真鯛について │ 真鯛釣りについて │ 松輪について
 
◇松輪 
神奈川県三浦半島の先端、東京湾口側にある地名。

剱埼(*1)沖と呼ばれる東京湾口のポイントには、海底に"松輪瀬"と呼ばれる瀬(海底の起伏)があります。東京湾からの潮通しも良い為、多くの魚達が居着くポイントとなっています。[MAP

 【関連リンク】⇒ みうら漁業協同組合 松輪支所 / エナビレッジ Blog 「和食レストラン地魚料理 松輪



(*1) 近年"ケンザキ"から"ツルギサキ"へと呼び名が変わったが、一般的にはまだ"ケンザキ"と呼ばれています。

◇港
剱埼沖を地とする港は、剱崎の東京湾側から「間口港」、「松輪(江奈)港」、「毘沙門港」とあり、各港には遊魚船が数多くあり船釣りが盛んです。また、都内からのアクセスも良い為、関東近辺の船釣り師の人気スポットとなっています。


 間口港 [地図]

大きな地図で見る
 喜平治丸 乗合/仕立 046-886-1175
 小やぶ丸 仕立専門 046-886-1557
 徳盛丸 仕立専門 046-886-1547
 孫武丸 仕立専門 046-886-1456
 又信丸 仕立専門 046-886-1316
 利一丸 仕立専門 046-886-1401
 健洋丸 仕立専門 046-889-2170
 一郎丸 仕立専門 046-886-1684
 鈴清丸 仕立専門 046-886-1443
 育丸 仕立専門 046-886-1976
 柳福丸 仕立専門 046-886-1310
 丸江丸 仕立専門 046-886-0371
 伊仁丸 仕立専門 046-886-1345
 尚二郎丸 仕立専門 046-886-1116
 鈴茂丸 仕立専門 046ー886ー1642
 松雄丸 仕立専門 046-886-1419
 強丸 仕立専門 046-886-1557
 義一丸 仕立専門 046-886-1543
 丸又丸 仕立専門 046-886-1129
 松幸丸 仕立専門 046-886-1744
 儀平丸 仕立専門 046-886-1208
 日の出丸 仕立専門 046-886-0145
 松盛丸 仕立専門 046-886-1555
 松豊丸 仕立専門 046-886-1351
 佐助丸 仕立専門 046-886-1518
 勇丸 仕立専門 046-886-1418
 かねだい丸 乗合/仕立 046-886-1540
 池万丸 仕立専門 046-886-1435
 次郎金丸 仕立専門 046-886-1909
 太郎八丸 仕立専門 046-886-1755
 すずひろ丸 仕立専門 046-886-1950
 喜市丸 仕立専門 046-886-1035
 千良丸 仕立専門 046-886-1420
 井戸端丸 仕立専門 046-886-1457
 茶兼丸 仕立専門 046-886-1135
 丸誠丸 仕立専門 046-886-1951
 勝利丸 仕立専門 046-886-1421
 黒田丸 仕立専門 046-886-1481
 松輪(江奈)港 [地図]

大きな地図で見る
 あまさけや丸 乗合/仕立 046-886-1610
 一義丸 乗合/仕立 046-886-1453
 棒面丸 乗合/仕立 046-886-1451
 成銀丸 乗合/仕立 046-886-1719
 瀬戸丸 乗合/仕立 046-886-1917
 せどおと丸 仕立専門 046-886-1916
 大松丸 乗合/仕立 046-886-1244
 浜鈴丸 仕立専門 046-886-1237
 伝五郎丸 乗合/仕立 046-886-1534
 新徳丸 乗合/仕立 046-886-1607
 第一若松丸 仕立専門 046-886-1239
 佑幸丸 仕立専門 046-886-1356
 鈴米丸 仕立専門 046-886-1192
 美喜丸 仕立専門 046-886-1814
 かねいち丸 仕立専門 046-886-1910
 久助丸 仕立専門 046-886-1819
 大鉄丸 仕立専門 046-886-1064
 清丸 仕立専門 046-886-1884
 神徳丸 仕立専門 046-886-1647
 信丸 仕立専門 046-886-1245
 彦八丸 仕立専門 046-886-1483
 松梅丸 仕立専門 046-886-1137
 鈴春丸 仕立専門 046-886-1484
 日東丸 仕立専門 046-886-1701
 浅吉丸 仕立専門 046-886-1439
 仁井屋丸 仕立専門 046-886-1658
 江奈信丸 仕立専門 046-886-1059
 毘沙門港 [地図]

大きな地図で見る
 浜福丸 乗合専門 046-886-4245
 新店丸 乗合/仕立 046-886-6637
 金長丸 乗合/仕立 046-882-4067
 かねき丸 仕立専門 046-881-7624

◇行事・休日
■元旦   1/1
■お盆休み 8/20辺りに3〜5日
■竜宮様 2/26、8/17、11/27
■定休日 船宿によって異なります。月に1〜2日休む所が多いようです。
※松輪 乗合船の基本定休日は第2・4・5月曜日 (2010.1現在)

◇規定
■遊漁操業時間: (基本)日の出〜7時間
出船時間は毎年、協会で話し合って決められ、季節・釣り物によっても変動します。(下記参考)
  4/1 〜 4/30 ⇒  6:00 〜 13:00
5/1 〜 8/31 ⇒  5:00 〜 12:00
9/1 〜 9/30 ⇒  6:00 〜 13:00
10/1 〜 11/14 ⇒ 6:30 〜 13:30
11/15 〜 3/31 ⇒  7:00 〜 14:00
 
■規定:
・15時以降は遊漁禁止
・6月〜8月以外はイサギ禁漁期間
・松輪瀬は活餌による釣り(遊魚)禁止
・コマセは1人 オキアミ4キロ板 4枚まで
⇒ オキアミ3キロ板1枚まで。アミコマセと合わせ5キロまで  (2010.2 改訂)
・オキアミの使用は、4月〜12月の間のみ可(それ以外はアミコマセ等)  (2010.2 改訂)
・オキアミの使用は、松輪地先の共同漁業権の外側の水深60m線まで  (2010.2 改訂)
・コマセカゴは80号Lサイズ以下
神奈川県 遊漁におけるオキアミまき餌使用方法の新ルール (2010.2 改訂)
 
※ 各規定は組合によって毎年見直されます。
※ 水産庁 「遊漁の部屋(遊漁・海面利用の基本ルール)

◇主な釣りもの
【春】   マダイ、マアジ
【初夏】 イサギ、マルイカ、マダイ、マアジ
【夏秋】 ワラサ、イナダ、マダイ、マアジ、マサバ
【冬】 カワハギ、イシダイ、マダイ、マアジ


季節によっていろんな魚を狙いますが、一年中「マダイ」をメインにしている船宿が多いです。
釣り場は基本的に港を出てすぐ(15分ほど)にある’瀬’(海底の盛り上がっているところ)、"松輪瀬"水深40m前後の場所で底を釣ります。

マダイ、イサギ、青物と水深の違いはあれ、ほぼこの松輪瀬での釣りとなります。


4月〜6月

桜が咲く頃になると、産卵を控えた"マダイ"が沖合いの深場から陸寄りの浅場に群れで入ってくる(乗っ込みと言います。)為、大型が釣れるチャンスと多くの釣り人が押しかけて港は大変な賑わいとなります。
お祭りのようなもので4月から6月にかけて「乗っ込み鯛」を狙います。


6月〜8月

6月、梅雨の時期に入ると"イサギ"釣りが解禁となり、コチラも産卵を控えた脂がのったイサギを狙います。
イサギが付く"根"(海底の山のようなものです)は小さい為、各釣り船は協定の時間になると一斉に港を飛び出し、我先にと全速力で根に向かいます。船と船がぶつからんばかりに寄り添いながらの釣りとなります。8月一杯まで狙えます。


8月〜11月

例年お盆を過ぎる頃になると、回遊魚の"ワラサ"の話題で盛り上がり始めます。
ワラサは出世魚ブリの幼魚で、当年魚ワカシ→2年魚イナダ→3年魚ワラサ→5年魚ブリとなります。
黒潮にのって西から東へと回遊する為、西で「"神子元"で喰ったらしい」とか、「"初島"周りで始まったらしい」などと情報戦が繰り広げられます。

一度喰うと大船団が松輪にできるものです。これも"黒潮"の影響か、「当たり年」と「ハズレ年」があり、2000年以降は単発で終わってしまうことが多かったです。今年こそはと皆、待ちわびているのです。

またこの時期、8月から10月いっぱいに掛けて、間口港からは職漁船が湾口に船団を作り、関サバ並の浜値が付く金サバ"松輪サバ"を狙う光景が見られます。

8月〜11月は年によりますが "イナダ"が回ってきたり、"カツヲ"や"メジ"、"キメジ"が回ってきたり、サバ、ソーダなど海が賑やかになる季節です。


10月〜3月

そんな夏祭りの騒ぎが収まる10月に入った頃から翌年の乗っ込みまでは、小型主体ながら"マダイ"の数釣りが楽しめます。良い潮にあたれば大釣りもあるのがこの時期です。年末になると正月用の「尾頭付き」を求めて港に活気が戻ります。

船によっては深場に落ちた「落ち鯛」を求めて"城ヶ島沖"など、100m前後の場所を攻めたりすることもあるようです。こちらは数は出ないまでも大型の鯛が望めます。

また"マアジ"は港前にある漁礁などポイントも多く、場所によって2〜30pの中アジから40pを超える大アジなど、一年を通して狙えます。

10〜11月になると肝の詰まった"カワハギ"も人気ターゲットになってきます。船によっては季節で"ムギイカ"、"スルメイカ"、"ヤリイカ"、"マルイカ"、"アオリイカ"などをやることもあります。イカ狙いでは間口港が有名です。

他に"メダイ"や"イシダイ"、深場の沖の瀬で釣れる"クロムツ"、"地キンメ"など模様次第で狙ったりします。

◇主な釣り方
イカ、カワハギなんかを除いて、基本的には「コマセ釣り」です。

コマセ・付け餌とも「オキアミ」で、コマセを撒き魚を寄せて釣りをします。また、コマセを撒いたらロッドキーパーに竿を置き、1〜3分待つ「置き竿釣法」で狙うのが一般的です。

仕掛けはコマセビシ(※1)80号の片天秤(※2)仕掛けで、マダイであれば太さ 2mm 長さ 1mのクッションゴム(※3)を介してハリス2号〜4号を 4ヒロ〜6ヒロ( 6m〜9m)にマダイ針 7〜9号、他にチヌ針、グレ針などを縛った1本針仕掛けか、枝スを出した2本針の仕掛けで釣ります。

釣りモノによって天秤から先を、ワラサならハリス6号6mに針はヒラマサ12号、イサギなら3号3.5mにチヌ針3号を2、3本結んだ仕掛けといったように変えて釣ります。

竿は30号〜50号負荷の 2,5〜3.5m 胴調子の竿に、道糸にPEライン3〜5号を300mくらい入れた小型電動リールや中型両軸リールを使います。

マダイ釣りでは最近、軽めの短い竿を手持ちで誘って喰わす「攻めの釣り」の人気が出てきました。

 (※1) 撒き餌を入れるプラカゴとオモリが一体になったモノ。80号はオモリの重さ。
 (※2) リールからの道糸と、針の付いた仕掛けの間に入れる針金でできた金具。
      そこにコマセビシをぶら下げるので、仕掛けと絡まないような形状をしています。
 (※3) 仕掛けの根元に付けるゴム糸。魚との引張りっこで、仕掛けが切れるのを防ぎます。


◇遊漁船ギャラリー

(船の名前にカーソルを合わせると写真が変わります)
 ■松輪港
 第5 成銀丸  第8 成銀丸  第18 成銀丸
 第3 伝五郎丸  第5 伝五郎丸
 第8 棒面丸  第20 棒面丸  第28 棒面丸  第50 棒面丸
 第5 大松丸  第8 大松丸  第23 大松丸
 仁井屋丸(手前)  鈴春丸(奥)  鈴春丸  美喜丸
 第8 一義丸  第21 一義丸  第22 一義丸  第28 一義丸
 第10 瀬戸丸(奥)  第18 瀬戸丸  第21 瀬戸丸
 第8 浜鈴丸  第18 浜鈴丸
 瀬戸乙丸  せどおと丸  祐幸丸  やぶ丸
 若松丸  太郎八丸
 清丸(手前)  かねいち丸(奥) 日東丸 順不同
 
 ■間口港
 利一丸(3艘)  健洋丸  喜平治丸  徳盛丸
 小やぶ丸  孫武丸  又信丸  育丸
 一郎丸(中)  鈴清丸  丸江丸  伊仁丸
 強丸  丸十丸  松雄丸  尚二郎丸
 井戸端丸  千良丸  喜市丸 順不同


⇒TOPへ
inserted by FC2 system