12月 25日  メリークリスマス!そしてまた来年!




 ■ 間口港  健洋丸 ■ はれ  小潮 ■ 釣果   イシダイ 2枚 

ご無沙汰しました。時化で中止やら仕事で行けなかったやらで、約1月半ぶりの出漁です。恐らくこれで今年は釣り納め。「釣っちゃなんめぇ釣り納め」。今年一年の無事を感謝しつつ、いつもの海に恩返しする大事な日。タバコやハリスをポンポン捨てるなんてもっての他。そんな感じで間口は健洋丸からイシダイ五目となりました。 

出船前に船長からアドバイス(1.餌取りが多いから置いて30秒。手返しよくやれ。2.ゆーっくりとした誘いのあと食わせるタイミングに2、3秒。3.海底の起伏があるから他席で喰ったタナがアタリ棚とは限らない。4.底モノ(ネンブツ等)とアジの間をシビアに探れ。などなど)を頂き、前日同船で2.7キロの殿堂入りモノが出たとの事で気合も入ります。

マスター、F田さん、I藤さん、Oさん、K込さん、K川さんと7名で剱崎沖に向かいます。風は北がちょっとで凪良し。朝陽に寒波の影響のキンと冷えた空気に、東は房総半島、北は横浜工場地帯、西は富士山とクッキリ見通せて気持ちいいです。潮もいい感じです。今回は新調したリーディングXAにシーボーグで気分一新。期待の第一投です。

しかし、前日から急激に2℃程落ちたという水温に魚が馴染まないのか?餌取りはありますが、本命がなかなか顔を見せません。1時間ほどやったところでサバが現れポイントを移動します。

ここでしばらくやっていると、指示棚上でククン、ギューンと魚信。隣とマツりながら上がったのは800gほどの船中1枚目。胸を撫で下ろします。しかしその後がなかなか続かない渋チンモード。

ちょっと深みに移動して再開します。なかなか喰わない本命に、指示棚4m幅を1m毎に誘い上げてキーパーにガチャリと置いたところで一際良い突込み。1キロクラス縞模様クッキリの綺麗な雌イシでした。気がつくと船中0〜2とポツポツは上がっているようです。

またアタリが遠のいてきたので、後半は気分転換にイナダでも・・・と剱崎沖50mイナダ船団に混じってイナダ釣りを始めました。


船団は30艘くらいでしょうか?結構密集して狙っています。時折どこかで竿が曲がるといった感じで、入れ食いとはいかないようです。

そんな心配をよそに、船をつけてすぐ一気に船中何本も当りました。しかしまたパタッとアタらなくなります。どうやら小さい群れが回ってきた時が勝負のようです。

「しまったー、取り損ねた。」と後悔しつつも、"脂ノッてて美味い"と噂の今のイナダ。なんとか1本と一生懸命コマセを撒きます。

棚を取って置き竿にしていると、ゴンっと曲がって1キロ半ってところ。その後は気配なくなり五目へ戻ることになりました。


しかしこちらも、魚のやる気がないのか?手の問題なのか?(笑)喰ってくる気配なく、たまにアジがパタパタっと釣れ上がりますが激渋です。反応もあり良いポイントらしいのですが・・・

結局定時の2時まで頑張りますが、追釣叶わずそのまま終了。宿に戻って熱々お鍋と海鮮丼を頂いて解散しました。


これでオレの今年の釣りも(恐らく)終了。今年の釣りを振り返ってみると年間釣行回数17回と近年最少。しかも常宿以外は2回だけと、ほとんど健洋丸しか行ってなかったんですね。それでも5キロの鯛も釣らせてもらったし、9枚釣って竿頭にもなれた。房総じゃ10キロの鯛が上がるの拝めたし、結構いい釣りさせてもらったと思います。

来年は健洋丸に何回のれるかわからないけど、今年よりもきっと減る事でしょう。ひょっとすると乗れないかも・・・と思うと、船を降りる時も、宿で食事する時もちょっと感慨深いものでした。思えば7年前の夏場、初めてアジ狙いで操舵室横の右胴間に乗ったのを思い出しました。ビシ竿持ってなくて2.5m位の胴調子竿で結構頑張って、船長に褒められてから通い出したんですよね。今日は右胴に入っても良かったかも・・・なんてね。

2006年。オレはどんな釣りをするのか?予定立ってませんが、楽しい釣りができる事に期待したいと思います。

今年も見に来て頂いた方、飽きずにお付き合い頂いてアリガトウございました。来年もこんな感じでマイペースでいってみたいと思いますので、お付き合いの程よろしくお願いいたします。

【本日の釣果】
  イシダイ 2枚、イナダ 1匹、メジナ 1匹、サバ 1匹

【今回使用した道具】
  ROD: DAIWA LEADING XA55 205V
  REEL: ABU AMBASADER 6500CL BIG GAME COLLECTION



 11月 11日  正直しんどい(笑)




 ■ 間口港  健洋丸 ■ くもり  長潮 ■ 釣果   イシダイ 2枚 

今日は剱崎でイシダイ五目をやろうという事になりました。面子は右前からマスター、K込さん、K川さん、左前からオレ、F田さん、Yさん、Fさんの7名です。ホントの所、今日は先月末からの深夜仕事から6日間の出張、しかも風邪っぽいとヘバリ気味で、正直しんどい(笑)

定刻に港を出た健洋丸は、東京湾口よりの剱崎沖へと向かいました。はるか沖にはイナダの大船団(汗)が見られます。比較的浅めの水深。上からの指示で始めました。潮は冬の海色で澄み気味。長潮の割には上っ潮は艫に向かってすっ飛んでます。海の水がいつの間にか温かい季節になってました。

開始早々、Fさんがイシダイを釣り上げます。1キロちょっと。その後、船中ポツリポツリとマダイ混じりでイシダイが顔を見せました。マダイは1キロ半から2キロくらいです。

今日の問題は良型マダイが結構釣れてる事。しかもF田さんの話では置き竿にすると喰ってくる模様です。でも置き竿ではイシダイを狙いにくい。置き竿か?シャクリか?人が2キロ位のマダイを釣ってるのを見ると、ついつい置き竿にしてしまいがちです。オレはというと相変わらずスタート出遅れ、10センチ位のマダイとサバ君。サバもうるさい程ではないですが、やはり邪魔な存在。しばらくして、もう少し深みを狙ってみようとポイントを移動します。


コチラは水深50mくらいの所です。ここで指示棚+ハリス分から指示棚へ、キュッキュッと強めにシャクるとゴゴゴッと竿が入りました。船中アチコチでアタったようです。小気味イイ引き込みを味わって1キロちょい。周りもそんな感じでした。しばらくして2枚目がアタり、コッチはちょっと良くって1キロ半ってところでしょうか?水深のせいか?今日は強めのシャクりが良かったのではないかと思います。

この後、単発ではぐれイナダが喰いましたが、イナダの方はそれっきり。周りはポツポツ取ってるのに、オレは後が続きません。浅場、深場といろいろ狙っていきます。


潮が淀み始めた10時近く。たまに誰かがイシダイを釣る→ヤル気が出る→マッタリ→前に戻る←・・・といった展開。

ここで大鯛か?と思わせるアタりが出て、慎重に上げてくるF田さん。しかし上げてビックリ。大きなアカエイ!危険だからと仕掛けを切ってリリース。ひゃーと思っていたら、しばらく後にオレにもアカエイ(汗)。今日はサメも釣れてくるし水温下がったからかも…との事。


無線ではサバだらけだったらしいイナダ大船団ですが、サバも抜けた模様なので「イナダでも行くか?」の声も出ましたが、あの船団見てしまうとチョットね(汗)。イシダイは全員顔も見たし、気分転換にお土産にアジでも軽く…とポイントを変えました。


その時でした。開始早々にオレの竿に不意打ちで鋭いアタり!

 「何か喰ったー!」

道糸が一気に引き出されました。何とかイナそうと思いましたが、痛恨のブレイク…先針がすっ飛んでました。

 「何がいるんだ?カンパチか?ワラサか?釣って正体知りてーー!」

仕掛けはイシダイの時のままで4号3mの2本針。掛かったアジかイサギに喰ったのか?オキアミに喰ったのか?縛り直して再投入。するとまたゴゴン、ゴゴゴゴー!と道糸が一気に引き出されました。

 「マジかよ!」

っと今度は慎重にやったのですが、またまたブレイク。下手糞…トホホ。上げてみると枝スが切れてました。F田さんにもアタってこちらもブレイク。船長は多分ワラサだとの事。F田さんとFさんは釣ったアジで泳がせ。オレはオキアミに喰ったと想像し、アジ、イサギを釣りながらオキアミを撒き続け狙ってみました。

しかし、残念ながらあのアタりは再び訪れることはありませんでした。


残り30分。もう一度イシダイ狙ってみようとやってみましたが、誰も追釣せずにそのまま終了です。


今月から健洋丸は今までの港の宿ではなく、船長の家で休憩するとの事になったそうです。船長に車で先導してもらい船長ん家へ。おいしい天丼と蟹汁を頂き帰路に着きました。

【本日の釣果】
  イシダイ2枚、イナダ1匹、アジ・イサギ沢山

【今回使用した道具】
  ROD: Ai Plus Take Spl TypeX
  REEL: ABU AMBERSADER 7000X



 10月 10日  ヤリーカっ!

 ■ 間口港  健洋丸 ■ 雨  小潮 ■ 釣果   ヤリイカ 11杯 

今日は健洋丸から、オレにとって鬼門のヤリイカ狙い。はっきり言って超コンプレックス。どうやったら乗るのかよくわかりません(恥)。いつもトップに3倍以上釣られて大スソが定位置。とりあえず前日に兄貴にアドバイスを請うて挑みます。端物狙いでマダイなんか喰ってるとの噂も聞き、あわよくば泳がせて大鯛ゲット…などとよこしまな企みをもって挑みました。

他船が港を後にした6時半、少し遅れて6名を乗せた健洋丸は沖に向かいました。目指すポイントは城ヶ島の西沖100mあたり。今日は小雨パラいてちょっとヒンヤリ。風ウネリもあってやや時化といった具合です。ポイントには長井ノリノリ船団や腰越からはあの船など(笑)、20艘くらいが広く散らばって船団を作っていました。慎重な操船の後、投入の指示です。

指示は底から5mから10mくらいの反応です。角セットは下から薄青、薄ピンク、蛍ムラ、赤帽スッテ、緑の5本立て。周りに遅れないように投入。底立ちを取った後、1m刻みにシャクって止めてで指示範囲を狙います。

2流し目にオレにも1杯引っ掛かりました。嬉しい。しかしウネリがあってアタりは取りにくいは、バレるはでなかなか取り込めません。

そんな感じで延々と。気が付くと11時過ぎてて、オレ3杯(+スルメ4杯)。ちなみに掛川さんが恐らくトップで10杯くらい。マスターが6杯。まあ、順当にトリプルスコアを付けられていました(笑)。問題はオレ的お楽しみのイカ鯛の餌が3杯しかいないという事。残り時間は2時間近く。マスターが船長に聞いてきたところ、

 マ:「今日はいい反応ないよ〜」
 マ:「どうせそんなに釣れないから、たけ泳がせやってみたら?」
 た:「そうか〜、周りも釣れてないし…こんな日もあるよねぇ。わかった、やってみる。」っと、


虎の子3匹の中から一番小振りなヤツを引っ掛けて、そっと底まで落とします。2〜3m底を切って置き竿で待ちます。しばらくすると竿先がプルプルっとなりました。???っと上げてみると、大事なヤリイカがズタボロ。

「誰に殺られた〜!?」っと聞いてみてもイカは既に悶絶…

頭に血が上ったオレは、残りの財産2匹から1匹をむんずと掴み再び投入。しばらくして「はい!上げて〜」と仕掛けを上げさせて船長、船団から大きく離れ群れを探索します。

「はい!やって!」の合図でオレは2号を投入。するとさすが健洋丸!今日城ヶ島沖を攻めた船で一番のイイ反応をアテました!みんな入れノリ!空振りなしで落とせば2点掛け、3点掛けと数を伸ばします。

そんな中オレは泳がせ…(汗)。チラリとさっき変えたイカ仕掛けを見ると、適当にバケツに突っ込んでおいたので修復不能な様子(大汗)。みんなの入れノリを横目に置き竿で夢を待ちます。

しばらくすると竿先がプルプル。時折、叩く様なアタりが竿先に出ますが、ここは食い込むまでジッと我慢。

グッ、グッ、グ―――ッ!竿が入りましたっ!

「おりゃー!キター!」と入れノリを我慢した分、気合を入れて竿を立てます。

(ん…?でもなんか引きがおかしいな。)と竿をぐっと立ててみると、大物は大物そうだけど…

100mの間、大した引き込みもなく、重いだけといった感じで上がってきたのは…


   ガ――ン!2m位のサメがクネッ、クネッ、クネッ。


グッとハリスを引っ張ると、口からゲボッとオレの大事なヤリイカを吐き出したかと思うと12号ハリスを噛み切ってサヨウナラ〜


「マスター…。お願いです。イカの仕掛け売ってください。」

という事で。なんとか入れノリ後半30分くらい味あわせて頂き8杯追加。他船が集まってきて入れ乗り確変モード終了。昼前まではどうなるかと思ったけど、終わってみればトップは掛川さんで30杯、あとの皆は20杯くらいの大漁でした。オレは11杯(内サメの餌付けに2杯謙譲)今回もトップに見事トリプル付けられ大スソ定位置(泣)。あんなにタイミング外してハチャメチャな釣りしちゃったけど、しっかりヤリイカお土産になってるって、さすが健洋丸!あの群れをアテた時の船長、ほんとカッコよかったなー。

ココでの泳がせはアタればメダイの確率が高いとの事です。もう少し上まで8〜10m底を切った方が良かったみたいでした。宿に帰って熱々旨々おでんで体力回復。満足顔で帰路につきましたとさ。お終い。

【本日の釣果】
  ヤリーカ 11杯、スルメーカ 4杯、さめ…1匹

【今回使用した道具】
  ROD: MANIA STICK AJI SP 180
  REEL: DAIWA SEABOARG 400BD



 9月 23日  ひと月振りにお船!マダイ狙い!


コイツが憎くて憎くて


 ■ 間口港  健洋丸 ■ はれ  中潮 ■ 釣果   ノーピクリのツルツルテンっ 

ひと月振りの沖です。相模湾では例年通り釣果ムラありつつも、カツヲだ!メジだ!と熱い季節。どうしてもそちらに目が行きがち。が!ここ数日、何気に剱崎で大型マダイが上がってたんですねっ。ノーマークだった〜!

・・・という訳で9月の3連休に健洋丸さんから大鯛を狙ってみる事になりました。とはいっても、相手は百戦錬磨の大鯛。巧くいきますかどうか?(笑)

前日に伝令で”全員4号統一!小さい針も禁止!全員で揃えれば喰いは変わらないから!”との事。オレも大賛成。こういうのが「気の知れた仲間での仕立てってイイなぁ」と思う所のひとつ。


軽くヤバイ眠気の五時半、船に6名乗り込んで定刻に出船。松輪の船団とは違うポイントで唯一、一義21号船が横に付けています。6時15分という規定開始時間が設けられたらしく、定刻出船→全開でポイントに走る→早い者順で釣り開始ってのがなくなった模様。ポイントを陣取って15分のビシ投入を待ちます。

出船前、船長が言うには、「朝は上げの潮で前が有利、後半は潮逆で後ろが有利」との事。剱崎の鯛釣りで前有利、なんて言われた事なかったし、いつも左前に入れてもらってるオレとしては、朝のチャンスに有利な釣り座?ヽ(●´ε`●)ノ って感じ。

過剰な気合と期待。しかし想像とはウラハラ、いつものマッタリ・スタート。剱崎沖50mライン。お天気は曇りで台風の影響か?風で涼しいくらい。潮はやや澄みで結構上潮がいってます。しばらくするとチビマルソータ(以後チビマル)が寄ったらしく、落としてる途中で喰ってきちゃうので、なかなか仕掛けをタナまで落とせません。

しばらくしてマスターが、「またマルソータだよ〜」と電動全開で巻き上げたら1キロ弱のマダイ(汗)。(※オレの物欲師匠のマスター。今回持ち込んだニューウエポンは「直付バッテリー」。もの凄く軽くて按配よさげ。ただ小さいだけあって容量も少ない。今回の鯛釣りでは残り1時間半ってとこで電池切れ。2個持つよう勧められたらしいです。)

その後まだ前の潮だというのに、右後ろの野村さんに船長も「大きいよ!」というアタり!5キロアップは間違い無さそう!しかし痛恨のブレイク… どうやら新品のサルカンがすっ飛んだらしいです。不良品だったか?!悔やまれます。

その後、左後ろの岡田さんにもアタり、そしてバラシ。どうも上手くいきませんな。にしても前の潮のはずなのになんで〜?

そしてゆっくりと潮がトロトロし始めて、またマッタリし始めます。元気なのは相変わらずチビマルと、表層でオキアミにチャージしてくる80センチくらいのシイラのみ。まだ小さいせいか?上げてくるソーダに喰い付く感じではありません。

長い長い忍耐戦。針を一度だけ小さくしますが、ダメダメと自分に言い聞かせ、すぐにマダイ9号に戻します。いつかドスンと入ることをイメージしつつひたすらアタりを待ち続けます。何故ならこのポイントは、何年か前に13キロや9キロが上がったという"大型の実績ポイント"だそうだから。オレにしては結構手返し良くやったつもり。船長も「もうすぐ潮が行きだすから頑張って」とエールを送ってくれます。

そしてやっと来た時合。ラスト1時間半前。左胴で1キロクラスが喰ったかと思えば、右胴でも1キロ半。終いには左後ろでも1キロクラス。揺らぐ信念、信じる心、葛藤。そしてなぜか残り30分のところで、オレの電池が切れた(笑)。そのまま道具を仕舞って舳先で爆睡…

目が覚めたのは、ちょうど港に入ったところ。 Σ(゚Д゚)ガーン


つー事でそーいう事だ(笑)。船中4枚。お凸はオレと野村さん。野村さんは大鯛とやり取りしてるからまだ良い。オレは船中ただ一人のノーピクリ。そしてもちろん完ボ… _| ̄|○

朝「今日は釣れなくてもいいんだよな(笑)!」っと船長と話して向かった大鯛狙い。お土産欲しけりゃ、キッチリ釣らせてくれる船長。今日は徹底して大鯛を狙ってくれた。大鯛狙いとはこういうもの。クーラ満杯にするのも釣り。ボーズ覚悟の一発大物狙い、これもまた釣り。ただ解せないのは、オレだけアタり出せなかった事… まさか…腕か?(汗


春の「船下、鯛でまっかっかー!釣れない気がしない!」と言い切ってた頃が懐かしい。。。

【本日の私の釣果】
  つるつるてん

【今回使用した道具】
  ROD: Ai plus take Spl TYPE3
  REEL: Daiwa Seaboarg 400BD



 8月 29日  ワラサは居たのか?




 ■ 間口港  健洋丸 ■ はれ  長潮 ■ 釣果   "ボ" 

激しく夏バテ中のオレ。そんな折、無謀にも平日強行釣行を敢行する事に。しかも狙いはワラサ。船宿夏休みでしっかりと寝かした、そして三日前に通過した台風で潮色変わった松輪瀬です。どうなりますことやら。

リリリリリリーン!朝、携帯の呼び出し音で目が覚めた!大寝坊だ!「もう出船だぞ!」マスターの声。慌てて船に向かう。港で寝てて正解だった。起床3分での出船(笑)。面子は右前からマスター、K込さん、野村さん。左前からオレ、Yさん、伊藤さんの6名でワラサ、マダイ狙いです。

剱崎沖、陸からすぐの30m立ち。「まずはマダイの仕掛けで」と船長。ポイントが狭いのか?松輪の船団10数杯ながら結構寄り添っての開始です。ただお客は少なく、どの乗り合いも4人くらいでビシの数は多くないのでヤナ感じではありません。台風の影響か、水がやけに泥色に濁ってます。

長潮だというのに、道糸がトモに向かってかなり斜めに入ります。台風水流れの影響かな?濁りと合わせて苦戦が予想されます。しかし程なく左トモの伊藤さんが1キロ半を釣り上げました。

みな、3号でやってたみたいですが、オレは生意気にも針も大きめハリスは4号です。それもこれも、いつワラサが…また大鯛がアタっても良い様にとです。数度のサバパーマと手前祭りで信念揺らぎますが、オレにしては結構諦めません(笑)。オレの竿じゃありませんが、何度か自船でも大型らしきアタりでハリスを切られました。だから4号で通せたのかもしれませんね。相手はワラサか?大鯛か?(笑)

しかしその間も、オレに来たのは300gくらいのベイビーマダイと後はワカシにゴマサバのみ。ベイビーは浅いからか、上げても元気一杯だったので元気に海に帰っていきました。相変わらず苦戦を強いられます。次第に仕掛けを疑いだしてしまい、針を小さくしてみたり、ハリスを3号に落としてみたりの悪あがき。(あーやっちゃった)

それでも喰いが変わらないと諦めがつくもので、また4号に戻しました。しばらくやりますが、好転の気配無く船団を少し離れて、ワラサもアタルというポイントへ移動しました。

オレは朝から4号なので特に仕掛けも同じ。相変わらずサバパーマと手前祭りで仕掛けをロストしていきます。「ワラサ来たら入れて一分で喰うからなっ」とマスター。いつ回ってくるか?わからないワラサに備え、少し手返しよく心掛けます。

ここで右トモの野村さんが良型1キロ半を釣り上げます。潮が変わって随分釣りやすくなった頃、マスターが激しいアタりに「喰ったー!」と騒いでいますが、結局サバです(笑)。

"ワラサを1回水面でバラした"らしい船団に再び戻ってみますが、相変わらずの様子にアジをやりに行くことにしました。


タックルも変えず、仕掛けだけ換えてオキアミ餌で狙います。ところがこのアジもこの濁りの影響か?食いが渋い。開始早々はパタパタっとくるものの、後が続きません。型は小振りだけど美味そうなアジです。大きくポイントを変えていく船長。最後に一度、入れ食いのポイントを当て、みな数を伸ばしました。オレは相変わらず雑な釣りでポロリポロリとバラし続けます(泣)。

そしてそのまま終了。結局ワラサは顔を見せませんでしたが、夏陽とちょうど気持ち良い潮風。そしてマッタリ喰い渋り。昔、乗り合いで始めた頃の"松輪の鯛釣り"を思い出して、妙に懐かしい気持ちになれたのでした。

【本日の私の釣果】
  アジ×5

【今回使用した道具】
  ROD: Ai plus take Spl TYPE3
  REEL: Abu Garcia ambassadeur 7000Spl



 8月 12日〜13日  大物はんた〜がゆく』 / 『松輪で10キロ コラボ




 ■ 伊戸港  海老丸(12日)■ くもり  小潮 ■ 釣果   やっぱり?(笑)"ボ!" 

■驚愕〜1日目


「泊りでのんびり『海老丸』で真鯛がやりたい。」

つーことで行ってきました。兄弟とツルんで南房総。暦より1日早く業務フェードアウトして金→土とお泊り釣行です。天気予報では雨混りとの事だけど「ボクの夏休み」、どうなります事やら。

木曜深夜に落ち合って、兄弟の車でアクアを通り一路房総を目指します。コンビニに寄って少し早めについた2時過ぎ。蚊の猛攻を掻き分けて席札を取りに行くと、すでに3枚しか残っていません(驚)。取り敢えず空いている、右前から2番目3番目を取り、集合時間の4時半に船まで向かいます。

久し振りに来た海老丸、久々のコマセ真鯛に胸ときめかせ、席について準備をします。右前2番目に大ちゃん、3番目にオレ。片弦5名の10人満席。空は曇り空が明らいできました。船はゆっくりと港を後にします。

向かった先は、布良よりの平砂浦沖。潮は澄み潮。上からの指示で開始します。仕掛けは4号8mのマダイ9号。大ちゃんに作ってもらいました。(;^_^A


指示ダナ+6mほど落とし、コマセ撒いてタナに合わせます。コマセで浮かせて、やる気のある鯛だけを釣る釣り方。決して下まで落っことしてはいけません。

開始早々1キロクラスがポチポチ上がります。しばらくして左前で 5.4キロ が当たり前のように上がりました。(おー!さすが海老丸!)と思っていたのですが、実はこんなモンでは済まないのでした。

平砂浦沖を海岸に沿って東へ西へ。タナも変えつつ色々やっていきます。オレにはイサギとメジナしか来ませんが、マッタリしながらも周りはポチポチ。どーもトモの潮、左の潮で気が乗りません(笑)。

船長が「今日の落ちこぼれはお前等3人だな」と右胴3人を指していうので、「なんでだ?(怒)」と聞くと、"趣味の悪い色の竿を使ってるからだ"と!オレの竿に至っては「キャバスケが好きそうな竿だ」とまで・・・チクショー!

そんなマッタリを吹っ飛ばしたのは7時半。右トモ師にきたアタりでした。船べりから沖に向かって一気に走られ、まるでシイラかカツヲでも掛けたかのような横のやり取り。

竿はギュンギュン曲がってます。(どーせ取れないような青物かなんかだろ?切っちゃえ切っちゃえ!)なんて思っていると、船長は全員の竿を上げさせ、取り込みやすく船を廻していきます。ん?鯛なの?まさか〜

15分ほどでしょうか?やっと寄せた獲物を見て船長、「デカイ!」。慌てて大タモを取ります。ゆら〜っと上がってきたのは正に大判!何だコリャ!ガオーって感じ。タモに入れても船に上げるのに「せーのっ!」ってやらないと上がりませんでした。

 

すぐさま検量すると、これが 10.4キロ! ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン!!

いくら海老丸とはいえ、大台超えは1年にあるか?ないか?それが、オレの隣の隣で上がっちゃたんだからそのショックときたら相当なモノ。(隣だったNAKAさんはもっとダメージ大か?)

正直、天井でしょ?10キロオーバーなんて、そうそう出るとも思えずに意気消沈。ぶっちゃけ5キロの鯛すら子供に見えちゃいました。

そんな感じでお昼までやりますが、時間になり終了で結局定位置の"ボ"。5mも離れていない所で上がったという事は、オレにもチャンスはあった筈(?)

どうも今日は、コマセがちゃんと振れてない事がオレの敗因だった様です。

今日はここで泊まっていくので、明日の席は是非ともトモ寄りで…と思うのでした。

 兄貴!明日もよろしく頼みますよぉ〜



【本日の私の釣果】
  イサギ、メジナとも各数匹

【今回使用した道具】
  ROD: AI-PLUS TAKE-SPL3
  REEL: DAIWA SEABOARG 400BD



中休み・・・

ま、そんなわけで、沖上がり。船宿からちょっと行った所にあるスーパー銭湯、「さとみの湯」に行ってひと休み。前日寝てなかったので、温泉に浸かって、昼/夜ともそこで食事も済ませました。

船宿に戻り、明日に向けてそのまま海老丸『いそざき』に素泊まりです。ムカデに噛まれるとかー、エアコンが無いとかー、ポットンだとかー。泊ってみたら意外や意外。快適じゃないですか(笑)二人とも(?)充分休んで2日目に挑みます。






 ■ 伊戸港  海老丸(13日)■ くもり  小潮 ■ 釣果   マダイ 1枚 (なんか肩身が狭い) 

■衝撃〜2日目


という事で2日目。朝4時に大ちゃんに起こされ戦闘開始です。

昨夜は、10キロの傾向と対策に余念無く、経験を踏まえた仕掛けを、気合入れて縛る…つもりが、二組縛って「ちょっと休憩」とコロンとしたら九時には爆睡(泣)。「やる気あるんか!」と言われれば返す言葉もございません。

ただ、それでも昨日を踏まえて左、しかもトモの席をキープしたので、何とかなるべ。4時半集合。左大トモにオレ、2番目に大ちゃんと入って2日目に挑戦です。

今日も同じところ、同じタナから開始しました。昨日出たばかりだから今日は出ないだろ?って気持ちと、いやいや来てますよ!って気持ちが混ざりあって変な期待感。とりあえずマツら無い様、慎重に1投目を投入します。

ひと流し目、ふた流し目、3流し目・・・右胴でどうやら型モノらしいバラシがあったようです。手元まで来てのバラシだったので、「どっかに浮いてねぇーかあ?」と船長が周りを見渡しますが、残念ながら海へと戻っていかれたようです。すると間もなく、オレにも待望のアタり。でもなんかサバが掛かったような、バタバタ竿先が暴れるようなアタり(汗)。竿を手に持つと軽いながらも鯛っぽいので、ゆっくり上げて1キロサイズ。続けざまに大ちゃんにもアタり。こちらはひと周りデカいサイズ。

その後、昨日と同じようなタナでいろいろやっていきます。それでも大ちゃんは、良い型を拾いながら竿頭へと爆進しています。オレはイサギばっかり(泣)。

(今日はもう出ないだろうなあ)なーんて諦めかけていた、ちょうど10時です。右胴で型モノらしきアタりが出ました!またも船長、みんなの仕掛けを上げさせて、熱いバトルの開始です。こちらも15分くらいのやり取りでしたでしょうか?ボコっと浮いたのは、遠目に見てもデカイ鯛!またも大タモの登場です。

検量の結果、 8.4キロ! だそうです!(恐るべし海老丸!!)

まったく油断していた!ずっと頑張ってないからきっと、あーいうのを取りこぼしていくんでしょうね。反省。一番辛いのが、上がった場所が、昨日オレがやっていた右の3番目。今日は大トモ取って、場所だなんだと言い訳できない状況だったわけだし。しかも昨日「あそこの席じゃ釣れる気がしない」と兄弟に言い切った手前、バツが悪くて仕方がない。

結局、席がどうとか言ってないで"釣れ"という事ですな(トホホ)。これでまた意気消沈。それでも明日はもう無い!っと思うと少し頑張れます。残り30分。

竿先に集中してると、イサギやメジナとは違うカツンッっといった乾いたアタり。仕掛けを上げるとスッパ切れ。また入れると同じアタり。(大鯛か!?)などと(単純に)思い込み仕掛けを打ち返した矢先!

オレの隣の右大トモ師(昨日左前で5キロ取って俺達と同じ連続で乗っていた方)が、デカそうなヤツを掛けました。みんなまた竿を上げてしばらくやり取り。しかしハリスを手繰ってきたところ痛恨のブレイク!

チャンチャン♪終了。という事で結局オレは1キロが一枚。完ボでもなく、デカイの取ったでもなく…とかなり掴み所の無い中途半端な結果。見場なし。ゴメンチャイ。

それでも雨にもやられず、雷にも追っかけまわされず、餌取りの猛攻で閉口というのもなく、純粋にマダイ釣りに集中できて楽しかった。何より海老丸の凄さを体感する事はできましたから。

2日とも型モノを取ったのが、「同じ仲間グループだった事」、「当てた席もバラバラだった事」で、何かコツがあるんじゃないかと睨んだのですが、コレばっかりは月謝を納めない事にはわかりませんね。一応見よう見真似で真似してはみたのですけど、そんなに簡単にできる筈もなく…(笑)。しばらく通いたい位だけど、そんな事してたら家を追い出されそうなのでやめておきましょう(笑)。

お盆渋滞を避けようと、宿でのお茶も早々に切り上げます。海ほたるで軽く食事をして帰ってきました。

兄弟、お疲れ様でした&ありがとう。行き帰りと運転は疲れたでしょう。今日はゆっくり休んでくださいね。


これに懲りず、またよろしく頼みますよぉー(笑)
   PS. レポの方もよろしくお願いしますよぉー


今回御一緒くださった方のHP
  「大物はんた〜がゆく
   / 菜蚊胃三乃字選手


【本日の私の釣果】
  マダイ 1枚、イサギ 数匹

【今回使用した道具】
  ROD: AI-PLUS TAKE-SPL3
  REEL: DAIWA SEABOARG 400BD



 8月 7日  真夏のオニ退治




 ■ 間口港  健洋丸 ■ はれ  中潮 ■ 釣果   オニカサゴ 10匹 

相変らずサバは好調。マルイカ不調。ワラサ気配ナシ。スルメは疲れるからイヤ・・・と状況変わらず(そら、一週間しか経っとらんし(笑))。

みんな「サバは釣ったばかりだからイイやぁ〜」と、ちょっと趣向を変えてオニカサゴをやろうという事になりました。前日ヤツから「水分たくさん取って、いざという時の為にオシッコはためておくんだぞ!」と励まし(?)の言葉をもらい(そんなもんで治るんかいっ!)、毒針に不安を覚えつつの出漁です・・・ 場所はちょっと走って洲崎。息切れバテ気味だけど、張り切っていこー!


定刻に岸払い。ポイントに向かいます。行程45分くらいで水深90〜100m。南が5m吹いてますが、海上はベタ凪。かえって南風が気持ちイイくらい。アジビシ竿に電動リール。片天秤に120号オモリをぶら下げて、サバの切り身をエサに始めます(先週釣ったサバ。エサ用に少し〆ておけばヨカタョ)。今回は前日仕事とあって時間もなく、ずるエサの仕込みはなし。船宿で出してもらったエサのみで勝負です。

アタりを取る云々じゃなくて、底立ち取るのに"先調子の竿が向いている"とは、数年前やった時の感想。喰えばガツガツっと勝手に掛かるし、食い込みがどーとか、針掛かりがどーとか、シビアな事は無い・・・だったハズ。

とりあえず底まで落として50センチくらい巻き上げる。海底は凸凹してるのでマメに底に落として上げての繰り返し。エサが海底ギリギリに漂うように心掛けます。相手は好奇心旺盛な根魚。たまに誘いを入れるのもイイ・・・かもしれない。昔、アイツのページで釣り方の解説が書いてあったはずだが・・・何故かなくなってるし。

心の底で(刺されたくないから掛からないでくれ!)ってのと釣りたい気持ちが交錯します(笑)。開始早々、左並びのトモの古田さん、胴の伊藤さんと続けてヒットさせていきます。相変わらず上手いなあ。


そんな気持ちと裏腹、オレにもすぐにアタりが出ました。ゴツゴツッ!結構な引きです。(うひょひょ、2キロっくらいあるかな?うひょひょ〜♪)とゆっくり巻き上げてきましたが、半分くらい巻いたところで・・・フワッ

 「バ、バレた・・・」

(オニカサゴってバレるっけ?)と、半信半疑で仕掛けを回収。見てみると先針がスッパリ無くなってます。???

その後すぐに同じようなアタり。そして同じようにブレイク。先針が無くなってます。??????


その正体がわかったのは程なくしてから。マスターが何やら面倒なヤツを引っ掛けた模様です。上げてみると、1mくらいの七日ザメ。船に上げちゃったもんだから、のた打ち回るわ、船当ての発砲玉に噛み付いてるわ、((((;゚д゚)))アワワワワ もう大変。後ろで古田さんもサメを引っ掛けたので、まあそういう事だったのね。

すぐさまポイントを変えて、底をトントンやってたら、今度こそオニカサゴ。600gってところ。ここいら辺りで皆、一気に数を伸ばしていきます。サイズは700gクラスと赤ちゃんクラスが半々って感じ。

何度かの流しの後、古田さんが今日最大の1キロオーバー(あと100gで殿堂入りだったのに!欲しい!)を釣りました。デカッ!恐っ!目イッパイ毒ビレ広げて威嚇しています!


そんな感じで一日。前半バタバタッ、後半ポチポチといった感じでした。オレはというと、リリースも入れれば10匹以上は釣ったかな?カサゴは成長が遅い魚だと聞きますし、赤ちゃんは頭取ったら、食べる所ほとんど無さそうなので、気持ちよくリリース。

昨年だかに、湾内の一部の乗合船が毎日攻め続け、根絶やしにしてしまった根らしいですが、こういったリリースで根は守られると信じたい。

帰港前に2匹までは棘を切っておいたのですが、何分危険なスコーピオンフィッシュ。揺れる船上では危険と判断し、クーラーへポン。時間になり帰港しました。


宿でうな丼を頂き、疲れた体にエネルギーチャージ。さらにカキ氷まで出してもらってクールダウン。今日は海岸も行楽で混みそうなので、さっさと切り上げて帰路に着きました。

【本日の私の釣果】
  オニカサゴ 10匹、アヤメカサゴ 1匹

【今回使用した道具】
  ROD: MISAKI MANIA-STICK /競喰
  REEL: DAIWA SEABOARG 400DB



 7月 31日  松輪サバ 水揚げ作戦




 ■ 間口港  健洋丸 ■ はれ  若潮 ■ 釣果   松輪サバ 10匹、カサゴ 3匹 

前回からざっと2月振りの沖釣りです。マダイも落ち着き、イサギも今年は・・・。こんな次期はアジ・サバかマルイカってところでしょうが、マルイカも・・・。

そんな折、地先でサバがイイとの事。これがいわゆる松輪サバって奴で、型も良く食べた人はみんな美味い美味いと言うので、コレを漁師仕掛けで狙う事にしました。

サバばかり釣り過ぎても仕方ないということで、後半は港前でカサゴを狙います。


このサバ漁。ここ間口港がメッカで正に今が最盛期。ここで遊漁船やってる船の多くは、職漁でサバをやっている漁師も多いのです。案の定、職漁船が次々港を後にしていきます。出船前にその光景を見ながら、

「昔、漁やってて1日1人で○百匹釣った事があるよ!普通、1艘で600も上げればいい所だから、あの記録はまだ誰も破ってないと思うぞ!」

と、目をキラキラさせて話してる船長を見て、(あー、ここの漁師達はサバにプライド持ってるんだなー)思いました。きっとサバ漁にまつわる武勇伝がいくつもあるのでしょうね。


ということで、定刻5時半に港を後にしました。面子はマスター、伊藤さん、掛川さん、野村さん、あと1名とオレの6名です。剱崎沖の湾口寄りに向かいます。サバ漁の船団が、30艘くらいで広く展開されている外側に周り、上から30m位で始めます。

仕掛けは船長手作りの漁師仕様。でかいネムリ針に赤刺繍糸が結んである、8号短仕掛け。エサは付けませんし、クッションももちろん入れません。イワシミンチで始めます。

左トモで、ジギングで狙う伊藤さんが早々にヒット。コマセ組もコマセが効き出すとアタり始めました。これがどうして、フワフワっと前アタリが出たかと思うとギューーーン。短い仕掛けのせいか、よく外道で掛かるサバとは釣味が全然違うんです。この良さはやってみないと判らないかも。あの仕掛けのせいか?外道時のサバのように落としてるそばから喰ってくる事はまず無く、コマセ振ってしばらくするとアタるといった感じ。

さすが漁で狙うだけあって、40センチアベレージの丸々した美味そうなヤツです。たまに50センチを超えるビックリサイズが釣れますが、オレにはそのジャンボ君は中々アタリません。

「サバ適当釣ったら、底からやると鯵も喰うからね。」と船長。

みんな仕掛けを底に落っことし始めます。オレはジャンボ釣りたかったので、鯵はやらずそのまま続けました。ジギングを続けていた伊藤さんが、サワラを釣りました。底で喰ったそうです。

しばらくして、イサギからまわってきた利一丸が、健洋丸の後ろに舫いでサバ漁に参加します。

ふと気が付くとクーラーの中に10本のサバ・・・(汗)。家に帰ってからの事を想像し、少しスローダウン。アジ・サバとみんな充分釣ったので、カサゴをやりに行きました。


剱崎灯台の前の浅場です。30号のオモリをぶら下げ、胴付き2本針にサバの身餌で狙います。

濁りがキツイせい?たまに小型が喰ってくるのですが、今ひとつ。更に外道オンパレードで、べラ、ネンブツ、沖メバル、チビオニ、金魚、アナハゼ・・・と多彩なゲストに手を焼きます。

マスターもアナハゼ連発で、釣る度にうひゃひゃ♪と壊れた模様です。オレはというとチビカサゴ3匹に、良型の金メバルが釣れました。船長も広範囲に深い所、浅い所と船を廻していきます。

3度目の地球を釣って、仕掛けを結び直していたら、恒例の猛烈睡魔がやってきました。そのままキューZZZ

1時間くらい寝たでしょうか?目が覚めたらコンガリいい感じに焼けてました(笑)。なんか釣り再開という気にもならず、そのまま皆の釣り鑑賞。

結局、そのまま竿を出さずに終了しました。


港に戻って、今日は女将さん風邪でダウンとのこと(お大事に・・・)なので、宿には寄らず港で解散しました。今日は頑張って船長直伝の〆サバに挑戦するぞ!



【本日の私の釣果】
  松輪サバ 10尾、カサゴ 3匹、金メバル 1匹

【今回使用した道具】
  さお: ミサキ マニアスティック鯵スペシャル (サバ)
 ミサキ プラスワン ソフトマルイカ (カサゴ)
  リール: ダイワ シーボ400BD (サバ)
  アブ アンバサダー6500CL (カサゴ)



 6月 5日  ハードでんな




 ■ 間口港  健洋丸 ■ はれ  中潮 ■ 釣果   アジ 10匹、スルメ 6杯 

ポイント辺りにどうもキツイ濁りが入ったようで。真鯛は・・・? 

という事で、今日は朝は浅場の幅広まいう〜のアジ、後半は前日に"城ヶ島沖にスルメの大きな群れが入った"との情報で、スルメを狙う事になりました。面子はマスター、古田さん、伊藤さん、掛川さん、あと2名とオレの7名です。

準備を済ませ港をあとに、イサギ船が猛ダッシュしていくのを横目に、剱崎沖の浅場のポイントに向かいました。上から30mくらいを狙います。前日他船の釣果で大サバが混じったとの事で、心配と期待をしたのですが、始めてみるとそんなにウルサイ程ではなく、しかもそんなに太ってないサバがたまに喰ってくるといった感じです。

肝心のアジですが、中アジが入れ食いとまで行かないですが、ポチポチとアタります。左胴でやってる古田さんが、どんどん釣ってるのが見えます。やはり腕ですね。

浅場という事でオキアミ餌の80号ビシでやりました。イカも見据えて120号ビシ竿で始めたのですが、どうにも釣趣がなく、途中でたけスペ5に変えたらグッと面白くなりました。

トップの1/3くらい?10尾釣ったところで、アジ狙いですがイサギ、マダイ船の脇にポイント移動しました。「よけりゃ黒鯛も喰ってくるよ」と船長。仕掛けを鯛用に慌てて交換しマダイを狙ってみます。が、根掛かり2連発しちゃって戦意喪失。素直に黒鯛狙ってみますが、残念ながらアタりは来ませんでした。

という事で、城ヶ島沖にスルメを狙いに向かいました。

サバがいる。大きな群れ。このキーワードに、前夜9時に狙い変更の電話があったにもかかわらず、10本角の直結仕掛けを作ってきました。・・・が!移動の際に仕掛け巻きから出してしまった為、風で大事な仕掛けがクチャクチャになってしまいました。(直結だから直せるだろう)とトライしてみますが、なかなか解けません(汗)。どんどんポイントが近くなってきて、仕方なく先日ヤリで使った6本ブランコをセットします。

城ヶ島沖100m前後。底上中心に20mくらいの指示が出ます。落とし込みでサミングしながら誘って指示ダナまで落とし、電動低中速でシャクっていきます。周りでは長井、横浜の船が10艘ほどやっていました。

しかしコチラも乗り渋で、どんどん反応を追っかけてやっていきます。一回入れて1、2人引っ掛けて移動、の繰り返し。たまに回収時、サバが3、4本の角に喰ってきて往生します。

2度ほど全員に、しかも4、5杯乗ってくるイイ群れにアタりましたが、そのうちの一回は投入でもたついて、オレだけ落下でサバの餌食・・・。手返し悪いのも相まって、トップ伊藤さんの16杯に対してオレは6杯(トホホ)。お天気も良く、シャクってると暑いくらい。カッパ(上)→長袖→カッパ(下)と脱いでストリップ状態。釣ったイカは、見様見真似で沖干しなどにしましたが、家で食べるにはちょうど良い数ではないかと。あはは

だから腕の差が出る釣りは嫌いだって言ってるでしょっ!

そんな感じで定刻に沖上がり。宿に帰って大好きなカツカレーを頂き帰路につきました。

何年に1回しかやらないスルメでしたが、久々にやってみて「大変な釣りだなあ〜」というのを再認識。120号をずっとシャクるわけだから、そりゃ超ハード!途中、マヂで腕上がりそうになりましたよ。1日通しはオレには無理だ。まずは腕立て基礎体力作りから始めないと。


 作った沖干しは、夜近所のホルモン屋さんにて七輪で炙って頂きました(笑)。味はというと・・・普通のイカ焼きって感じでした(大笑)。お終い。


【本日の私の釣果】
  アジ 10尾、スルメ 6杯、サバ 沢山

【今回使用した道具】
  さお: エーアイプラス たけスペ5 (アジ)
 ミサキ マニアスティック競喰 185 (スルメ)
  リール: ダイワ シーボ400BD



 5月 11日  ノッコミでうひゃひゃ♪3本目




 ■ 間口港  健洋丸 ■ はれ  中潮 ■ 釣果   マダイ 2枚 

今日はGW明けの平日。さぞかしゆっくりとノッコミ鯛を堪能できるだろう、と間口の健洋丸さんにお邪魔しました。平日サボって船に乗った不良社会人は、マスター、古田さん、掛川さん、野村さん、後一名とオレの6バカ。北東12m。意外と肌寒いです。沖で時間待ちし、協定時間に全力ダッシュでポイントに向かいます。

前日凪の予報に、缶ビールも持ち込んだのにこれだ!沖は北東がビュービュー。ポイントは剱埼沖46m。結構な数の船団です。さっそく上からの指示で開始しました。今日は実釣時間中、北で下げなのでトモの潮。仕掛けを入れてみると、予想以上に潮が行ってて道糸が後ろに向かって流れます。

「今日は苦戦するね〜」と、お互い前に入ったマスターと話してるそばから、右トモの野村さんにアタり!これを皮切りに野村さん連続、右胴古田さんと立て続けに2キロクラスを釣り上げていきます。

他船を見ても右後ろ寄りに釣果が集中している模様。(今の剱崎は朝イチ勝負)の話に気ばかり焦ります。しかしそこはノッコミ。程なくオレにもアタりが来ました。

明らかにウネリと違うモゾモゾっとしたアタりです。先日の御前崎で言われたことを思い出し、竿先を上げないようにそっと竿をキーパーから外します。すると控えめに竿先が入ったので、ゆーっくりと竿を立ててジワーっと合わせを入れました。

するといきなり、ガーっとリールから糸が引き出されました。(落ち着け、落ち着け)と自分に言い聞かせ、出させるだけ出させて止まるのを待ちました。一色で止まってくれたので、ゆっくり手繰ると重量感タップリ。3キロは硬い!と慎重に寄せに入りました。

波のせいもあるのでしょうが、いつものドラグ調整では引いてないときも空回りするので、慎重にドラグを効かせていきます。2発目の鯛らしい突っ込みをみせた時に「電動いきなり滑りますドラグ」でヒヤリ。手裏剣使っていなします。

古田さんの道糸引っ掛けちゃいましたが、なんとかハリスを手繰り寄せます。

  ボコボコッ

泡を吐いて浮いてきました。「ちゃんと取ってよ!」っとマスターに拾ってもらって無事ランディング。船長も「殿堂入りでしょ!」っと安心した顔。

  サプラ〜イズ!やっぱり大鯛最高!

後で漁協検量で5キロ半。ボッテリ不細工なノッコミ♂でした。針は上唇に掛かっていました。

(もう満足。今日はいいや・・・)とも思いましたが、なんかもっと上が釣れそうな気がして、すぐに再開します。

しばらくして再びアタりましたが、こちらは1キロちょい。真っ黒♂です。気が付くと釣れてないのはマスターだけに。「○○さんだけ釣ってないよ。早く釣って!(笑)」と船長にまたマイクでからかわれます。あはは。愉快愉快。ちょっと今日は釣り座の影響が強くて、マスターはかなり不利みたい。


その後アタりも遠のき、モーニングサービスも終了といった感じ。周りを見渡すと、湾奥からも船が多数降りてきていて、60艘はいるんじゃないかな?「今日は平日だぞ!みんな真面目に働け!」(お前が言うな?スミマセン!汗

って訳で駄目だコリャって感じです。

ここで船団を離れ、城ヶ島よりのちょっと深場(野○屋だけが近くでアオリやっていました)をやってみますがアタりなく、また戻って船団をちょい外した所を探っていきます。

なかなかイイ反応がないのか?探索の時間が長くなっていきます。いい反応を見つけてはやっていきますが、なかなか喰ってくれません。

残り1時間半。一瞬潮が動いた時に左トモ寄りでパタパタッとアタり、メジナ混じりで数を伸ばしますが、両ミヨシのオレとマスター、そして左胴の掛川さんには外道すら食ってこない、餌もそのまんま戻ってくるようなお手上げ状態です。

昼近く、9mくらいに収まってきていた北東が再び吹き始めます。最後に古田さんが2キロちょいを取って時間になり終了。

振り返ってみると朝イチに取った2枚のみ。北が吹いて水温下がったのか?今日は釣り座も魚のやる気もタフ・コンディションだったけど、型モノが取れて大満足です。"たけスペ3"で5キロ半。もう最高にエキサイティングで楽しかったです。

宿に帰って殿堂入り!の記念品を頂いて、船長に「おめでとう!」って言ってもらったのが凄く嬉しかった。次はもっと大っきなの釣るぞ!って気持ちになりました。


【本日の私の釣果】
  マダイ 2枚

【今回使用した道具】
  さお: エーアイプラス たけスペ3
  リール: ダイワ シーボ400BD



 4月 30日  蒲田○○クラブ in 御前崎




 ■ 御前崎港  祐正丸 ■ はれ  小潮 ■ 釣果   マダイ 1枚 

という訳で連荘釣行です。前日の剱埼での船酔いでチョット不安を残しつつ、K.O.C(蒲田"大鯛"クラブ)in 御前崎です。去年のノッコミ例会、オレは行けなかったけど、ずいぶん良かったみたいだから期待もしてしまいます。

会長、大ちゃんと途中で落ち合い東名を西へ御前崎を目指します。道中、相変わらず会長のバカ話炸裂で楽しませてくれます。去年の御前崎での10キロカツヲ入れ喰い(詳しくはK.O.C.公式HPの釣行レポご覧ください)が余程楽しかったらしく、熱く語るその様子はさながら、

   「K..K..C / 蒲田"大カツヲ"クラブ」!

釣り道場で付け餌を、港前のファミマでお弁当を仕込み、4時半に港に着きました。会長が「試しに引いてみるか?」とKOCくじを取り出します。オレがスパっと引いた割り箸に書かれていたのは…「右ミヨシ」ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!! 恐怖の田原シートです。 で、続いて会長が引くと「左ミヨシ」ギャハハハ(≧▽≦)。で、大ちゃんはというと「右トモ」。・・・ま、練習ですから。昨日の船酔い考えると、絶対に引く訳にはいきません!

TETSUさん、那迦痔魔さんと合流し、いよいよ本番。一番先に引くと『変な引きの強さ』を発揮するので、注意が必要です。まずはTETSUさんが「右真ん中」を引きます。続いて那迦痔魔さんが「左後ろ」。嫌な予感がします。で、オレが引いたのは・・・「右前!田原シート!」もう笑うしかありません。なんか運命を感じました。諦めも付きます。で、大ちゃんが「右後ろ」、会長が「左前」を引きました。

< オレ TETSUさん 大ちゃん
< 会長 那迦痔魔さん

船長の「潮のせいかここ5日くらい、右側しか食わないんだよ。一番イイのは右前(オレ)。一番よくないのが左後(那迦痔魔さん(笑)だよ」の言葉を励みに港を後にしました。御前崎ノッコミの大本命ポイント、「オモリ」に向かいます。航程40分ほど。途中ウネリの大きな所もありましたが、意外に凪で何とかなりそうです。オモリに着くと60艘程の大船団。「開始まで7分位あるから準備して」と4号15m仕掛けを準備して投入を待ちます。

7時。「はいやって!」との指示で投入!上から45m。ほぼ凪です。なんとかマツらずに投入成功!早速アタりがきて巻き上げると、コレはイサギちゃん。と、思ったらすぐ会長にアタりました!1キロサイズです。しばらくしてオレにもアタり!だけど巻き上げる途中に外れちゃいました。あれ〜下手クソ〜。でもすぐにまたアタって今度は無事に1キロサイズ。しばらくして右胴のTETSUさんにアタり!今度は良さそうです。ウネリをうまく交わして上がったのは2キロ半ってとこでしょうか。

しかしコレで、アタりがまた遠のきます。「いい反応でてるよ!」の声に頑張りますが、「おかしいな〜いい反応なんだけどな〜」っとアタりが出ません。しばらくやりますが他船も上がって無いようで、見切りをつけた船長は船団を後に西に走ります。

原発沖のポイント。船団はもう見えません。タナは上から30〜35mで釣り再開です。しばらくして、那迦痔魔さんにアタって2キロ半が取り込まれます。一番悪い釣り座なのに、ずっと手持ちでやってキッチリ上げるんだから、流石シャクラーといった感じです。

しばらくしてから船中同時にみんなの竿が入ります!来たか?!と思って上げてくると、なんとこれが50センチ位のハチビキ。たまらず場所を変えますが、しばらくこのBIKKYに邪魔されます。

   ・・・「K.B.C / 蒲田"BIKKY"クラブ」

そんな中、会長に一際強いアタりが!!

巻けない!グッグッっとサブロクバイパーを絞り込みます。明らかに他とは違う引きに、船長も他の人の仕掛けを上げさせました。それにしても強烈な引きで、見ているだけでゾクゾク来ます。何が掛かったんでしょうか?みんな「デカBIKKYか?」とか言ってからかってますが、テェなら5キロ6キロじゃきかなさそうです。

30分位かけてやっと上がってきました!ん?浮かない!なんだ?!魚体がゆら〜っと上がってきました。

出た━━━━(゚∀゚)━━━━!!

デカイ!!なんと10キロのメダイです!よく4号で上がったもんだね!さすが!こういうゾクゾクするのがあるから止められないんですね、御前崎。会長、やっぱアンタ最高だわ!!

   「K.M.C / 蒲田"大メダイ"クラブ」!!!

これがマッタリモードの刺激になって、みんな頑張り始めます。するとすぐ、大ちゃんにヒット。2キロくらいを釣り上げました。これで全員仲良く1枚。顔を見ることができました(笑)。その後、TETSUさんにもヒット!しかしこれはBIKKY。ここで「そろそろ終わりにするか?(笑)」と船長。終了です。

無線によると11時位にオモリで食いが立ったみたいで船長、移動したのをちょっと後悔していましたが、こればかりは仕方ありませんね。むしろオレは、そういった直感で攻めてくれる船長の方が好きです。「今日は渋かったねえ」の問い掛けに船長、「連休は連休なりだらぁ(笑」と。いくら御前といえど、船多ければやはり厳しいということですね。

それにしても今日は2回もスッポ抜けやっちゃったよ。どうやら久々の3.6mで合わせが下手だったみたい。船長曰く、「上向きや横向きで食ってる時に合わせちゃダメだよ。魚が下向いて持っていった時に合わせないと。」、「今の竿は感度良過ぎるから、食ってる時にアタりが出ちゃうから、そこでみんなついつい合わせちゃうんだな。」って感じだそうです。ここの所、剱崎でイイところに掛けてたから天狗になってましたね。竿が違えば合わせも違う。当たり前ですね。反省です。

帰りは会長、大ちゃんと温泉に浸かって仮眠してから帰ってきました。これが疲れ取れていいのね。次回もこのパターンがいいな!

なんにしても楽しい釣行でした。みなさんお疲れ様でした♪


 ■今回御一緒させて頂いた方のHPはこちらから↓
  会長「蒲田大鯛倶楽部 K.O.C
  大ちゃん「大物はんた〜がゆく


【本日の私の釣果】
  マダイ 1枚、イサギ 2匹

【今回使用した道具】
  さお: ダイワ バイパースティック タイプU360
  リール: ダイワ シーボ400BD



 4月 29日  ノッコミで、うひゃひゃ♪ のち コテッ




 ■ 間口港  健洋丸 ■ はれ  中潮 ■ 釣果   マダイ 5枚 (もち竿頭ね♪ひひひ) 

今年は大型連休となったGW。季節はずれの風邪っ引きで迎えたその初日、健洋丸からノッコミ真鯛狙いで出船です。前回あれだけ釣れちゃうと、小心者のオレとしては「今日はボーズかも・・・というかボーズでいいや」と思ってしまったりする訳で。頭ボーって感じで港に向かいました。

1時に港入りして車で仮眠したんだけどイケませんな、風邪っ引きがしちゃ。6時前に起こされた時はグズ×2のドロ×2。それはそうと、止む予報の南西が一向に止んでいません。GW走りで集まった客も何組かは諦めて帰った模様です。しかし健洋丸は「今日は面白そうだから」と風が収まるのを待ちます。結局8時前まで粘って、風が止んできた所で出船しました。

マスター、掛川さん、岡田さん(久しぶりっ!)、他2名とオレの6名。船長の「ウネリは覚悟しておけ」の言葉通り、大波小波を乗り越えながらゆっくりとポイントに進めます。

ポイントに着いて実釣開始。50m立ちを上からの指示で始めます。するとイキなり左後ろの岡田さんにアタりました。2キロくらいの良型。「いいなあー」っと見ていたら立て続けに同サイズがヒット!(今日はトモの潮かあ〜?)と思ったのも束の間、心配御無用!オレにもアタりました!1キロって奴ですが。

しばらくして周りの船も含めアチコチあたり出し、健洋丸も順調に数を伸ばしていきます。アベレージは1キロ〜2キロ。

オレにもアタりが続きます。ウネリがあるのでサイズ以上に引きますし、こういう日はバラしにも注意が必要です。(マスターは今日も4つバラして船長にまたマイクで下手糞って言われますた(笑)オレにも一際強いアタりがきたので慎重にやり取りして上げてみると、さっき釣った2.5キロ♂より少し小振りな2キロ♀。「赤(♀)の方が引くからな」とは船長の話。

2時間くらいで2キロ2枚と1キロ3枚を釣ったところで、針が伸びかけたので結びなおそうとした時です!

  クラッ・・・

明らかに船酔いです。いつの間にかまた吹き出して、南西13mでウネリは2.5〜3mと御前崎並になっていました。とは言え御前崎でも、もっとタフな時でも酔わない!と自負していただけに、狐に摘まれたようです。

胃がムカムカ、吐きはしませんでしたが“さいあく”。とても釣りできる状態じゃなく、横になってしまいました。奇しくも多船も含めダウン者が増えて、コマセが利かなくなった為でしょうか?アタりも少し遠のいたみたいです。横になりながら(今がチャンスなのにっ!デカイの来そうなのにっ!)と不甲斐無い自分を責めるばかり。

結局、実釣時間の半分以上ダウンしていたという情けなさ(笑)。こういう日に釣っておかずにどうする!って感じです。南西も止むどころか強くなって、竿出してる人も少なくなったので1時に沖上がりとなりました。

にしても悔しい。「釣れない気がしない!」酔わなけりゃあと10枚は釣ったのにぃ〜(嘘

宿に帰って中華丼とおそばを頂き帰路に付きました。そして明日の御前に備えたのでした。

    To Be Continued =======⇒


【本日の私の釣果】
  マダイ 5枚

【今回使用した道具】
  さお: エーアイプラス たけスペ3
  リール: ダイワ シーボ400BD



 4月 11日  ノッコミで、うひゃひゃ♪




 ■ 間口港  健洋丸 ■ 雨  中潮 ■ 釣果   マダイ 9枚(竿頭っ!♪) 

前夜の南西で5時まで出船の可否を待つ。5時前にマスターから伝令「行くよ!」。雨の中、港に向かいます。

まだ南西が強く残る中、健洋丸一艘だけが舫われた岸壁は寂しい限りです。しかし何故か船長だけは、珍しくネジリはちまきして気合十分(大汗)

??いいのか?今日?

と思えば、「まだ赤が八割だからノッコミはまだだよ。」とツレナイ素振り。とにかく支度をしてポイントへ向かいます。マスター、古田さん、伊藤さん、野村さん、他2名とオレの7名。釣り座もいつものとおりです。

今日は松輪の船も見えず、見渡す限り他の遊漁船は見えません。数分でポイントに到着。剣崎沖60mラインを上からの棚取りで開始します。雨はありますが寒くもなく、風もウネリも許容範囲。前日3時まで呑んでいたのが唯一の気掛かり(笑) ブッコミは空振りするものの、数投後にズズーン!とオレの竿先が真っ先に海面に突き刺さりました!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

慎重にやり取りし、上がってきたのは2キロ半ってとこでしょうか?腹ボテの綺麗なノッコミ♀。幸先いいぞ!っと仕掛けを入れ替えます。このオレの一枚目を皮切りに、5投くらい毎に船中どこかしかで竿が突っ込んで飽きさせません。「おっ!こっちで当たった!」「今度はこっちだ!」オレも程なく、さっきとほぼ同じサイズの♂を釣りました。こちらもお腹ポンポン。どれもこれも1キロ〜2キロと型も揃います。いつもなら一日やって一枚出ればいいサイズが本日はレギュラーサイズ。どこかしらでアタる、まるで終わる事の無いような時合でしたが、少しスローダウンしたところでポイントを大きく変えました。今度は剣崎沖50mです。こちらも上から狙います。

ここが圧巻でした。良い時は4人同時にアタったりと、良型マダイがアジのように取り込まれていきます。これで全員顔を見たかと思えば勢い止まる気配もなく、みんな順調に数を伸ばしていきます。

オレも今日は乗り遅れないで釣っていきます。ここで数えたところ、2キロクラス3枚を頭に8枚。2キロの他も腹パンの1キロオーバーばかり。最高です。わはは!竿入れっ放なしで後でくつろいでいると、またまたアタってマスターに取り込んでもらう始末。これが今日初めての手平サイズ。これで9枚。放そうかと思ったけど今期初マダイなのでキープしちゃいました。ゴメンナサイ!!

今日はマスターが何故か調子悪くてバラシ連続。「へたくそーー!」と船長がマイクでからかいます。(笑) そんな中、隣の胴の間で竿を出していた古田さんにひと際よいアタりです。重量感のあるやり取りの末、3.6キロをキッチリ取り込みました。爆発しそうなお腹の♂です。これが今日の最大でした。長く続いたアタりも少し落ち着いてきて、またポイントを移動します。

しかし、ここら辺りから北に風が変わって強くなり始めました。風とウネリはさほど気になりませんが、雨と寒さがいけません。それでもここで数枚追釣します。(オレには来ませんでしたけど(^-^;)

前日は6名で8枚・・・これくらいが普通でしょう。今日は7名で4から9枚の38枚。殿堂入りには届きませんでしたが、もう充分ですネ。釣り過ぎ!オレもバケツに入り切らないどころか、クーラーにも入り切りません。(結局、港で発砲トロ箱もらって帰りました。) という訳で、海も悪くなってきたので30分ほど早く沖上り。

それにしても、こういう日もあるのですね。小細工一切なし。棚さえ取れば誰でも釣れます。こういう荒喰いがあるから"ノッコミ"はやめられませんね。そうは言っても、こんな日そうそうあるわけもなく、この先しばらくは味わえないだろうから、今日の所は素直に海に感謝しておきましょう。そして船長にも感謝です!ありがとう。

宿に戻って、熱々お蕎麦に回鍋肉丼。ご馳走様して大満足の帰路につきましたとさ。わははははー

(も・ち・ろ・ん、オレが竿ガシラねっ!次回までは竿頭様とお呼びッ!フフフ・・・)


   ウヒャヒャ♪


【本日の私の釣果】
  マダイ 9枚

【今回使用した道具】
  さお: エーアイプラス たけスペ3
  リール: ダイワ シーボ400BD



 3月 21日  海悪、腕悪につき・・・

 ■ 間口港  健洋丸 ■ はれ  中潮 ■ 釣果   ヤリイカ 1杯、スルメイカ 1杯 

今日はこの時期恒例の洲崎でヤリーカ狙いです。前々日かにトップ40だ、30だと景気のいい話だったのですが、前日は少し落ちたようです。ここまではいつもの事(笑)今は大きい♂が入ってきているとの事で、しばらくして小振りでンマイらしい♀が入ってくるそうです。

いつもの如く港に入って車の中で寝ていると、アラームにも気付かずマスターに起こされました。

「すげぇ吹いてるよ〜」

眠る前は大した事なかった北が、確かに!かなり吹いています。乗船時、いつも通り左前にキーパーセットしようとすると、「時化だからもう少し後ろに入ったほうがいいよ( ̄ー ̄)ニヤリッ」と… なんでも湾内は17m吹いてるらしいです。今日は5人。マスター、伊藤さん、野村さん、Kさん、オレ。左舷2人なので胴より魚探棒の横に釣り座を構えさせてもらいました。

航程30分くらい。洲崎沖、陸から離れた方のポイントに向かいました。船団はマバラで長井の船が始めています。それにしても北風強い!寒い!飛沫冷たい!(あれ?こないだもこんなだったな!もう!)オモリ120号、幹糸5号1.4m間隔、エダス3号10p。角はピッカピカ角を上から蛍ムラ、濃青、薄ピンク、蛍ムラ、薄青、濃ピンクの順に6本縛ってみました。水深90m。ところが開始早々、風で投入器がスッ転んでいきなり仕掛けグチャグチャ。慌ててオマツリ解いて投入!手前祭り!!ガクッ!!!

この後、黄色い玉で投入器を強引に固定して続けました。顔に飛沫が掛かりながらの釣りで、結構めげます。が・・・ウネリと風、そして今回もっとも失敗した竿のセレクト(今回は胴調子のワラサ用を使ってみたのですが、竿先の微妙なモタレでアタりを取る釣りなのでコレはまったくのミスチョイスでした!)で、アタりがわからず苦労します。やっと来たと思えばサバ・・・それでも十数回のポイント移動でなんとか1杯引っ掛けました。しかしまたウネリと北風、そしてアタりが取れないまま渋い時間が過ぎていきます。

ポイント変わって130〜150m。飛沫で濡れた顔を拭うのと北風に気を取られているうちに、かなりの船が集まってきました。東は浦安から"吉久丸"、羽田の"かめだや"、川崎の"中山丸""つり幸"、西は長井の船から腰越の"飯岡丸"までと広い地域から集まっています。不思議なのが千葉の船がいなかったようでした。

それらが広い範囲に散らばってましたが、お昼前に潮のせいか?スルメ交じりで一気に上がり始め、船団がギュッと固まります。我船もここで一気に数を伸ばします。オレはここで痛恨の2回バラシでスルメ1杯追釣しただけでした。あいたたー。虎の子スルメは、マスターが用意した沖漬け容器にお邪魔させていただいて沖漬けに。今日はそういう意味ではイイ風吹いているので、数さえ釣れれば沖干しには最高だったかも。

1時間くらいでしょうか?その後また渋くなって、船団も散り散りに。今日のクライマックスはここまで。昼過ぎには北も収まり、ポカポカ陽気のいい凪に。朝からコレなら・・・と悔やまれます。そんな感じで2時過ぎに終了。宿に帰ってカツ丼を頂きました。

今日の敗因は天候による気力ダウンと竿のミスチョイス・・・だけかと思って居たら、沖上がり後にオレの釣り方が間違っていたのが発覚!(恥) 今日の船長の指示は、

「(上から)○○mから下に△mまで落としながらシャクって」

というパターンが多かったのですが、オレは「オモリの位置で○○m+5mまで落として→1mづつシャクって巻いてを繰り返し→○○mまで上げたら更に○○m+10mまで落として○○m+5mまで・・・の繰り返し」ってやっていたのだけど、マスターに聞いたら「○○m+3mまで落として、シャクって巻かずに竿先戻して、更に3m下ろして・・・って感じで下に下に3m刻みで探っていく」のが正解のようでした。つまり、イチイチ巻いて上げなくてもイイって事。"仕掛けの長さ"と"反応の幅"をキチンとイメージできていない証拠ですね。

という訳でトップ伊藤さんの8杯、後は4、5杯づつといった中でオレだけ1杯というていたらく。トホホ。

どうも深場のマルイカやヤリイカといった"繊細なアタりを取る系の釣り"ってのは苦手意識が拭えず、ヤル度にトラウマになってしまいます。


【本日の私の釣果】
  ヤリーカ 1杯、スルメーカ 1杯

【今回使用した道具】
  さお: エーアイプラス たけスペ4
  リール: ダイワ シーボ400BD



 3月 6日  大時化のち時化、ときどき大時化




 ■ 間口港  健洋丸 ■ くもり  若潮 ■ 釣果   マルイカ 5杯 

前々日、関東圏は強烈な寒波で雪に降られ、今日も残り雪の予報がチラホラ。出船決定の判断は「朝5時に雪が積もってなければ」との事で自宅で連絡を待つ事に。という訳で今回も完徹です。寝ないで待った甲斐もあり、なんとか雪にも降られずに出船決定。7時前に寝ぼけ眼で、マスター・掛川さん・古田さん・お店のお客さん2名・オレの6名で健洋丸に乗り込みます。なぜかマスター「今日オレ、後ろに入るわ」と右の後ろに。(はて?)釣りモノはどれも模様悪く、リレーしたりすると数がまとまらないのではとマルイカ一本。オレはいつも通り左前に入れていただき、右前は掛川さん。出船前に船長から直々にマルイカレッスンを受け万全の体制。定刻7時港を後にしました。今回は剱崎沖80mを目指します。

沖に出ると結構、北東が吹いてますな。ポイントに着いた頃にはウネリ、刺すような北東が強風(なんでも13m吹いてたらしい・・・)と雨雪はなかったけどいわゆる時化(寒!ウネリはまだ我慢できるとしても、風で飛ばされる飛沫と北風だけは手に負えません。潮は薄濁り。マルイカは普通立ってやるけど、オレは座ったまま開始。仕掛けはブランコ5本角で上から"マルイカ7・ウリンボ青"-"ギヘエ7・白"-"新エロチカ7・ペイントKP/KP/P"-"新エロチカ7・ラブマークYH/O/Y"-"エロチカ7・ペイントOR/O/BK"で始めました。

  手返しよく!

   入れ直す!

  手返しよく!

   入れ直す!

  手返しよく!

   入れ直す!   しかし・・・


とにかく寒さとの格闘。睡魔と合わさり雪山遭難の如し。「眠っちゃダメだ!眠っちゃダメだ!」


2.1mのたけスペ5の完成ががギリギリ間に合わなかったので、今回長い3を使ってる事とウネリでもう何が何だか。3本ばかり"ゲソのみ"を取り込みますが、とても釣りになっていません。仕掛けをロストしないようにだけ注意します。それにしてもオレ、こんなに寒いのダメだったかなあ?前から嫌だったけど、この位へっちゃらだったと思うんだけど。単車乗らなくなったからか?それとも年か?手が悪いのはわかってるけど、船中上がらないところを見るとそれだけでもなさそう。反応はあるけど海悪くってところでしょう。

2段の反応には落とし込みで上も狙えとか、上からのタナ取り指示を試したり、船長もなんとか引っ掛けさせようと頑張ってくれますが、イカは乗ってくれません。

見切りをつけた船長、「あっちはまだ海悪くないから」と、剱崎沖から富浦沖まで走ります。到着してみると北風は相変わらずですが、ウネリは全然なくって随分釣りやすくなりました。周りには「 はやぶさ丸」「やまてん丸」「三喜丸」が流しています。


 手返しよく!

   入れ直す!

  手返しよく!

   入れ直す!

  手返しよく!

   入れ直す!   しかし・・・


変化無し!ウネリのせいではない様です(笑)。


残り2時間。完"ボ"が頭をよぎります。イカ乗合船に乗ってる方に言ったら、「そんなのいつもの事だよ」って笑われそうですが、こと健洋丸においては完"ボ"は記憶にないくらいなので焦ります。海悪の中でのこの模様なので、集中力も散漫になってきました。

そんな中、ある流しでヤル気のある群れにアタったのか?時合だったのか?船中パタパタっとアタりました。オレもなんとか洩れない様に2杯ゲット。この後、流す度にポチポチアタってオレも5杯まで伸ばします。顔も見れたし、型も良くってホッとしたのか急にお腹が減ってきました。良い所だったけど操舵室の後ろに非難して、サボって弁当を突付きます。マスターに聞くとまだ2杯との事。ずっとあたってた北風と飛沫から開放されてお腹も膨れると、そう、爆睡モード・・・久々にやっちゃいました。

一際大きなエンジン音に目が覚めると、いつの間にか終了して富浦沖から全開で港に戻るところでした。たはは

という訳で今回は結構やっちゃいましたね。船長も苦笑いです(笑)。あの位の海で釣れないようじゃマダマダですな、俺達も。

宿に帰って、芯から凍えた体をすいとんと生姜焼き丼で回復させ、帰路に着きました。三浦マラソンがあったというので、迂回して帰ったら渋滞にも捕まらずに帰ることができました。帰りに釣具屋でマルイカ直結仕掛けをゲットして、浅場の爆釣に期待を膨らませたのでした。


 参考にはなりませんが、一応今回乗ったスッテ
  ニューエロチカ7・ラブマーク・オレンジ・・・2杯
  エロチカ7・イエローオレンジヘッド・・・2杯
  エロチカ7・水色・ピンクヘッド・・・1杯

 ゲソのみ付いてたスッテ
  ギヘエ7・白
  エロチカ7・濃茶色・オレンジヘッド
  ニューエロチカ7・ピンク・ピンクヘッド


【本日の私の釣果】
  マルイカ 5杯

【今回使用した道具】
  さお: エーアイプラス たけスペ3
  リール: シマノ電動丸1000H



 2月 6日  ざぶい゛〜〜




 ■ 間口港  健洋丸 ■ はれ  中潮 ■ 釣果   イシダイ "ボ"、マルイカ 4杯 

初釣りから二週あけて健洋丸さんにお邪魔しました。今回はまず釣り場に向かうところから・・・

なんでも前日、松輪界隈のひと気の少ない道外れで集団自殺なんて物騒なニュース。かなり悩みましたが、まず早朝に起きるのは不可能と、いつも通り2〜3時に港入りして仮眠する事にしました。というのも、行く港の駐車場はひと気もなく真っ暗なんです。いえ別にユーレイたか信じるタイプじゃないけど・・・ほら、気持ち悪いじゃん。

で、いつも通り海岸通りを港に向かって走ります。いつもなら、「風はどうかな?」とか「時化てないか?」なんて海を見ながら行くんですが、今回は「昨夜、その集団もここを通ったんだなぁ」とか「どんな会話しながら通ったんだろう?」なんて考えちゃって気が重くなってきました。海岸通り沿い最後のコンビニにいつも寄るんだけど、そこでも「ひょっとして、彼らもココに立ち寄ったかも・・・」なんてコトを考えてしまいました。

それでも(しっかり眠っておかなきゃ)と、いつもより大きめにCDをかけて外を見ないよう強引に目を閉じました。

(もう!恐えーなあ!勘弁してくれよ〜)


ま、そんな事はどうでもいいんですが、なんとか恐い思いもせず朝を迎えました。相変わらず寒くってテンションかなり低めですが、つい先日12キロなんてのも出てるし(マダイ様ページ参照)、2キロクラスは結構いるみたい。前回も同じ狙いで4キロオーバーの顔見てるから、たとえイシダイ狙いとはいえ油断はできません。今回はマスター、掛川さん、伊藤さん、古田さん、オレの5人です。乗船の時に古田さんが前日初島沖で釣ってきたという"キンメ"をお裾分けしてくれたので、とりあえずお土産確保(笑)。北風が強い中、定刻7時にポイントに向かいました。

剱崎沖。マダイ乗り合い船傍で上から30m前後を狙います。潮は結構澄んでいるようです。にしても北風が強い!ウネリがある!と久しぶりにバッドコンディションで開始です。船長に五目用の編み込みビシを借りて気合の第一投!



・・・すでに指の感覚がなくなってます。濡れ手に北風。速攻です。鼻水もダラダラです。

冷たいコマセが拷問に思えてきます(泣)。

こんなに寒いと魚も動きたくなくなるのでしょう。仕方がありません(笑)。船中、数枚上がりましたが正直渋い!アチコチ反応探して狙っていきます。あるポイントでおっきいアジが食ってきたので、これは大事にキープ。丸っとしてて結構重い。前回同様、ンまいに違いありません。あとはウリンボが1尾。油断するとネンブツ君といった感じです。伊藤さんが1キロ超えを上げるも、あとはカワイイ奴ばっかり。みんなお土産程度は確保したところで、マルイカに行くことにしました。

マルイカはまだまだ深場。城ヶ島から東にはまだ回って来ないようで、みんな西側でやっています。三崎港を横切って油壺沖90mを探していきます。こちらは海も良くって、風も収まってきたので頑張ってやりました。今回の仕掛けは、ここんところオレ的ヒットルアー"エロチカ黄オレンジヘッド"を勝負角として下から2番目。とあるルートで手に入れた(笑)、"エロチカシースルー青水玉柄"を一番下。同じく"ピンク水玉柄"を3番目。同じく"黄ハート柄"を4番目。一番上を"エロチカ白イエローヘッド"の5本で挑みます。

開始早々、30センチクラス、40センチクラスとポンポンと出て、「結構いいんぢゃない?」と思ったのも束の間。すぐにノリ渋です。どうも黄色系にばかりノるようなきがします。ムギマルイエローを一番上にチェンジして、まっ黄っきにして欲をかきます。しかし好転せず、なんとか4杯。今回深場という事で中オモリ入れたんですが、途中で外せと船長の指示。どうもアタりが出にくくなるようです。最後の一回を上げてくると、途中でビビビビビ!とサバの三点掛け・・・回ったようで全員上げでサバの餌食。マルは単発だったくせに!

それでも、前回に比べて2倍くらい型がいいので、意外と満足。半日やって頭はマスターの8杯だから、まあ良しとしましょう。結局、今回もヒットルアーが3杯捕まえてくれました。伊藤さんは「マルイカ7」がよかったと言うし、数が出なかったのであまり参考にならないようです。(^^;;


という訳で港に戻りました。この時期はどうしても釣果にムラっ気がありますね。お土産も取れたし、ま、こんなトコロでしょう。次回は3月。「洲崎の産卵ヤリイカがさ、ちゃんと始まってくれればねえ。是非狙いたいねぇ」、なんて話をしながら海鮮丼と鳥の水炊きで体を温めて解散しました。


【本日の私の釣果】
  アジ 4匹、ウリンボ 1匹、マルイカ 4杯、初島キンメ 2匹(笑)

【今回使用した道具】
  さお: エーアイプラス たけスペ3
  リール: シマノ 電動丸1000H



 1月 24日  初釣り〜♪♪♪




 ■ 間口港  健洋丸 ■ はれ  大潮 ■ 釣果  チビイシダイ 1枚、マダイ "ボ"、マルイカ 6杯 

2005年。今年の初釣りは2月6日の予定だったけど急遽、今日に前倒し(笑)。マスターがお店のお客さん仲間で入れている仕立てに参加する事になりました。

「たけ、月曜行かない〜?」

 と電話があったのは金曜。「今日、2キロ半のイシダイが上がった」とか、「弁慶(ジャンボマルイカ)が狙えるぞ」とかでイシダイ五目→マルイカのリレー釣りの誘い。"寒いからイヤだ"という気持ちと、みんながドンドン初釣り済ますのを見て"オレも行きたい!"という気持ちが揺れ動いていたけど、健洋丸に乗りたい気持ちが勝って「行く!」となった次第です。

行くと決めるとお天気も正直なもの。とある船長から「11度まで水温下がっちゃったよ〜(泣)→釣れない」と連絡入るわ、終いにゃ雪まで降ってくるわで・・・前日になって模様も急降下。それでも"今日は天候回復"との予報に期待を込めて、家を後にしました。家を出る時は止んでいた雪が、港の駐車場で仮眠しようとすると再び降り始め、また憂鬱な気分に。

6時。乗船開始の頃になると、雪もやんで幾分か寒さも落ち着きました。海も良い凪みたいで、とりあえずホッ。マスターとお客さん(郵便局チーム)にオレの6名。オレは左前に釣座を頂き、定刻。御来光を眺めながらゆっくりと船を進めました。

ポイントは剱崎沖。潮は軽く濁って、トロトロ効いてる感じ。港ではそうでもなかったのだけど、「とにかく寒い!」・・・というか「冷たい!」。海からはモンモンと湯気が立ってます。冬の風物詩ですな。しばらくやっただけで指先の感覚は無くなり、付け餌を針に付けようとしてもポロポロと落とす始末。鼻もズルズルしはじめました。あ゛〜(やっぱり〜)

上から30m前後の棚取りで5m位の幅で指示が出ます。数投して掛かってきたのはアジ。30センチくらいのポッチャリ系。マスター曰く、正月ここで釣ったヤツが脂ビッチリでたいそう美味かったそうなので、しっかりとキープします。しかしウリンボ、ネンブツと中々本命は顔を出してくれません。隣の胴でUさんが2枚ほど800gサイズを釣り上げましたが・・・どれも単発。喰ってくる時は難しい事無くバンバンとアタってくるので、今日は明らかに渋チンモード。潮色か?水温低下か?何が気に入らないのか分かりませんが・・・ダメ〜ッ

その状況に船長が大きく船を廻して、利一丸の横に着けた時です。左トモのNさんにヒット!どうやら大物が喰ったようで、やっては取っての攻防が続きます。仕掛けは4号3.5mの2本針。上がれば3キロ?と期待して様子を静観していると、やっと上がってきたようで船長がタモも持って飛び出しました。見ると海面に"ボコッ"と赤くてデカい魚体が横たわりました!

「おお!マダイだーっ!」

船長が綺麗にタモで取って船上へ。みんなビックリ。横でやってた利一さんもビックリ!Nさんと船長はニッコニコ。水深だって結構浅いよぅ、居るもんだねぇ〜。沖上がり後に漁協で検量してみると、4.3キロの良型雄鯛!で、めでたく殿堂入り!やっぱ、真鯛は花があってイイやね!(健洋丸HP 写真館1月参照)

"オレも続け!二匹目のドジョウはいる!"

と、いつもならここで真鯛仕掛けに切り替えたり悪あがきしたりするところですが、今回は寒さに負けて「待ってろよ!春のノッコミにリベンヂぢゃ!」と負け犬状態です。少ししてまた他へ船を廻して続けます。(まさにヒットアンドアウェイ!昨日の利一さんのお客さん、きっとヤラレタ〜って感じでしょう。だって、いきなり横に付けたかと思ったら数分で4.3キロ上げて、じゃあねーバイバイ・・・だもの(笑)

しばらくやるとオレにも小気味いいアタりが出て赤ちゃんイシダイ。しかしその後も好転する気配がなく、マルイカをやりに行く事になりました。この頃になると寒さも緩くなり、随分やりやすくなりました。

20分ほど走って、城ヶ島西沖。長井の船がバラけてやっています。が・・・反応は今ひとつの模様で、船長にしては珍しくスパッと決められない様子でした。水深60〜70m。楽しみの一つ「スッテ選び」ですが、今日は"マルイカ7の2005モデル"+"エロチカ7の去年モデル"をミックスして挑んでみました。やってみるとやっぱり渋々で、やっと反応見つけても空振り〜ってのが続いて苦戦しました。良くて一流し6人中1人が1杯拾うって感じ。ここ数年、ひとり何十杯という甘い日を体験してるので結構辛いモノがあります(笑)。

しばらくやって、ククンと手元に懐かしい魚信。慎重に1杯目を捕まえました。今日はオモリ80号なので「ワラサ用に作った"たけスペ4"でいいか〜」なんて試してみたのだけど、やはりマルイカにはこの竿じゃ無理がありましたな。竿でのバレは無かったけど、アタりの出方がちょっとね。しかしこの1杯からがながかった〜。「せめて3杯くらいは欲しいよぅ」とマスターに泣きを入れた程。

結局その後、一度見つけた「良い反応だよ!」でちょこっとと、帰り際に他船がはけた後、少し拾って結局トータル6杯で終了。頭は鯛を釣ったNさんで12杯。(2倍釣られました。きっとあの人には3倍釣られた事でしょう。)。みんなが気になる2005年モデルですが、6杯だけなので参考にならないかと(笑)

一応。マルイカ7青縞(2)、同黄縞(1)、エロチカ黄オレンジ(3)と、"エロチカ黄色はまだまだ健在"といった感じか?どうせなら乗り渋用にと持っていった"チビムギ"も試せば良かったとちょっと後悔です。

体の芯から冷え切ったとは正にこの事。宿でお刺身丼と、アツアツおでんで少し回復。銭湯でも入って帰りたい位だったけど、そのまま昇天してしまいそうだったので頑張ってまっすぐ家に帰りました。

(追記)今回、出掛ける時まで忘れないようにと準備しておいた、”やまやさん”に頂いた御守りを机の上に忘れたのが敗因かと(笑)次回はけっして忘れないぞ!


【本日の私の釣果】
  アジ 4匹、ウリンボ 3匹、シマシマパンツ 1枚、マルイカ 6杯

【今回使用した道具】
  さお: エーアイプラス たけスペ4
  リール: ダイワ シーボ君400BD


inserted by FC2 system