと少し深め。8号6mの仕掛けで底から10mの指示で始めます。東の風が少しと潮色も先週と変わらず、そこそこ動いています。モーニングが無かった先週とは違い、今日は開始早々にS兄にアタリ。残念ながらハリスを手繰るときに船底で擦れて行っちゃいました。そのやり取りの最中にKさん、相模庵さんの竿も同時に入ります。こちらはどちらも無事取り込まれました。

(おー、今日は魚のヤル気あるなあ。)と思っていたら、俺の竿もズンと刺さります。ゆっくり楽しみながら3キロ程。今日はリールに6500番を使ったから疲れる疲れるw。すぐにS兄さんもアテて今度はしっかりと取り込まれます。これで全員1本づつ、仲良く顔を見て取り敢えずオデコ無し。

この朝一の喰いに(今日はひとり4、5本はいけるかと思ったのですが)そうは甘くなかったw。「良い反応出てるよっ!バリバリ撒いてっ!」と船長も手応えあったようですが、残念ながらそのまま沈黙、外道も無い時間に突入です。船団もいつしかバラけます。「みんなが居なくなった後も面白れえかも」としばらくこの場で粘ります。

撒けども撒けども遠いアタリに「船長、鯛も居るかな?」と聞くと、「居るには居るけど5、6号じゃないとワラサが喰って切れちゃうよ。切れてもいいならやってみたら?」というので、4号8mの仕掛けに変えてみます。

「隣の固まりでやった方が鯛が食うかもな」と、すぐ横でやってる小船団の脇に移動です。「ワラサやるなら底から、鯛やるなら結構上まで喰ってくるから上から25mくらいやってみて」との指示です。

早速、上からタナ狙い撃ちすると竿先がバタバタするアタリ。「あはは、ソーダだろ」と船長。グリグリ巻くも走る気配無く、手の平サイズのマダイがプカ〜w。浮き袋の空気抜いてやったら桶で泳いだのでそのままリリース。

その後は、たまーーにソーダが単発で当る程度。ヒラソーダなので大きくないけど先週美味かったから2本キープ。しかし沈黙は続きます。


10時半になり「城ヶ島行ってイナダで遊ぶか?」と船長。(イナダはいらないなあー)とみんな思いつつも、当りすらない釣りよりかはマシかと城ヶ島へ。

朝の剱崎沖に居た船も結構居て、大船団ができています。見るとたまにポツリポツリとイナダが取り込まれています。

早速始めるとS兄が竿を曲げました。タナを聞くと30m。真似して30狙いでやるとオレにもイナダ。入れ喰いとまではいかないまでも、誰かしらが竿曲げてるといった感じで釣れてます。朝いちは入れ喰いだったみたいw。そんなにもって帰ってもねえww。きっとイナダも美味しければ、数も出て引きも楽しいので人気の釣りモノになるってもんだけど。

4号でやってたんですが、8号でも同じ。喰うときは喰うといった感じです。針を飲まれた2本以外はキャッチ&リリース(汗)。2時間ばかり遊ばせてもらって12時半。「そろそろ帰ろうか」と船長。道具を片付けました。


なんか帰って魚やる気力も無いので相模庵さんのクーラーに入れさせて頂き、ヒラソーダ1匹とイナダ1匹をお持ち帰り。ナメロウと、かみさんがやってくれた香草揚げで頂きました。イナダとソーダの香草揚げがかなりおいしゅうございました。おしまい。


写真は釣れたイナダとワラサ。どちらも小振りか?w ワカシとサンパク? まあ、今の剱崎のレギュラーサイズですな。ちなみに俺の足は26センチです。


【本日の釣果】
  ワラサ 1本、マダイ 1枚、イナダ、ソーダ ちょこちょこ

【今回使用した道具】
  ROD: Aiプラス たけスペ6
  REEL: ABU アンバサダー6500CL



 9月 15日  ワラサっ!!




 ■ 松輪港  浜鈴丸 ■ くもり  大潮 ■ 釣果   ワラサ 2本、マダイ 1枚 

今日はTETSUさんの会社の仕立てにお邪魔させていただきました。TETSUさんと会社の方が7名と、兄弟、オレの9名で、松輪の浜鈴丸さんチャーター船から前半ワラサ→後半タイ狙い。兄弟は来月で結婚つーことで独身最後の釣り?ここ最近、下浦沖で連日大鯛が上がっているので、いっちょ8キロ位の不味い祝い鯛でも釣って、イナダ100匹おまけに持たせてやろうかとw。

ともあれ、久し振りのコマセ釣り。兄弟は右ミヨシ、オレは左ミヨシに入れさせていただき、TETSUさんはオレの横、左2番目に入ります。オキアミ3キロ板ひとり2枚半を積んで定刻出船。船数はワラサ・ヒーバーにしちゃ、ちと淋しいかも。ポイントは剱崎沖45m、北風そよそよベタ凪で潮は濁り。上潮だけが流れてるようです。

8号6mにピンク玉とシェルビーズ咬ましてガマのワラサ王8号で開始。期待のモーニング・サービスも、船団どこかで気が付いた頃にポチーン、しばらくして遠くでポチーンといった感じ。最近、剱崎ワラサでよくあるパターン?船長のタナ指示はハリス+2〜4m。船中、外道もなく虚しい時間が過ぎていきます。

しばらくして、0−3−6と最後のコマセ振った瞬間、やっとオレの竿がガツンと突っ込みました。船中第1号なので些か慎重に。何度か竿ものされ、楽しませてくれながらの3キロワラサ君。うーん、確かに引きも見た目もイナダじゃないんだけど・・・

そしてまた、しばしの沈黙。表でやってるお船が比較的当ててるので、ちょっと盗み聞きw。ダンボ耳で聞いてみると「上から34m」って言ってます。オレよりも少し高め?騙されたと思って40から振って34でビタ止めしてキーパーに置いた瞬間、気持ち良いくらいスコーンと竿先が入りました。これが意外と元気よく引いてくれて期待しましたが、さっきより少し小振りの2キロ半ってとこ。

気が付くと船団も散り散り、船数は朝の半分くらいに。下浦の鯛場はソーダがひどいらしいので、船長の判断でもう少しここで粘る事になりました。9時くらい、少し潮が動いたんでしょうか?ここら辺りからイナダがチラホラ釣れるようになってきました。ここで兄弟が少し間を置きながら、ポン、ポンと2本のワラサを仕留めます。あとは他の人は群れが回るとイナダがバタバタっといった感じ。オレもイナダ、イナダ、イナダ。


10時過ぎ、そろそろ鯛をやってみようと下浦沖まで上がって鯛の船団に合流しました。到着するとさっそく、ココのところ好釣果を出している棒面丸ライト船で3キロオーバーがタモ入れされるのが見え、俄然その気になります。

が、気持ちと裏腹にコチラはソーダとイナダの猛アタック。そうは上手くいきませんね。イナダを何本もブッコ抜いてたので、指は切れまるし握力も怪しい事になってきて、イナダ取り込みで翻弄される始末。「てめえ!遊んでんじゃねえ」と兄弟に怒られますが、ホントに痛いんだって。

相変わらずのイナダラッシュに、「てめえが変なカゴ使ってんからだ!」と兄弟がうるさく言うので、お目当てのヒラソーダをTETSUさんに譲っていただいたので仕方なく網カゴから鉄火面に変更。するとどうでしょう。あんなにうるさかったイナダやソーダが、嘘のように静かになりました。ん?オレか?テヘッ

さて、これでジックリと鯛を狙えるようになるも、ヌル〜っとした凪の海面に動く気配のない潮。釣れる気がしない中、兄弟のとなり(右前から2番目)の方に手の平がらマダイが上がります。同時にTETSUさん(左前から2番目)に同サイズが釣れました。いつ喰ってくるか?まったく読めません。後ろじゃカイワリなんかも釣れたみたいです。

ここで船団を離れ、少し南下して下浦ギリギリ南端の定置網の脇に移動しました。

しばらくやって、兄弟にイナダと違うアタリで水中にキラッと赤いのが見えましたが、これはハナダイ。続けて更に良い引きで1キロ以上ありそうなハナダイ+ウニ付きwww

オレはというと、たまに来るイナダとソーダをあしらいつつ、「おっ?またイナダかね?」とキーパーに置いたままゴリゴリ巻いてくると、これが1キロ位のマダイ(汗)。正直、上に上がってくるまで小鯛とイナダの違いはわからんす!せめて2キロ以上はないと!!

と、何とも有り難味のない鯛が釣れたところで12時半、終了のアナウンス。結局、途中で鯛にしたのとバリ撒きするとソーダとイナダにやられるので、使ったコマセは1枚半。

今日は凪よく曇り空で涼しかったし、全般的に渋い中で本命も獲れたので、まずまず満足(ま、良い席に座らせていただいたお陰ですがw)。船でみると9人でワラサは兄弟とオレの2本づつの4本のみ。鯛は前4人で5枚と、後ろの方にはちょっと厳しい結果になってしまいました。港に着くと、他船のオジサンが7〜8キロはあろう本メジを抱えて写真を撮ってました。やっぱ居るんだなあ。

帰りに、週末から始まったという「サバ・バーガー」をパクついて帰路につきましたとさ。めでたし、めでたし。皆さんお疲れ様でした。またよろしくお願いしますよ。


【本日の釣果】
  ワラサ2本、マダイ1枚、ソーダ、イナダ沢山

【今回使用した道具】
  ROD: Aiプラス たけスペ6
  REEL: ABU アンバサダー7000改



 8月 17日  竿頭おめでとさん! 




 ■ 鎧摺葉山港  長三郎丸 ■ くもり  大潮 ■ 釣果   カツヲ 1本 

お盆休み最終日。夏休みに入って何故か?釣りに興味をもち出したカミさん。しきりに「次、なに釣りに行くの?」に、(1度あの強烈な引きを味わって欲しい)と思い、またまた大佐を頼りに葉山の"長三朗丸"さんからキメジ・カツヲ船にお邪魔させていただく事にしました。博打の釣りモノ。遊覧船になるか?ひと山当てるか?気が付くとオレは3週連続出勤だ(汗)。たとえ捕れなくても、カミさんの竿にアタりが出てくれるといいんですが。

周りに迷惑掛けられないんで、釣り座は一番端っこでいいやと4時過ぎに宿へ。前日良くなかったそうですが、結構なお客さんで12、13番札。もちろんフカセです。氷を用意して車で仮眠してると、6時に餌買いから船が戻ってきて早速乗船です。右弦トモから2、3番目に座らせてもらいます。20人ほどのお客さんを乗せて港をあとにしました。


大佐とお喋りなんかしながら船は南へと走ります。昨日までの猛暑がウソのように、空はどんより曇り空で涼しいくらい。東から北が5メートルくらいでしょうか?ボチボチ凪です。

1時間ほど走り沖の瀬あたりでスローダウン。「や゛あ゛お゛ああ!」と雄叫びで開始です。(カミさんに当たるまで竿出さなくていーや)と思ってたんですが、二人してどこから見てもズブの素人だったからか?イケメンの上乗りさんがマンツーマンで嫁をサポートしてくれると言ってくれました。

するとどうでしょう、速効でカミさんの竿にアタリ!上乗りさんがサポートしてくれますが案の定へっぴり腰(笑)。竿がなかなか立てられないようです。それでも中々の大物のようで、終いには船長が船をバックさせて魚を追って捕りやすくしてくれてます。サポートの船長も真剣そのもの!上げてりゃかなりのデカいマグロだったかもしれませんが、長いやり取りの末に残念ながらブレイク。ありゃ誰がやっても取れなかったかも。

オレもその間に1度アタったんですが、ベイルのローラーにPEが噛み込みロックしてしまうトラブルで引っ張りっこになっちゃって、こちらもバラしちゃいました(泣)。それでもカミさん、手ブルブルさせながらも楽しかったようでひと安心。

カミさんをサポートしてくれる上乗りさん、やけに手際がいいので大佐に聞くと、なんとコマセ船の船長さん!(驚)。しかもマンツーマンなんてこれ以上ないサポートです。「兄さん、こっちは見てるから自分の釣りやんな」と言ってくれるのでお言葉に甘えて(笑)。

次のナブラはシイラ祭り。次もシイラ。そして次にカツヲが来てオレにもアタリ!しかし隣とラインがクロスしてまたもやバラし。情けねえなあ。ふと横を見るとカミさんにもまたアタってます。船長もサポートしてくれてますが、それでも自力で一生懸命に巻いて寄せてくると、水面下に胸鰭も凛々しくマグロの影がが見えました。「マグロだあっ!」大騒ぎしてるので周りも何事?と大ギャラリーw。タモ入れて無事魚を船べりに転がすとカミさんへたりこみ。取り込むまで厳しい表情を崩さなかった船長も、満面の笑みで「おめでとーっ!!」とハイタッチ。船中、第1号のメボウはなんとカミさんの手に!!

その後もカツヲメインでポツポツと拾い釣り。オレは本命どころかバラしとシイラ、ついには鳥を釣って凧揚げするわ、イテテっと引っ掛れたり噛まれたりしてる間にカミさんはカツヲまでも釣り上げます。くそう、いいなあ。それにしても鳥の数が尋常じゃないす。ヒッチコックかよってくらい。口で「ごらあ!」って言っても「ばばばばばー」って言っても、クラクション鳴らしまくっても効かず、最後にゃ船長が爆竹で追っ払ったほど。


そして何度目かのナブラの時、またもカミさんの竿が突っ込みました。下へ下へと引っ張るのでマグロでしょう。船長に加え上乗りさん2人が来て鉄壁のバックアップ体制!一生懸命やり取りしてさっきよりひと回り大きなメボウが取り込まれました!この時点でメボウ釣ってるのアンタだけですからっ!すげえ!みんなどうやって釣ってるのか?覗きに来るほど。

10時をまわった頃、餌のイワシの残量が心細くなってきました。なんでも今日は定置網の管理がお盆休みで、網の中にシイラやらなんやらが一緒に入っちゃててグチャグチャで掬った内、半分くらい持ってくる間に死んじゃったとか。柄の長い大タモ持ってイワシを掬いに走ります。しかし良い群れがなく中々掬えないようで、そのまま続ける事になりました。(カツヲやマグロは追い込むのが上手くてイワシが固まるそうですが、サバなんかだと下手くそで固まらないんだとか)


ここで、慎重にナブラ探し。しばしクルージングに入ります。パヤオの東っ方から房総寄りに。なんだかこの猛暑なのに気が付くと物凄く寒い。奥歯ガチガチします。風も北東ながら出てきて軽く時化てきました。まさか今日寒いなんて想像もしてなかったので、カッパも持たず短パン+Tシャツ。軽く船酔いに寒さもあって、ちょっとカミさんも可哀想な事をした。

しばらく散策しスローダウン。餌を考えるとこれで最後でしょう。始めると早速カツヲが喰ってきて、上乗り衆は舳先でぶっぺ開始!ここはお客さんにも満遍なくアタり、オレもなんとかここでやっとカツヲ1本。もちろんカミさんもきっちりカツヲを追釣ww。イワシのカメも空になり2時半に終了。ボウズの方も5名ほど?いて、平均カツヲ2本づつ位とけっして良い日ではなかったにもかかわらず、唯一(しかも2本の)メボウとカツヲ2本獲ったカミさんがなんと竿頭!!ありえねえーww


帰りの航程はイワシの群れを探しながら3時に港に帰ってきました。港に戻り船を降りていると"愛正丸"さんが横を通りすがりにデッカいマグロを見せてくれました。なんでもルアーで釣った30キロだとか。夢があるよなあ。あんなの釣ってみたい♪

よいしょっと車に積んだクーラーの中には、ドーンとカミさんのマグロ2本とカツヲ2本が氷の中を泳ぎ、隅っこに居心地悪そーにオレのカツヲ1本w。今回は船酔いと寒さで大変だったけど、カミさんも大満足だったようでそれが何よりでした。


最後に、何から何まで面倒見てくれたコマセ船の船長、そして船長さん、上乗り衆の皆様のおかげで良い思い出になりました。本当にありがとうございました。そしてカミさんには「竿頭おめでとう!」


【本日の釣果】
  カツヲ1本、シイラ2匹、鳥2羽

【今回使用した道具】
  ROD: 貸し竿
  REEL: 貸しスピニング



 8月 10日  サラオにも釣れた 




 ■ 鎧摺葉山港  長三郎丸 ■ はれ  長潮 ■ 釣果   メボウ 2本、カツヲ 1本 

今日は元々仕事が入っていたのですが、前日の夕方に行かなくてよくなり、イカヅノ大佐も乗るとの事で葉山の"長三朗丸"さんにまたお邪魔させてもらう事にしました。実は今日うちのカミさんが、やまやさんに八景からLTタチウオに連れて行ってもらっているので、こちらの釣果も気になりますw。(↓番外編w

さて、先週は30人越えのお客さんも、今日は前日の釣果が0−2だった事もあってかオレを入れて3名と淋しげ。餌買いから戻ってきた船に乗り込み、お客3人と上乗り連合4名で7時に出船しました。1本釣りは喰いが悪いらしく全員フカセです。

相模湾のカツヲはコマセ釣りがメインになっているらしく、今日は西ではなく南へと船を進めます。曇り空+北風で船上はとても心地良い感じです。沖の瀬に向かうとの事なので、船べりに横になりしばし至福の時を満喫。

目が覚めるとパヤオを通過しているところでした。緑味が消え深い青に変わった沖の海の色に、期待で心が躍ります。2時間ほど走り沖の瀬に到着。舳先からイワシを撒いて喰いついたのを確認、戦闘開始です!大佐にレクチャーを受けオレも早速投入。

今日は先週と違い食いがいい!全員にすぐアタリ、ドラグは唸り、竿が折れんばかりに曲がります!次々と船に上がるメボウ。全員顔見たでしょうか、オレを除いて・・・ 大佐が「たけちゃん!何やってんの、早く釣って!」と激をくれますが、喰わないものは仕方ないw。サラオですから。

魚が抜けたらしく終了。(やばい。またオデコか?)と不安がよぎります。優しい大佐が自分で釣ったメボウをオレのクーラーに「保険、保険」と入れてくれました。トホホ

しかし、そんな心配は不要でした。今日は探索も早くその度に釣れていくので(オレにもきっと)と思っていたら、、

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!

イワシをフカセてスルスル出ていたラインが、シャーーっと出始めます。ドキドキしながら、ひと呼吸置いてベイルを起こしガツンと竿を立てると一気にラインが引きずり出されました!「喰ったあーーー!」竿を立てて懸命に止めようとしますが、半端ない引きで竿がのされます。落ち着いていたつもりでしたが、やり取りチグハグw。走った時は竿で貯め、頭こっち向いた時にポンピングで寄せる。わかっちゃいるけどライン出されちゃうんでついついゴリ巻き。

竿を脇に挟んでじゃとても無理なので、竿尻を腹に当ててのやり取りです。


それでもゴツいタックルだからバラス心配もなく、何とか寄せて大佐が掬ってくれました。「やったああーーー!」

5キロくらいでしょうか?メボウ(キハダマグロの幼魚)です。大佐も「良かったあ」と喜んでくれてハイタッチ!この喜びはきっと、今年ボーズを続けてきたオレにしかわからないでしょうなw。(神様ありがとう)って感じ。こんなに嬉しい想いできるなら、連続ボーズも悪くないなww。


海鳥も賢いもんで、ナブラで船からイワシを撒く事を知ってるんでしょう。(ここにナブラあるよー)と言わんばかりにナブラの位置を教えてくれます(決してナブラで沸いたイワシを獲るのではなく、船から撒くイワシを待ってますがw)。

その後もマッタリすることなく誰かしら釣れ続け、トップの方はメボウ8本でクーラーが入り切らず船のを借りてます。2番手の方がメボウ5本にカツヲ数本。オレはもちろん裾ですw。それでも1本目よりちょっと型の良い6キロ弱位のメボウを追釣し、あとカツヲは1本です。シイラは3匹釣りましたww。竿尻当てた所が痛く痛くてw。少しづつずらしてやったんだけど、お腹周りがズキズキします。

疲労困憊。体力の無さを痛感しサボり始めた終盤。カツヲが船に着いたらしく、上乗り衆が舳先に集合。散水も始めてぶっぺでカツヲ漁が始まりました(模様はミクシーで動画アップ中)。15分位でしょうか、70キロくらい上がったそうです。でかいバケツでカツヲがドサーーっと豪快に瓶に入れられてます。すげーー!漁師!!それでも上乗り衆に言わせると全然らしく、普通は何百キロもあげるそうですよ。

という訳で餌も無くなった所で終了です。いやあ、満足満足。久し振りに興奮する釣りができました。帰りの船の気持ち良い事といったら、もう。カツヲ船、ハマるかもw。道具揃えようかしらww。その前に体鍛えなきゃな。大佐、今日もホントにありがとう。

帰り際、カミさん拾いつつ八景の宿に寄って、お茶しながらやまやさんと少し話して帰りました。カミさんも釣れたようで良かった。お土産まで頂いちゃって、やまやさんどうもありがとうございました。


(今日覚えたカツヲ船語)
 うぇえ゛えー○※☆▲!! :餌(イワシ)撒けえ!
 ばばばばばああ○※☆▲!! :イワシを盗んで行っちゃう海鳥を追っ払う
 やあ゛あー○※☆▲!! :やっていいぞ
 あ゛あ゛あーー!!○※☆▲!! :道具上げろー


【本日の釣果】
  キメジ2本、カツヲ1本、シイラ3匹

【今回使用した道具】
  ROD: 貸し竿
  REEL: 貸しスピニング



 8月 10日  番外編「釣りっておもしろかったんだ」 




 ■ 金沢八景  一之瀬丸 ■ はれ  長潮 ■ 釣果   タチウオ、サバ、シロギス、トラギス 

実はこの間の釣りの釣果如何では「もう釣りには出かけまい」と思っていたんです。だって釣れな・・・モガモガ。

生涯最後となるかもしれない釣り、そもそも釣りのことをほっとんどわかっていないあたくし、釣れるわけないので悔しがることもないし実際悔しくもないんですが、根が理屈っぽい(しかも体験型頭脳)ので、「一体皆が言っているその面白さとはどういうことか?」っていうのを少しでも糸口をつかみたい。どうもそれをわからぬまま人生を終えるのは(おいおい、生き急ぎ系)何か損を感じる。自分で釣ってみなくちゃ、面白いかどうかわかんないじゃん。

っていう性懲りもない疑問から「10日どう?」って声をかけてくれたマイミクやまやさんにのこのこと付いていくことにしました。


明日10日、たけは仕事なので自分のことは自分でしなくては・・・竿関連はやまやさんに甘えるとして、クーラーでしょ?始発電車調べて、雑巾類と日焼け止め、あとはビールでしょ?ビールでしょ?チュウハイも・・・・っはっ!
何を勘違いしているの?これは遠足ではないのよ。とのこ人生イチかバチかの出稽古よ。


そこへたけが「俺、明日仕事なくなったんだよ。」 お〜〜!足もできるし(なんて怠惰な女)、クーラー背負わなくっていいしラッキ〜♪一緒に太刀魚行こうかと誘うと、眼鏡がいつもより3センチ落ちてバツの悪そうな顔。「も!もしやあなたは大佐殿と鰹いこうなんて思っていませんか?」、「すまん、俺は大佐と一緒に遊びたい」

まあいい。行っといで。むしろのびのびできるぜー。でもまあ一応かわいこぶって「え〜〜ん。心細い。」とシナを作ったものの腹の中では、女の真剣勝負に亭主はいらぬ。「大佐に、ワラサが始まったらとのこも一緒に連れてってって伝えてね。まあもうワラサあがり始めてるってどこかの速報に出てたけど」

・・・・・!私ったら、いつの間にワラサの釣果なんてチェックするようになってるの?は〜〜〜。明日で釣りは最後になるかもしれないのに・・・


05時01分発小田急江ノ島線に乗り込み、横浜で乗り換えたこの時間京浜急行はクーラーボックス持ったお父さんがいっぱい!何しろはじめての荷物や風景ににちょっとドキドキ。BON JOVIなら一人でも行けるのに一人で港に行くのはワケが違う!?

・・・・・ドアの前に立つとのこはガラス窓に映るすっぴん寝起きの自分の顔をみて思った。「このあと私は夫以外の男と落ち合う。しかも港で。」ぎゃははは。クーラーもってんのに?このフレーズがおかしくってつい笑ってしまいます。

前々日スタッフと暑気払いしたとき、週末の予定を聞かれた私は同じことをスタッフの主婦連に話した。「そんなこと、よくご主人が許しますね。というかご主人に話しているんですか?○×☆☆□□●!!!!(怒)」 諸君、目が△だねぇ。カッパとクーラーで港に行くのに・・でもネタをばらしたら、「じゃあ明日はビッグパワー(近所のスーパー)でお魚買わないで釣果待ってますので♪」 ゲンキンなものよ。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

さて、金沢八景につき、師匠にご挨拶をし、今日のご教授をよろしくお願いします。狙いは太刀魚と鯵のリレー※(わからない人は欄外へ)。この敬虔な気持ちを表したく、出船前に早速といっては何ですがビールを献上したかったのですが、「シカケもつくれね〜癖に飲むのばっかり一人前でなんて奴だ!遊び半分でやるなら降りちまえ!」さすがに温厚なやまやさんといえども海上では人が変わるかもしれません。なのでふざけないで、日焼け止めを塗ったり、シカケの形を覚えたりして出船を待ちました。船酔い止めの「センパア」も飲んだし、氷も積んだし、よし!レッツゴー!

東京湾は今まで何度かみた相模湾とは景色が違います。工場も見えるし、何かと水平線をさえぎるものがあるし、沖へ出るのに橋げたもくぐる。「満潮だと船があの橋をくぐれないこともあるんですよ。」とやまやさんが教えてくれます。初めて東京湾に臨む私が、少しでも飽きないように、観光案内をつけてくれて、お気遣いがわかります。ん、なんだか闘志がわいてきた。

「師匠、今日の釣果次第では釣りはもうやらないかもしれません。」
「罪深き弟子よ。覚悟はわかった。何としてでも釣らせてやろう。わしはそなたが魚をあげるまで、竿は出さん!」
「はっ!」

こうして老子と孔子を乗せた舟は大海原へでたのであった。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

※リレーっていうのは「太刀魚釣れなかったらお客さんかわいそうだから無難な鯵釣りでもして帰りますよ」って意味ではないそうです。最初から2種混合を目的に楽しむコースのことだそうです。


デカ女もやしっ子度を再認識。だってライトタックルは・・・重かった(汗)。初めてみたライトタックル(以下LT)という竿はせいぜい1mくらいの長さなのです。前々からやまやさんが女性にはおすすめと言っていた竿で、軽いしキュートだし、愛着もてます。家にある竿はどれもこれも長くて男くさい。ん?しかし、どれもこれも似たようなものばかりどうして何本も買うの?

「女性だって、似たようなバッグや靴をいくつも買うじゃないですか。」という話からやまやさんが奥さんとよく行くというデートスポット‘伊勢丹'の話で盛り上がります。私も伊勢丹好き。そうか、だから似たようなクーラーを何台も欲しくなるんですねとか、似たような化粧品=似たような針。

という相互理解を深めたところに程なくポイント着。似たような船がわんさかと海上を埋め竿を垂れています。船長の「40〜20(合ってますか?)でやって〜」の声に合わせ伊勢丹で売ってそうなかわいらしいLTを手にいざ!しかし、はて?いきなりγーGTPのような謎の数字を宣告されても意味わからずオロオロ。

「やまやさん、40ってどこを見たら表示されているんでしょう?」 この質問に、老子の歌うようにゆるやかな用語解説と手順案内が繰り広げられ、それまで全くわからなかった釣りの流れ、つまり針が水中に入ってから空中にもどってくるまでのストーリーが朗々と哲学となって語られます。

40という数字は40mのこと、リールの糸の色が何色もになっている理由は10mごとに切り替わっている深度のガイドになること、餌にはつけかたがあるということ、誘いという方法で太刀魚を引き寄せること、時には待つことも必要なこと、当然太刀魚は立って泳いでいるということ。まるでNHKの松平アナかTV東京の経済アナリストみたいに聞きやすく、わかりやすい内容で指導されます。

「ですからピンクまで。」ついに「4色目」すら数えられなくなったと思ったのでしょう。色で教えてくれます。朝の一番釣れる時間でしょうに、師匠は竿も出さなければビールにも手を出さず教えてくれます。かつて船上では受けたことのない、慈愛にみち、初心者の目線になって話せる人柄と語り口調は 「このまま、うちのカルチャーに講師で連れ帰りたい。」

・・・・・いかんいかん!そんなことで感心している場合ではない。そら早速やった!オマツリー!(糸が絡むこと)それすらも嫌な顔ひとつせず解いてくれます。嗚呼、「女性ための海釣り講座入門」受け持ってくれないかしら。

・・・・・いかんいかん!またそんなこと考えている間にほどかれた仕掛けを回収して来た師匠は「餌のサバ切り身かじられてますねぇ。」な、何〜〜〜?アタリがあったの?ちっともきづかなかったわ。何だか無残に食いちぎられたサバをみたら急にスイッチオン。ヘタクソながらもしゃくり続けます。(しゃくる=なんていうの振るっていうのかなあ?そういう意味)

「やまやさん、何だかピアノ上手くなる気がします。」経済アナリストはこう応える。「それはまた何故ですか?(原文ママ)」そう、しゃくっていると、軽いし短いから楽勝と高をくくっていたLTでもさすが腕が凝ってくるのです。甘くみていたわ。とっておも大変。重い。弱った腱を鍛えなんだかいいフォルテがだせそうな・・・。

と思っていると、竿が何か変!

キタ━━ ゚Д゚】・∀・】´_ゝ`】`Д´】ノД`】=゚ω゚】━━!!!

船長も「そのまま巻いて巻いて」と援軍になってくれ。無事取り込まれるまで見守ってくれています。

す、すごい!釣れた釣れた!ふぇーん(感涙)。苦節6年、釣り暦4回目で初めての釣果です。キラキラとエナメルのように光り輝き、その背びれはまるでフリルのように、「こんなフリル高見沢だってイングヴェイだって着てないよ。」さすがに伊勢丹にない。でも海にはある。そう思いながらようやくチュウハイに手をかける私でした。めでたしめでたし。

<追記>
その後、6年前の初めての釣りであげられなかったシロギス、トラギス、ゴマサバなど4魚種がつれました。鯵ボーズ。トラギスをリリースしたら経済アナリストやまやさんに「な、なんということでしょうね〜」と言われてしまいましたが・・・(笑) やまやさん本当にありがとうございました。懲りずにまた連れて行ってくださいね。


【本日の釣果】
  タチウオ、サバ、シロギス、トラギス

【今回使用した道具】
  ROD: やまやさんにお借りした竿
  REEL: やまやさんにお借りしたリール



 8月 3日  何がどうなったらこうなるのか? 




 ■ 鎧摺葉山港  長三郎丸 ■ はれ  中潮 ■ 釣果   ボ(泣) 

何がどうなったらこうなるのか?

いきさつはもう定かではないが、離婚しそうなアメリカ人カップルを仲直りさせたいとかさせたくないとか・・?

そして何故か今日は葉山の長三郎丸さんからカツヲ釣り。しかも嫁とアメリカ人夫妻の4名という訳のわからない面子だ。なぜ俺はココにいるのか?難しい事を考えるのはよそう。

初めての宿、素人(女だけならまだしも日本語できない外人)と行くとして、船釣りの中でももっとも男臭く修羅場といわれるカツヲ船が適切かどうか?釣師の9割、いや10割に「ありえない」と言われそうですが、なぜかこんな事になってます。

後は野となれ山となれ?当たって砕けろ?せめてもの救いはスコット(旦那)が海軍であること(笑)。とにかく場所取りの為に3時に葉山に向かうことにしました。


余裕をもって2時半に船宿に着くと、すでに10個以上のクーラーが並び(宿の前にクーラーを早く置いた順に好きな席を取れるシステムらしい)、鎧摺葉山港の駐車場ゲートが開くのを待つ車が20台近く。スコット&ミッシェル夫妻も到着しててひと安心。取り敢えずその列に並んで宿が開く四時を待つ事にします。

4時前に宿が開き、席札を貰うと14〜17番の札。さすがに模様が良いからか?結局30人近く集まって満員御礼の様子。ちょうどゲートも開いたので駐車場へ車を入れ、氷屋で新調した750リッターのクーラーに氷を入るだけ入れて貰います。

6時出船という事ですが、模様が良くて混雑しているせいか?佐島まで餌買いに行った船がなかなか戻ってきません。みんな待ちくたびれた様子w。待ち時間が長いので、嫁とミッシェルが英語でなんか喋ってて大騒ぎしています。あまり港では見ない光景に目立って仕方ありませんww。カツヲ船の常連さん達も最初はキョトンとしてましたが、終いには「ギブミーチョコレート」とか、「女の方が男より竿の扱いは上手い」とか親父ギャグ言えるくらいになってくれてました(悲)。5時が過ぎ・・・6時が過ぎ・・・7時になってやっと船が戻ってきて乗り込みます。みんなクーラーもでかいので乗り込むのも大変。人数多くて24番札以降の方は2艘目に分かれて乗り込みます。

長三郎丸は左舷が1本釣り、右舷にフカセ釣りの竿を並べます。最初は「オレとスコットが1本釣り、嫁とミッシェルをフカセで2人づつ別れて様子の良い方を交代しながら。。」なんて考えてそう頼んだのですが、ミッシェルが「なんで別々なの?」と悲しそうな顔をするので、乗船後に無理を言って、オレ以外の3人を急遽フカセに、オレが保険で1本釣りに変更してもらいました。

出船前の準備で、上乗りさんが餌の付け方と釣り方をレクチャーしてくれます。しかしもちろん日本語w。

 1.生餌は生きの良いのを選んで。
 2.マイワシとカタクチがいるけどマイワシの方が良い。
 3.餌付けはマイワシは口から針を入れて鼻に、カタクチはエラから入れてエラ後ろの硬い所に引っ掛けて抜く。
 4.仕掛け入れたら、スプールをフリーにして泳がせる。船下に戻る様なら船から離して入れなおす。
 5.喰ったら、ひと呼吸置いて喰い込んでから合わせる。

こんな内容をつたない英単語とジェスチャーでスコットに説明してみたけど、本人が解ってくれたかは正直不明。とにかく出船でオレはひとり左舷の胴の間に入ります。左舷1本釣りが13名(オレは前から10番目)、右舷フカセは10名(嫁+外人夫婦は前から5、6、7番目)。ゆっくりと港を後にします。


  

南がそよそよする中、ゆっくりと西へ向かって移動していきます。途中、江ノ島沖に鳥山がありましたが、サバの群れとの事でスルー。船長は双眼鏡でナブラを探しながら更に西へと進めます。

1時間近く探索したでしょうか。大磯沖あたり?で船を停止させます。舳先の先を見ると水面がバシャバシャしています。ナブラです。ゆっくりと近づき、乗り子さんが舳先からタモでイワシを数回に分けてバラ撒きます。その撒いたイワシに喰いついたのを確認するや否や、船長「いいぞお!やってっ!」と怒鳴り散水が始まります。

イワシを針掛けし、できるだけ船から離して遠くに投入。なるべく魚が自然に泳げるように心掛けますが、これがなかなか難しい。周りの常連さんを見て、見よう見まねでやってみます。すぐに前の方でカツヲが1本とシイラが1匹、引っこ抜かれましたが後が続きません。反対側のフカセ組で数本上がったようですが、あっという間に群れが潜って終了。また探索開始です。

西へ西へと探索しながらやっていきます。撒いた餌には水面で喰ってくるのですが、針付けしたイワシにはなかなか喰ってくれません。すぐに潜ってしまうのか竿を出してる時間もあっという間で、フカセでは7キロのメボウ(相模湾ぢゃキメジの事をそう呼ぶそうで倣ってみましたw)が上がったようですが、なかなか厳しい状況のようです。


昼もまわると南が段々強くなり、大きなウネリを乗り越えながら船を進めていきます。「ウネリが入ると群れが潜っちゃうので難しい」と隣のフィリピン系常連さん。カツヲ釣りだと人格が変わるとの噂の一俊丸さんの近くで良さ気なナブラに当りましたが、1本上がったのみで難しいですね。

明日は長三郎さんが定休日との事で船長も頑張って残業してくれましたが、2時を過ぎた頃に終了のアナウンス。鎧摺(あぶずり)港に進路を向けました。帰り道に鳥山を見つけ一瞬戦闘モードの空気が漂いますが、良い群れぢゃないのか?近づいてみてスルーです。


そんな感じで、せめてスコット&ミッシェルには1本づつと思いましたがコレも釣り、致し方なし。「NO FISH OK」と最後に笑顔見せてくれた二人に感謝しつつ、絶対釣らせるなんて難しいことだなあと改めて思いました。今年最高の夏日だったようで、普段は飲まないビールも美味しかったし、突っ張って真っ赤に焼けた肌が心地よかったです。

今回お邪魔した長三郎丸さん。カツヲの1本釣りと聞いて身構えちゃいましたけど、ホントに良い常連さんを抱えてますね。乗っていてとても気分の良い船でしたよ。また是非乗ってみたいな。


【本日の釣果】
  ボ

【今回使用した道具】
  ROD: 1本釣り貸し竿
  REEL: なし



 6月 14日  また逢う日まで 




 ■ 大津港  たくみ丸 ■ はれ  若潮 ■ 釣果   マルイカ 2杯 

サラオが止まらないww。終いにゃ周りまで釣れなくなるって言われたヨ。ショボーン

それはさておき。。今日はKOC会員仲間であり、何度も一緒に釣りに連れて行ってもらったり、オフ会で飲んだりと8年近くお付き合いのある那迦痔魔さんが、寂しい事に今月末でアメリカに転勤となるとの事。TETSUさんの声掛けで、出発1週間前の忙しいであろう彼を引っ張り出し、船を仕立てての送別会となりました。

当初はマッタリとアジやろうという話だったけど、前日急遽「マルイカの仕掛けも用意すること」と連絡が入りアジ・マルイカの錘40号ライトタックルのリレーという事になりました。宿はいなの丸のチャーター船、たくみ丸から。参加メンバーと釣り座は以下のとおり。

←那迦痔魔さん TETSUさん 大ちゃん
←まこっちゃん オレ ototoちゃん

出船前、たくみ船長の話では「アジは厳しそうだから、最初マルイカやっては?」との事で、マルイカから。出船前から猛獣には笑わせてもらった。「嫁さんに内緒で新しいリール買って釣りしたらよぅイカ2杯だったよぉ、お客さんに恥ずかしくて言えねえよう。がはは)って。。お客、足元にみんないますから(汗)。おいおい、兄弟。君んとこの船宿は大丈夫かぁ?ww しかし実は朝からそれを馬鹿にしたのが運の尽きだったのか?

まずは久里浜沖へ。水深は20mくらい。3回目くらいに、まこっちゃんが1杯引っ掛けますが後が続きません。久里浜と鴨居を行ったり来たりしながら散策しますが、良い反応に当ててもイカにヤル気が無いのか?乗る気配がありません。

何度かの散策の後、段々と南下。気が付くと剱崎イサギ船団の横でやってるマルイカ船団の脇までやってきましたw。水深は40mくらいで開始します。各船、旋回を繰り返し激しい場所取りをしながらやっていきますが、いわゆる土曜日の海?周りでも当ててる感じがありません。

しばらくやりますが、好転の兆し無く再び長い散策の旅が始まります。ポカポカ陽気に気持ちの良いそよそよ北風。海はベタ凪とくれば睡魔が襲ってくるのもしごく当たり前の生理現象かもしれませんね。どのくらい揺られたでしょうか?気が付くと房総半島の際までやってきています。見渡すとみんな気持ち良さそうに寝ています。GPSで見ると富岡沖。目の前、館山です。


船長もこの渋い状況とはいえ、油が高いって昨今よく走ってくれましたね。水深60m位です。船長の努力の甲斐あってか、諦めムードが漂っていた船中にココではポツポツながら当たり、中々引っ掛からないまでも触る感触はそこそこありました。

ここでロボの異名を取るototoちゃんが、流石といった感じで拾っていきます。オレは触られるだけ触られて、仕掛けにスミを引っ掛けられてたり、ゲソだけ釣れたりとイカちゃんに翻弄されっぱなし。落とした1回目以外は中々乗ってこないので、さすがに旋回が多くなります。

気が付くと12時も回り、(戻ってアジやろうか?)との船長のご好意も、模様も良くなさそうとの事とあまり時間がないので、結局マルイカ最後までやって帰港となりました。富岡→大津。航程1時間ほど。トップはototoちゃんの9杯、スソはオレと兄弟の2杯。那迦痔魔さんの日本最後の釣りにしては渋かったけど、自然相手。これが釣り。ま、それでも全員顔も見れたし、船長もあそこまで走ってくれたので納得です。


宿に戻り、お蕎麦を頂き、屈辱の冷凍ひじきを御土産にいただきましたww。那迦痔魔さんと記念写真を取り、挨拶を交わし解散となりました。那迦痔魔さん、また戻ってきた際は御前崎いきましょうねww。


お気をつけて。また逢う日まで。


 ■今回御一緒させて頂いた方のHPはこちら↓
  ototoちゃん 「ototoのぺえじ
  まこっちゃん 「わたせまことの世界


【本日の釣果】
  マルイカ 2杯

【今回使用した道具】
  ROD: DAIWA LEADING AMAMARU
  REEL: ABU アンバサダー6500CL



 6月 1日  厄歳か?大殺界か? 




 ■ 松輪港  美喜丸 ■ はれ  中潮 ■ 釣果   ボ! 

致命的なサラオになってきたww。イサギなら御土産なしって事はないべえと思ったのが甘過ぎたwww

今日は定例で松輪から仕立て。6月に入り解禁(根のてっぺんをやれる)となるイサギ、タイ五目です。K藤さんが用事で代わりにOさん、N兄さんが酔い潰れて寝坊wで5名で5時半出船です。

←S兄さん  オレ Oさん
相模庵さん イカヅノ大佐

出船前の船長の話じゃ、鯛はあまり良くなく、イサギは鯛狙ってても良く釣れるからイサギ狙った方がいいとの事です。ポイントに向かう途中「良さそうな潮だよ、面白れえんじゃない?」と船長。イサギでクーラー満タンを期待してしまいますw。

解禁日という事もあり、猫の額ほどの根っこの上には船がビッシリ。剱崎のイサギは味も良いからと人気ですね。潮は濁りで良い凪です。潮が速いから6m2本針でと事前に言われましたが、用意する時間がなかったので、出船前に港で買った出来合いのイサギ仕掛け(1.7号3mのカラー針3本仕掛け)で始めます。

40mで上から15〜20m辺りを根の起伏に合わせて狙います。落としてみると、なるほど。潮がカッ飛んでますが、1色くらい落とすと仕掛けが立つので上潮のみ速い感じです。

しかし・・・朝イチに相模庵さんが1匹釣ったのみで、かなり渋い模様。何が気に入らないのか?(たまに反応は出るが、ちっとも餌を取らない)(潮がぬかるんだら釣れると思うんだけど)と船長も手を焼きます。

それでも魚のヤル気が出るようにとコマセを撒き続けると、クンクンっと竿先にアタリ。巻き上げるとイサギ特有のカンカンって小気味良い引きはなく、上がってきたのはカワハギ君(泣。


たまに細いサバが回ってきて仕掛けをダメにする以外、状況は変わらず。イカヅノ大佐はこの状況に、鯛仕掛けに変えて1キロ半と2キロ半を釣っちゃうあたり流石ですね。

あまりにアタリが無いので、鯛ラバ(80g)を落としたら、上潮に持ってかれてそのままペラに直行w。残り2時間あたりでの「いい反応だよ」に、気合を入れなおしてコマセ振ろうとしたら、2号のPEがぶちっといって天秤から下がサヨ〜ナラ〜で意気消沈www

どうも海の女神が「今日は釣りは止しておけ」と囁いた気がしましたw。という訳で12時前まで頑張って早上がり終了(釣れても釣れなくてもだが・・w)


帰りにエナビレッジで、ロストしたビシと乾燥アカモク、乾燥ヒジキを買って帰りましたとさ。ヤレヤレ


■今回御一緒させて頂いた方のHPはこちら↓
 相模庵さん 「釣りバカ亭主天国


【本日の釣果】
  カワハギ 1匹、サバ 1匹

【今回使用した道具】
  ROD: DAIWA LEADING AMAMARU
  REEL: ABU アンバサダー6500CL



 4月 29日  もう、しばらく鯛釣りやめますw




 ■ 松輪港  美喜丸 ■ はれ  小潮 ■ 釣果   2連ボ!! 

今日は相模庵さん仕立てのノッコミ真鯛!松輪は美喜丸さんからいつもの酔っぱメンバーでw。

港はのっこみ+GWの割には混雑も少ないです。(とはいっても駐車場は一杯ですが・・)くじで釣り座を決めます。1番くじを引いた大佐は(係留中の隣の船頭が今日は「トモの潮だ」と言っていたからね。イッヒッヒー)と右トモを選んだようです。前日は松輪の乗合船が休日で(魚もさぞかし腹すかしてるだろう)と、否が負うにも期待は高まります。

←N兄さん  オレ イカヅノ大佐
←Kさん  相模庵さん S兄さん

こんな感じで定刻6時半に出船。海は北が少しの凪で、ここのところ潮は澄んでいるようです。潮は澄んでいますが切れた海草や屑が漂ってのっこみには良い潮の予感。50艘位の船団の中、松輪瀬35〜40mを上からの棚指示で開始です。ハリスは4号10mに8号の針を縛ってきました。指示からすると+6m位と高めの指示のようです。

開始1投目。ブッコミでN兄さんに当ります!!1キロほど。(こりゃ幸先いいぞ!)。大佐「あれえ?隣のネタ・・ガセ??(汗)」。でも今日はそんな心配必要ありませんでした。

すぐさま、S兄さんに立て続けにヒット!こちらは2キロ弱。(おー!のっこみだあ!)と思ってる間に「当ったああ!」と相模庵さん。慎重にやり取りで3キロ弱。

そして大佐にも待望の、しかも一際強い当りで3キロのノッコミ真鯛が取り込まれます。そして終にはKさんにも2キロ弱が釣れてとうとうオレだけアブレ(汗)。ここらあたりから怒涛のラッシュ!!釣り座も関係なく満遍なくあちこちアタります(オレ以外w)。特にイカヅノ大佐には海の神様が降臨したと思わせるような釣れっぷり!!しかもどれも2キロ〜3キロの良い型を揃えて3枚。


結局、小1時間釣れ盛って、最後に少しアジがポツポツ釣れて少しアタりが遠くなりました。アジ3匹で終了したオレ以外は皆満足げな表情・・・ヤバイw

モーニングサービスも終わったようで、アタリが遠くなって1時間。餌取りもなくなると、「あと、たけが釣ったら帰るからさあ、早く釣ってよ」みたいな嫌や〜な空気になりますww。船釣り始めて何度も味わってきたこの嫌なプレッシャー。しかもこのパターンで皆の期待に応えた記憶がない・・

潮変わりの10時過ぎに期待を込めて頑張ります。「日が出て潮も澄んでるから、3号に落とした方がいいよ」と船長も気を使ってくれるのですが・・希に単発で当るのは他の人の竿ww。餌取りもなく、外道も混じらない時間が過ぎていきます。


結局、期待の潮も動かず喰いが再び立つ気配なく、なし崩し的早上がりwwで12時前に竿を収めることになりました。終わってみれば、頭は大佐で4枚。相模庵さんはオレが祭って1枚バラしちゃったので2枚、N兄Sんも2枚。S兄さん、Kさんが1枚づつと船中10枚。型も2キロ以上が揃っての良い釣りになりました。唯一オレが「0」を付けちゃったのが問題ですがw。


 

それにしても、前回、今回と気配がない。というか釣れる気がしない。ボは慣れてるんです。でもコレはいつもと違う感触。数年前にもあった「魚に嫌われてる」感というのでしょうか?誰かオレに釣らせてあげてください(泣)。


■今回御一緒させて頂いた方のHPはこちら↓
 相模庵さん 「釣りバカ亭主天国


【本日の釣果】
  アジ 3匹

【今回使用した道具】
  ROD: Aiプラス たけスペ6
  REEL: ABU アンバサダー7000



 4月 20日  初釣り(何月だよっ!w)




 ■ 久里浜港  五郎丸 ■ くもり  大潮 ■ 釣果   完ボ!! 

やっとこ初釣りです(笑)。昨年親父亡くして殺生控えてたのをきっかけに彼此半年。気が付くとノッコミの声(汗)。釣りネタもなく更新もサボりがちに、過疎化したところだけど、構わず行くぞ!ごるあ!!


てことで今日はちょろ松さんの仕立てに乗っからせてもらい久里浜は五郎丸さんチャーターでマダイ狙いです。7時出船ということで四時半にちょろさん、さかなのマスターと待ち合わせ、ちょろさんの店経由で久里浜へと向いました。

久里浜は五年振り。関東圏では有名な港の内のひとつですが、ノッコミ期にしては剱崎の様なピリピリした活気は無く、のんびり癒し系ムード。空は雲が覆い、前々日から吹き荒れた北風がまだ残ってます。

Tさん、マイミクのマルさん、たかっちさん、密漁師さんと全員集まり、氷、コマセ混ぜ用のオキアミブロック、刺餌をもらって、久里浜船特有の高ハシゴを登って乗船です。釣座はこんな感じ。


←ちょろ松さん  オレ さかなのマスター  Tさん
←密漁師さん たかっちさん   マルさん


久々の船。もたもたしながらも、思い出しながら準備します。今日はニューロッドの筆下ろし。釣れるといーなあ。コマセはアミベースで1/3位オキアミを混ぜないと鯛の喰いが悪いらしいです。久里浜沖50mを底からやって、棚は潮が速い時はマイナス1〜2m、淀んだらハリス分〜プラス1mでやってとの指示です。ちょろさんからは底から1→3→5のアドバイス。

前日、同宿で6キロ出てるとの話に、大鯛に想いを馳せ、定刻7時出船です。

程なくポイントに着き、実釣開始。ウネリも残ってますが、それより冷たくて強い北風と「走水かよっ」て感じでトモに向かってカッ飛んでる潮に閉口です。潮色は曇りのせいか?暗いようです。

竿先右曲がりのダンディー。二軒先まで伸びる道糸に、サミングしてなるべく仕掛けが立つように慎重に下ろします。しかしゆっくり下ろすと、立つより先にビシが吹かれてどんどん出る出る(汗)。棚も取れてんだか怪しいモンです。150号にしてえ。でも速いのは上潮だけらしく、なるほど下げすぎるとすぐ根掛かりしたり、気味の悪い軟体動物が引っ掛かってきますな。しかしさらなる試練が追い打ちを掛けますw。

巻き上げようと電動スイッチを入れると、2m巻き上げると液晶が消え沈黙・・・また入れ直しても同じ症状を繰り返すばかり。あーあーあー。電動も動かなきゃただのローギアードリール。何回かやり変えますが、電動なのに手で巻く理不尽さに我慢ならず予備のアブにスイッチしました。

しばらくすると、左トモでマルさんが当てたようです。オレも続けと頑張りますが、速潮に手を焼き皆目水中のイメージが掴めません。今日は10時過ぎで下げから上げる潮。「それまで我慢しろ」と隣でちょろ松さん。久里浜は底とチョイ上に餌取りの層があって、その間の棚を探ってそこで喰わすのがセオリーらしい。オマツリで周りに迷惑かけながらも、餌取りに盗られない棚にもっていく様に心掛けますが、刺餌は戻ってくるばかり。

潮変わりで少し緩かるんだ頃、「鯛の匂いがプンプンするぞ」と怪しい発言をちょろ松さん。するとオレの竿先にコツコツっと微かなアタリ。ちょうどオムスビをパクついていたので(食い込めっ)と念じつつオムスビ咥えてしばらく静観。すると引き込むことも無くフワーッと反応が消えましたww。「オムスビ食ってねえーで合わせろよっ!」と隣でちょろ松さん。ごもっとも。

上げ潮に変わってミヨシに向かって潮がいきはじめると、周りでまたポツポツあたりだします。気が付くとオタンコナスはオレから後ろの3名さん(汗)。隣のちょろ松さんにビシが絡んだので、解いてもとに戻すと「おっアタってる!たけ、良い誘いになったなw」とか・・・「サバだよ」なんてゴリ巻きしたら鯛がくっ付いてたとか・・・それでも釣れないよりずっとマシw。

最後にサバがポツっと回るも、鯛以外は外道もヤル気のない渋チンデー。時間いっぱいまで頑張りましたが、結局オレはおむすび放置のアタリ1回のみという悲しい結果に終わりましたw。それでも船中0.8〜2.0キロを6枚と渋い日にしてはまずまずでしょうか?ちょろさん、たかっちさんが流石トップで2枚づつ、最大は密漁師さんの2キロ。オレ、さかなのマスター、Tさんは屈辱の冷凍スルメイカ(泣)といった結果でした。

それでも船釣りはやっぱ楽しいな。次回が楽しみになってきた。みなさん今日はどうもお世話様でした。またよろしくお願いしますね〜


■今回御一緒させて頂いた方のHPはこちら↓
  ちょろ松さん 「カスタムロッド Aiプラス


【本日の釣果】
  ボ

【今回使用した道具】
  ROD: Aiプラス たけスペ6
  REEL: ダイワ シーボーグ400BD


inserted by FC2 system